霊使(れいつか)い】

デッキの概要

 リバースした場合のコントロール奪取効果を持つ魔法使い族である霊使いを中心としたコントロールデッキ
 霊使いによって奪ったモンスター使い魔を利用し、憑依装着や「憑依覚醒」モンスター霊使いリンクモンスター特殊召喚してビートダウンしていく。
 サポートカードである憑依カードにより、強化戦闘破壊効果破壊に対する耐性もあるなど、場持ちもそれなりに良い。

《精霊術の使い手/Spirit Charmers》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「霊使い」モンスター、「憑依装着」モンスター、
「憑依」魔法・罠カードの内、2枚を選ぶ(同名カードは1枚まで)。
その内の1枚を手札に加え、もう1枚を自分フィールドにセットする。
《憑依連携/Possessed Partnerships》
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から守備力1500の魔法使い族モンスター1体を選び、
表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
自分フィールドのモンスターの属性が2種類以上の場合、
さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「憑依」永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドに表側表示で置く。
《憑依解放/Unpossessed》
永続罠
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「霊使い」モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):自分の「憑依装着」モンスターの攻撃力は、
相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ800アップする。
(3):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、
自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
そのモンスター1体とは元々の属性が異なる守備力1500の魔法使い族モンスター1体を、
デッキから表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
《憑依覚醒/Awakening of the Possessed》
永続魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分フィールドのモンスターの属性の種類×300アップする。
(2):自分フィールドの「霊使い」モンスター及び「憑依装着」モンスターは効果では破壊されない。
(3):自分フィールドに元々の攻撃力が1850の
魔法使い族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

デッキ構築に際して

 霊使い関連のモンスターとそのサポートカードだけでもかなりの種類数を誇る。
 そのため、構築にもよるが汎用カード枠も踏まえると、それ以外のカードを採用する枠を確保するのがやや難しいかもしれない。
 どの属性にもサポートや有利・不利があるので、それぞれのデッキ環境を考慮すると良い。

 なお、憑依装着をメインアタッカーにした上で《魔法族の里》も採用する場合は、【魔法族の里】も参照の事。

メインデッキモンスターについて

霊使い関連のモンスター

霊使いと相性の良いモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

霊使いモンスター

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

霊使い関連のサポートカード

リバースモンスターと相性の良い魔法・罠カード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 まずは《精霊術の使い手》で任意のカードサーチセットして戦況を整えていく。
 憑依装着モンスター《憑依覚醒》で1ドローしつつ強化相手除去を想定して《憑依解放》セットなど、柔軟に対応できる。
 「憑依覚醒」モンスターを利用すればキーカードサーチも行いやすいので、「憑依覚醒」モンスター特殊召喚する手段も用意しておくとよい。
 中でも《憑依覚醒−デーモン・リーパー》効果霊使いリンクモンスターに繋げつつ憑依カードサーチできる。

 《憑依覚醒》《憑依解放》強化耐性の両方を兼任するため、維持すれば維持するほど霊使い憑依装着の場持ちが良くなる。
 モンスター破壊された場合でも《憑依解放》相手属性に合わせた霊使いセットでき、相手の動きをある程度制限・牽制できる。
 確実にコントロール奪取できるように破壊されるモンスターリクルートする霊使い属性は調整すること。

デッキの種類

 採用する属性を絞ることでサポートカードを入れやすくなり、デッキの纏まりが良くなる。
 ただ、《憑依解放》《憑依覚醒》属性を統一していると十分に活かせないことに注意。
 単体で活躍できる汎用モンスターを挿しておけば、纏まりを崩さないまま、上記カードも活用できる。

《火霊使いヒータ》

 炎属性《火霊使いヒータ》を軸とした型。
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》など、除去送りつけを兼ねるモンスターが採用しやすくなるのが特長。
 炎属性が中心となるため、《灼熱の火霊使いヒータ》リンク召喚《憑依覚醒−大稲荷火》リクルートも格段に行いやすい。
 憑依装着特殊召喚コスト要員は、《真炎の爆発》蘇生できる《稲荷火》《レッド・リゾネーター》《昇華騎士−エクスパラディン》などが挙げられる。
 《デブリ・ドラゴン》《火霊使いヒータ》蘇生して《ラヴァルバル・サラマンダー》シンクロ召喚すれば、《精霊術の使い手》《憑依覚醒》手札に引き込みつつ、やっかいなモンスター裏側守備表示にして戦闘破壊を補助できる。

