ペンデュラムゾーン/Pendulum Zone

 左右両端の魔法&罠ゾーンペンデュラムモンスター魔法カードとして置いて使用する事で「ペンデュラムゾーン」としても扱われ、ペンデュラムモンスター効果を使用したり、ペンデュラム召喚を行う事ができるようになります。

 (公式ルールブック 新マスタールール対応 バージョン 1.0 より引用)



 マスタールール3導入に伴い新設されたカードゾーン。
 テキスト上ではPゾーンと省略して表記される。

 魔法&罠ゾーンの左端に青色、右端に赤色のものが1つずつ存在する。
 ここに置くカード自体の扱いについては、「ペンデュラムモンスター」のページを参照。

  • ルールについて。
  • ペンデュラムゾーンが左右とも空いている場合、どちらから置いてもよい。
    また、ペンデュラムスケールの数値はどちらが高くてもよく、同じ値でも問題なく置ける。
  • ルールブックでは『ペンデュラムモンスターを魔法カードとして置いて使用する事で「ペンデュラムゾーン」としても扱われ』と書かれているが、その扱いは今一つ不明瞭である。
  • 言葉通り捉えるとペンデュラムゾーンに置いたカードがなければペンデュラムゾーン自体がないことになるが、「ペンデュラムゾーンが空いている」状態を参照する《アメイジング・ペンデュラム》などは普通に使用できる。
    (参考例として、エクストラモンスターゾーンカードが存在しないとどちらのフィールドでもないので、《おジャマ・ナイト》などで選べない)
    また、「ペンデュラムゾーンを参照する効果の時だけペンデュラムゾーンが発生する」としても、今度は「ペンデュラムゾーンのカード」を選ぶ効果で両端の永続魔法などを選べることになってしまう。
    「ペンデュラムゾーンが空いている状態を参照する効果の時だけペンデュラムゾーンとして扱う」としても、その場所に永続魔法などがあれば「ペンデュラムゾーンにカードがある」状況となって条件を満たさないはずだが、その状況でも《アメイジング・ペンデュラム》はやはり使用できる。
    さらに絞って「ペンデュラムゾーンが空いている状態を参照する効果で参照した場所にカードがない時だけペンデュラムゾーンとして扱う」としても、何らかのカードがある場合はペンデュラムゾーンが存在しないので、「なぜ存在しないものを参照できるのか」という最初の問題に立ち返ることになる。
    よって、現在の裁定を正確に説明できる言葉が存在しない。
  • 一応、一般的には「置く場所がなければ中身もない」つまり「ペンデュラムゾーンがなければそこに置かれているカードもない」と捉えられるので、仮にそれが正しいとすると上記の問題はなくなる。
    しかし、TCGは処理を論理的に行わなければならないものであり、この部分だけ一般論を持ち出すというのも考えにくい。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ・漫画ARC-Vはマスタールール3の時期に開始した作品なので魔法&罠ゾーンとは別に存在している。
    アニメARC-Vの「柚子vsハリル」戦では、ハリルがペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに置いていなかったためにエラー表示が出ていた。
    作中のデュエルディスクにはOCGで見られるようなはっきりとしたカードゾーンの区切りが見られないのだが、どうやらルール上は明確な区切りが存在する様である。
    現時点ではモンスターゾーンの両端よりも外側にあるスペースがペンデュラムゾーンとして扱われている。
    なお、漫画ARC-Vのアイザックが使用する実体型デュエルディスクには明確に区切られたペンデュラムゾーンが確認できる。
  • 「遊矢&零児vs零王」戦では、零王が両方のペンデュラムゾーンに《精霊炉(スピリット・リアクター)》を置いている。
    ペンデュラム効果発動する際などにはどちらの効果なのかを区別するためか、わざわざ「右側の〜」「左側の〜」と発言している。
  • 漫画ARC-Vではライトペンデュラムゾーン、レフトペンデュラムゾーンと左右を区別する呼び名が使われている。
    ライトゾーン、レフトゾーンといった略称が使われることも多い。
  • コナミのゲーム作品において―
    スマホアプリ「デュエルリンクス」はスピードデュエル準拠のゲームであるが、2021年9月28日にARC-Vワールドと共にペンデュラム召喚が実装された後は、魔法&罠ゾーンの両端をペンデュラムゾーンとして使用する。
    ARC-Vキャラのスキルを用いるとマスタールール3と同様、独立したペンデュラムゾーンが出現する。

