《ブラック・マジシャン/Dark Magician》

通常モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
魔法使いとしては、攻撃力・守備力ともに最高クラス。

 Vol.1で登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 《青眼の白龍》と共に抜群の知名度を誇っているモンスターである。
 《超魔導剣士−ブラック・パラディン》《黒炎の騎士−ブラック・フレア・ナイト−》《呪符竜》融合素材である。

 絶版であるVolシリーズから存在し、エキスパートルールが制定される以前までは、最高攻撃力《青眼の白龍》に次ぐ存在として高い使用率を誇った。
 現在では、このカード単体では、その重さ攻撃力の低さから他の上級モンスターに比べて扱いづらい面が目立つ。
 属性種族が同じ《コスモクイーン》召喚しやすい《冥府の使者ゴーズ》リリース1体で召喚できる魔法使い族《魔法剣士トランス》よりも攻撃力は劣る。
 また、同じ闇属性攻撃力2500の通常モンスターとしても、リリース1体で召喚できる《デーモンの召喚》が存在する。

 しかしその一方で、強力なサポートカードが多数存在しておりその種類の豊富さは全モンスターの中でも屈指である。
 禁止カード《ハーピィの羽根帚》と同様の効果を持つ《黒・魔・導》や、デッキからこのモンスター特殊召喚できる《黒魔術のカーテン》等が存在する。
 他にも《千本ナイフ》《賢者の宝石》《魔術の呪文書》《奇跡の復活》等の専用カードがあるが、中でも最も使いやすいのは《熟練の黒魔術師》だろう。
 さらには称号を得ることで騎士に昇格し、洗礼を与えれば《混沌の黒魔術師》として場に呼び出せる。
 《混沌の黒魔術師》08/09/01禁止カードに指定されたため、このギミックは現在使用できなくなっている。

 闇属性魔法使い族通常モンスターの3つの特性を持つため、それらのサポートカードを併せて活用することができる。
 闇属性という点では、《闇の誘惑》《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》発動コストにできる。
 魔法使い族という点では、《ディメンション・マジック》でこのモンスター特殊召喚しつつ相手モンスター破壊できるほか、《魔法族の里》があれば相手魔法カードを封殺することができる。
 通常モンスターという点では、《古のルール》《思い出のブランコ》等といった蘇生カードで簡単に特殊召喚でき、《神の宣告》と同じ効果を持つ《王者の看破》も使用できる。
 闇属性魔法使い族上級モンスターであるため、《魔導召喚士 テンペル》リリースデッキから特殊召喚することも可能。
 《闇の幻影》《ガガガシールド》《絶対魔法禁止区域》等、相手カードの効果を遮断できるサポートカードも豊富である。

 また、《E・HERO プリズマー》を使えば、《黒・魔・導》特殊召喚を妨害する伏せカード除去しつつ、蘇生カード発動条件も同時に満たすことができる。
 無論、《黒魔導の執行官》《ブラック・マジシャンズ・ナイト》《黒衣の大賢者》といった《ブラック・マジシャン》を必要とする特殊召喚モンスターの使用や融合召喚の補助としても有効である。
 《召喚僧サモンプリースト》から特殊召喚した《E・HERO プリズマー》《終末の騎士》で《ブラック・マジシャン》を墓地に送り、《ダイガスタ・エメラル》エクシーズ召喚して蘇生させる手もある。

 総じて、最上級魔術師の名にふさわしく、神出鬼没でテクニカルなモンスターと言える。
 対となる《青眼の白龍》が「」ならば、このカードは「」といったところ。
 魔法・罠カードを駆使し、《青眼の白龍》にはないトリッキーな戦い方ができるだろう。