《水霊使いエリア》

 水属性《水霊使いエリア》を軸とした型。
 《サルベージ》《強欲なウツボ》により、憑依装着リクルートを複数回狙い易い。
 水属性が中心となるため、《清冽の水霊使いエリア》リンク召喚も格段に行いやすい。
 憑依装着特殊召喚コスト要員は、《ジゴバイト》《サイレント・アングラー》《ハンマー・シャーク》などが挙げられる。
 お互いモンスター水属性にする《No.4 猛毒刺胞ステルス・クラーゲン》《水霊使いエリア》と相性がよく、コントロール奪取の範囲が広がる。
 採用する場合はエクシーズ素材となる《ジゴバイト》等のレベル水属性を多めに入れておきたい。

《風霊使いウィン》

 風属性《風霊使いウィン》を軸とした型。
 WWスピードロイドなど、風属性縛りが生まれる効果が使いやすくなる。
 風属性が中心となるため、《風霊媒師ウィン》によるサーチ《蒼翠の風霊使いウィン》リンク召喚も格段に行いやすい。
 憑依装着特殊召喚コスト要員は、《ランリュウ》《デブリ・ドラゴン》《SRタケトンボーグ》《LL−ターコイズ・ワーブラー》などが挙げられる。
 《デブリ・ドラゴン》《風霊使いウィン》蘇生すれば、非チューナー風属性を指定する《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》シンクロ召喚も可能。
 《嵐征竜−テンペスト》もこの型ならば特殊召喚しやすく、《デブリ・ドラゴン》《ランリュウ》サーチもできる。

《地霊使いアウス》

 地属性《地霊使いアウス》を軸とした型。
 地属性には【クローラー】【サブテラー】など、リバースモンスターを軸とするカテゴリがあり、混合も可能。
 憑依装着特殊召喚コスト要員は、《デーモン・イーター》《クレーンクレーン》《地帝家臣ランドローブ》などが挙げられる。
 地属性が中心となるため、《崔嵬の地霊使いアウス》リンク召喚も格段に行いやすい。

《光霊使いライナ》

 光属性《光霊使いライナ》を軸とした型。
 《憑依装着−ライナ》サーチ先は《憑依解放》リクルート先と一致するためにデッキを纏め易く、回転速度を向上させられる。
 光属性が中心となるため、《照耀の光霊使いライナ》リンク召喚も格段に行いやすい。
 相手モンスター光属性にすることがメリットとなる、【A・O・J】と混合させることもできる。
 憑依装着特殊召喚コスト要員は、《キャシー・イヴL2》《フォトン・スラッシャー》《トライデント・ウォリアー》などが挙げられる。

《闇霊使いダルク》

 闇属性《闇霊使いダルク》を軸とした型。
 この型による利点は、《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》によって属性変更が容易であること。
 《憑依装着−ダルク》でのサーチが狙い易くなり、サーチ先にはリリースコストを持つ《黄龍の召喚士》《幻想召喚師》も存在する。
 憑依装着特殊召喚コスト要員は、《ジェスター・コンフィ》《クロクロークロウ》《影無茶ナイト》などが挙げられる。

装備カード採用型

 霊使いとの相性がいい装備魔法と、それらの取り回しをサポートする一部聖騎士カードを採用したデッキタイプ。
 装備魔法サルベージできる《焔聖騎士−リナルド》と、その効果をサポートできる《聖騎士の追想 イゾルデ》を起点にキーカードを集めていく。
 《焔聖騎士−リナルド》《サクリファイス・アニマ》に変換すれば《神聖魔皇后セレーネ》を出す事も可能。
 サーチする戦士族は打点力不足を補える《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》や、装備魔法コスト特殊召喚できる《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》が妥当か。
 また、そのリンク素材となる《昇華騎士−エクスパラディン》《チューン・ナイト》の採用など、《火霊使いヒータ》軸の派生デッキの側面を持っていると言える。