関連カード

―ペンデュラムゾーンのモンスター特殊召喚する効果を持つカードこちらを参照。
ペンデュラムスケールを変更する効果を持つカードこちらを参照。

自身をペンデュラムゾーンに置く効果を持つカード

モンスターゾーンの自身が破壊された場合

墓地から

フィールドから

エクストラデッキから

―どこからでも

他のカードをペンデュラムゾーンに置く効果を持つカード

フィールドから

フィールド墓地から

デッキから

手札デッキから

エクストラデッキから

墓地エクストラデッキから

デッキエクストラデッキから

―その他

自身がペンデュラムゾーンに存在することが条件となるカード

他のカードがペンデュラムゾーンに存在することが条件となるカード

―もう片方のペンデュラムゾーンにカードが存在する

―ペンデュラムゾーンにカードが存在する

他のカードがペンデュラムゾーンに存在しないことが条件となるカード

―もう片方のペンデュラムゾーンにカードが存在しない

―ペンデュラムゾーンにカードが存在しない

ペンデュラムゾーンのカードフィールド離れた場合に処理を行うカード

―ペンデュラムゾーンの自身が破壊された場合

―他のカード破壊された場合

―他のカードフィールド離れた場合

ペンデュラムゾーンのカード破壊するカード

自分カード

相手カード

お互いカード

ペンデュラムゾーンのカードバウンスするカード

自分カード

お互いカード

ペンデュラムゾーンのカード融合素材にできるカード

ペンデュラムゾーンのカード効果無効にできるカード

適用中は永続的に無効にする

発動した効果無効にする

その他のペンデュラムゾーンに関連する効果を持つカード

関連リンク

FAQ

Q:このゾーンに置かれたカード魔法・罠カードに含まれますか?
A:含まれ、《魔導師の力》効果の1枚としても数えます。(14/04/19)

Q:このゾーンに置かれたカード《ツイスター》破壊できますか?
A:できます。(14/04/19)

Q:《宇宙の収縮》がある場合このゾーンを含めて5枚までしかフィールドに置けませんか?
A:置けません。(14/04/19)

Q:同じペンデュラムスケールを持つペンデュラムモンスターを左右のペンデュラムゾーンに置くことは可能ですか?(例:左右のペンデュラムゾーンにスケール7の《閃光の騎士》を置く)
A:可能です。(14/06/11)

Q:左右のペンデュラムゾーンが空いた状態でペンデュラムゾーンにペンデュラムモンスターを置く場合、左右どちらからでもペンデュラムモンスターを置くことはできますか?
  また、右側のペンデュラムゾーンのペンデュラムスケールの方が高くならなければなりませんか?
A:ペンデュラムゾーンにモンスターを置く場合に、ご質問の様な決まりはありません。
  左右どちらのペンデュラムゾーンから発動しても構いませんし、ペンデュラムスケールの数値の差はどちらが高くても構いません。
  結果的に、同じペンデュラム召喚を行えます。(14/06/11)

Q:左右のペンデュラムゾーンにペンデュラムモンスターが置いてある時に、途中でその2枚の位置を入れ替える事は可能ですか?
A:既にペンデュラムゾーンに置かれたカードを、プレイヤーの意思で自由に入れ替える事はできません。(14/06/11)

Q:魔法&罠ゾーンの左右両端はペンデュラムモンスター魔法カードとして使用することでペンデュラムゾーンになりますが、魔法&罠ゾーンの左右両端にカードが1枚も存在しない場合、《アメイジング・ペンデュラム》発動できますか?
A:発動できます。
  なお、自分の両端の魔法&罠ゾーンに、魔法・罠カードセットされている、または、装備魔法永続罠カード等が表側表示で存在している場合でも、自分《アメイジング・ペンデュラム》発動することができます。(23/04/07)

広告