PHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)

 BEFORE:DARKWING BLAST
 NEXT:CYBERSTORM ACCESS
 2022年10月15日発売。
 略号は「PHHY」。(PHOTON HYPERNOVA)
 第11期第11弾となるこのパックのパッケージイラストは《CNo.62 超銀河眼の光子龍皇》
 ホログラフィックレア《樹冠の甲帝ベアグラム》である。

 キャッチコピーは「逆巻く銀河混沌よ、真実の光となりて希望の扉を開け! CNo.62 超銀河眼の光子龍皇!!」

  • 原作・アニメDMの羽蛾、アニメZEXALのカイト、アニメARC-Vの沢渡をイメージしたカードが収録されている。
  • 前回に引き続き忍者忍法が複数枚の新規カードを得て強化されている。
    登場間もないカテゴリなら珍しくないことだが、古くに登場したカテゴリでアニメも関連せずに通常パックで2回連続で強化を受けるケースはかなり珍しい。
  • CMのナレーションは天城カイト役の内山昂輝氏が担当している。
    同じく内山氏がナレーションを担当し、《CNo.62 超銀河眼の光子龍皇》の進化前である《No.62 銀河眼の光子竜皇》がパッケージイラストを務めているPRIMAL ORIGINのCMを意識した描写が多く取り入れられている。
    • CMの最初のフレーズである「○○の龍(竜)……最強のギャラクシー決戦!」と言う台詞は、あちらのCMと共通。
      ただしそちらでは、該当部分の台詞は、内山氏ではなく別のナレーターが担当していた。
    • あちらのCMで使われた《No.62 銀河眼の光子竜皇》のCGが流用され、新規CGで《CNo.62 超銀河眼の光子龍皇》にカオスエクシーズチェンジする様子が描かれた。
      • また、CMの最後は、カイトの弟であるハルトの名前を叫ぶ形で締めくくられている。
        カイトはアニメZEXALにおいて何度も弟の名前を叫んでおり、その印象的な叫びは視聴者からネタにされている。
        当CMが初公開された遊戯王OCGタイムズでも出演者から「公式がネタにした」と言及されている。
        Twitterで実施された本パックの発売記念CPにおいても、この叫びがハッシュタグに指定されている。

収録カードリスト

レアリティ無表記のカードNormal
シークレットレア仕様が存在するカードにはプリズマティックシークレットレア仕様も存在する。
カードレアリティについては各リンク参照

+1(プラスワン)ボーナスパック(再録カード

関連リンク

広告