 採用する装備魔法《ワンダー・ワンド》《幻惑の巻物》《神聖魔皇后セレーネ》効果にも繋げられる《ガーディアンの力》が候補。
 他にも《焔聖騎士帝−シャルル》を採用する場合、そのコンボになれる焔聖剣《盗人の煙玉》《教導神理》も候補となるだろう。
 《焔聖騎士帝−シャルル》レベル9とシンクロ素材を揃えるのにやや難があるが、《憑依覚醒−デーモン・リーパー》レベル4のチューナー蘇生させればシンクロ召喚できる。
 高い除去性能を持ち、自身を選択することで装備カードごと破壊し、破壊された装備カード《憑依解放》トリガーにできる。
 《真炎の爆発》からも蘇生でき、あちらのデメリットを上述のテクニックで回避できる。

 《教導神理》《虹光の宣告者》《ウィンドペガサス@イグニスター》《PSYフレームロード・Ω》を能動的に墓地へ送ることができ、追加で《焔聖騎士−ローラン》《紅炎の騎士》装備していればサーチ墓地肥やしも行える。
 《盗人の煙玉》《憑依連携》《時花の賢者−フルール・ド・サージュ》効果でも発動できるため、無理なく共有できる。
 《水霊術−「葵」》等と合わせてハンデスに特化するのも面白い。

 その他《オリファンの角笛》を採用することで、装備カードコストフィールドのカード破壊できる。
 《憑依連携》と違って特殊召喚を行わなず、属性を参照しないので、苦手な《虚無空間》《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》除去できる強みがある。

ブルーアイズ採用型

 《憑依装着−ライナ》などでサーチできる《青き眼の賢士》から《青眼の白龍》リクルートし、このデッキに乏しい打点をカバーすることを目的としたデッキタイプ。
 《青き眼の賢士》のこの効果コントロール奪取したモンスターの処理にも役立つ。
 効果は使えないが《憑依連携》《憑依解放》での特殊召喚にも対応し、レベルチューナーなので霊使いなどとシンクロ素材に使うことも可能。

 その他、採用候補として《白き霊龍》魔法・罠除去を行え、《ブルーアイズ・ジェット・ドラゴン》霊使い憑依魔法・罠カードの維持に加え、壊獣とのコンボにもなる。
 《ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン》は高い耐性に加えて憑依罠カードを再セットでき、状況次第では《激流葬》《つり天井》等を再セットして相手にプレッシャーを与えられる。

デッキの派生

【憑依装着ビート】

 憑依装着ステータスを生かした【魔法族の里】中心のメタビートデッキ
 憑依魔法・罠カードによって耐性付与とステータス強化が完結するので《スキルドレイン》も採用できる。
 リンク先も参照のこと。

このデッキの弱点

 憑依魔法・罠カード魔法使い族サポートカードに依存したコンボデッキのため、種族属性を変更されると戦術が崩壊してしまう。
 属性を変更されると、《憑依覚醒》による強化値が300に止まってしまい、《憑依連携》による除去も行えなくなる。
 【闇黒世界−シャドウ・ディストピア−】なら霊使いリンクモンスターや「憑依覚醒」モンスター特殊召喚を封じられるだけでなく、壊獣による除去すらできない《闇黒の魔王ディアボロス》が飛んでくるので非常に厄介。
 種族変更の場合は《憑依覚醒》によるドロー使い魔特殊召喚《大霊術−「一輪」》の(1)の効果適用できなくなってしまう。
 《アンデットワールド》《輪廻独断》による墓地種族変更なら《憑依連携》による蘇生が行えなくなるのも痛い。

 リバースモンスターを用いたコンボデッキのため、回転速度が遅く、キーカードが揃う前に制圧されてしまうと身動きが取れなくなってしまう。
 霊使いコントロール奪取できるのは1体ずつのため、大量展開するデッキには押し切られる危険性がある。
 メインとなるモンスターステータスが低いため、サポートカード除去されてしまうと一気に戦線が崩壊しかねない。
 セットメタである【ダーク・シムルグ】【聖なる輝き】は、それぞれ魔法・罠カードメタを擁したりコントロール奪取できない非モンスターだったりして非常に相性が悪い。

 かつてはキーカード《憑依覚醒》が特定のイベントでごく少数のみ配布・販売された関係上、入手難易度が非常に高かった。
 3枚揃えようとするならば、かなりの出費を覚悟せざるを得ず、デッキ構築のハードルの高さの原因でもあった。
 現在ではストラクチャーデッキ−精霊術の使い手−での再録によりハードルは大きく下がっている。

代表的なカード

関連リンク

広告