《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/Odd-Eyes Pendulum Dragon》

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
【Pスケール:青4/赤4】
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の(1)(2)のP効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にできる。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のPモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、
このカードが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した闇属性ドラゴン族最上級ペンデュラムモンスター
 戦闘ダメージを0にするペンデュラム効果ペンデュラムモンスターサーチするペンデュラム効果、自身とモンスターとの戦闘時に戦闘ダメージを倍にする永続効果を持つ。

 (1)のペンデュラム効果は、自身のペンデュラムモンスターとの戦闘で発生するダメージを防ぐ効果
 戦闘破壊を防げず、効果対象ペンデュラムモンスターに限定されている上に、(2)のペンデュラム効果とも噛み合わないので、使うのは《EMビッグバイトタートル》などを自爆特攻させる時くらいか。

 (2)のペンデュラム効果は、エンドフェイズに自身を破壊して攻撃力1500以下のペンデュラムモンスターサーチする効果
 自身を破壊してエクストラデッキに置きつつ後続をサーチでき、サーチしたペンデュラムモンスターで自身のペンデュラム召喚の条件を整える事ができる。
 ただし、自分エンドフェイズ発動する効果であるため、サーチしたペンデュラムモンスターを使用したペンデュラム召喚は次の自分ターン以降となる点には注意が必要である。

 モンスター効果は、自身との戦闘ダメージが倍になる効果
 攻撃力があまり高くない上に低攻撃力モンスター攻撃表示でいる状況はそう多くはないため、効率良く使うのであれば強化弱体化貫通付与といったサポートが必須だろう。
 特に《ミニマム・ガッツ》元々の攻撃力が3000以上のモンスター弱体化させれば、一度に8000のライフも削り切れる。
 EMはサポートを共有できてこのカードや相手モンスター攻撃力を変化させる効果が多いため、組み合わせることでフィニッシャーに充分なりえる。
 《EM小判竜》は1体につき攻撃力を500上げてくれるだけでなく効果破壊耐性も付与してくれるため非常に心強い。

 このカードペンデュラム召喚するためにはペンデュラムスケール8以上のペンデュラムモンスターが必要となるが、攻撃力1500以下のものはこのカードサーチできるため相性が良い。
 繋がりが深いオッドアイズ魔術師EMカテゴリだけでも《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》《竜穴の魔術師》《EMオッドアイズ・ユニコーン》などが存在する。
 また、《黒牙の魔術師》ペンデュラムスケール8である上にペンデュラム効果相手モンスター攻撃力を半減させることで戦闘のサポートが出来るため非常に相性が良い。
 攻撃力1700なのでこのカードでのサーチは不可能だが、もう片方のペンデュラムゾーン魔術師EMが置かれていれば《慧眼の魔術師》サーチして経由することでペンデュラムゾーンに置くことが出来る。

 一方で、特定のペンデュラムモンスター手札に加えたく、サーチ手段も乏しい【宝玉獣】等では、ペンデュラム召喚を度外視してサーチ要員のためだけに採用する手もある。
 このカード自体も、《融合徴兵》《天空の虹彩》《EMドクロバット・ジョーカー》などでのサーチに対応しているため、併用すればデッキの安定性向上を見込める。

  • ペンデュラム召喚された際に「雄々しくも美しく輝く二色のまなこ!《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》!」という口上が付く場合もある。
    またアニメ公式サイトの「熱血!デュエル塾」では、エクストラデッキからのペンデュラム召喚時に「疲れを癒す眠りし龍よ!今ここに目覚めよ!!」という台詞が存在する。
  • このカード単体でのペンデュラム召喚時には必ず口上を述べるのだが、「遊矢vsオベリスク・フォース3人組」戦では謎の力に支配されていたためか、口上を述べなかった。
  • アニメ初期には、攻撃の際に「そのふた色の眼でとらえたすべてを焼き払え!」という口上が出ることがあった。
    これは、ザ・デュエリスト・アドベントのCMでも使われている。
  • 「遊矢vs未知夫」戦や「遊矢vs洋子」戦では、ソリッドビジョン上で目の部分が笑った様な表情になった場面があり、前者では満腹になって目を回した挙句破裂するようなオチもあった。
    主人公のエースであり物語上でも重要な要素を含むモンスターが、この様なコミカルな演出をなされるのは非常に珍しい。
  • 放送開始から10ヶ月の間は遊矢のデュエルでは必ず登場していたが、「遊矢&デニスvs梅杉&竹田」戦では初めて使用されなかった。

関連カード

―《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の姿が見られるカード

攻撃力1500以下のペンデュラムモンスター

EM

セフィラ

イグナイト

魔術師

マジェスペクター

アモルファージ

DD

ブンボーグ

魔界劇団

―その他

―使用不可カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ペンデュラム効果の(1)はチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(14/04/19)

Q:ペンデュラム効果の(2)で破壊する処理と手札に加える処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(14/04/19)

Q:ペンデュラム効果の(2)は《死霊騎士デスカリバー・ナイト》または《ナチュル・ビースト》無効にできますか?
A:ペンデュラム効果の(2)は魔法カード効果として扱うため、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》では無効にできません。
  また、効果発動なので、魔法カードに対して発動する《ナチュル・ビースト》効果発動できません。(14/05/19)

Q:このモンスター攻撃し2000のダメージを与える状況だとします。
  (通常ならば1000、このモンスター効果により2000)
  《ゴーストリック・ハウス》が存在する場合、ダメージはどうなりますか?
A:2000となります。
  なお、《ゴーストリック・ハウス》コントローラー自分の場合も相手の場合もダメージは2000になります。(14/07/21)


Tag: 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻2500 守2000 スケール4 オッドアイズ ペンデュラム・ドラゴン ペンデュラム

広告