  • PREMIUM PACK 4には、原作の「バトルシティ編」で闇遊戯と戦ったグールズ所属の奇術師パンドラが使ったバージョンが収録されている。
    このバージョンのイラストEXEX-R収録のイラスト違い《ブラック・マジシャン》のように腕を組んでいる。
    そして服装が赤みを帯びていて髪は白色に近く、顔や目つきも違っている。
    ちなみに、このバージョンは他の《ブラック・マジシャン》とパスワードが違っており、同名カードパスワードが異なる数少ないカードである。
    (他には《融合》が存在する。)
    パンドラ自体が妙に人気のあるキャラクターな事も手伝ってか、このバージョンをこよなく愛するデュエリストも多い。
  • 現在BEGINNER'S EDITION 1などに収録される際に使われているイラストは、原作の「闇遊戯vsパンドラ」戦で闇遊戯が最初に《ブラック・マジシャン》を召喚したコマを元にしている。
  • 週刊少年ジャンプ付属カード版は、遊戯王OCGモンスターカードの中でも極めて珍しい「背景が無いカード」である。
    中央の《ブラック・マジシャン》以外は高橋和希氏のサインがあるのみで、残りは白一色となっている。
    このカードの《ブラック・マジシャン》は、これまでの紫ではなく黒に近い色で塗られており、黒と白の強烈なコントラストを生み出している。
  • アニメにおいてドーマ編以降で使用されている「第1・2期仕様のイラストで第3期以降の世界統一フォーマット」の日本語表記のカードは長らくこちらの世界には存在しなかったが、決闘王の記憶−決闘者の王国編−にて第8期仕様のフォーマットで登場した。
  • 週刊少年ジャンプの抽選プレゼント用である英語版・中国語版が存在する。
    これは第一期の際に作られ、抽選であるため極端に数が少ない。
  • この英語版の名前は『Dark』ではなく、『Black』である。
  • 遊戯王OCGの前身であるバンダイ版遊戯王にも登場している。 こちらも配色が異なっていて、顔があまり見えない。
  • COSMO BLAZER発売日に新聞に掲載された、OCGの広告に用いられているカードの1枚。
    この広告では最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されている。
    ちなみにこのカードは英語版であった。
  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では全20体中、3位を獲得した。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作主人公・闇遊戯(アテム)の最も信頼するしもべであり、「仲間」の一人。
    「DEATH-T編」の最終決戦「闇遊戯vs海馬」戦において初登場し、双六にカードを譲り渡されてからは常に闇遊戯を支えてきた。
    「決闘者王国編」「DDM編」においても重要な場面でコンボを決めている。
    その後、美術館に展示された古代エジプトの壁画に描かれている様が明らかとなり、遊戯と海馬の古くからの因縁が判明するとともに、正式な闇遊戯の切り札として、また《青眼の白龍》のライバルとして定着した。
    「バトルシティ編」以降は生け贄召喚採用による召喚のしにくさと《ブラック・マジシャン・ガール》登場により出番が減少した。
    原作では当初《ブラック・マジシャン・ガール》と同じレベル6であったが、後にOCGと同じ7に修整された。
    攻撃名は「黒・魔・導」。
  • グールズ構成員・奇術師パンドラもこのカードを主力としており、「闇遊戯vsパンドラ」戦では「《ブラック・マジシャン》vs《ブラック・マジシャン》」の構図が実現した。
    彼の《ブラック・マジシャン》は遊戯のものとはイラスト違いであり、ソリッドビジョンも遊戯の《ブラック・マジシャン》とは異なっている。
    青紫の衣装の方が遊戯の使用する方で、こちらの方が一般的によく知られる。
    赤紫の衣装と褐色肌に不敵な表情のイラストがパンドラの使用するもので、後者も実際にOCG化されている。
    また、サポートカードの何枚かはこのデュエルで登場している。
  • 9巻の書き下ろしではレベル5であった。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)でも遊戯のモンスターとして登場。
    遊戯が手に入れた「デュエル・クロス」によって、なんと遊戯本人と融合して戦った。
    その後、融合した遊戯が食べた金のリンゴによって《マジシャン・オブ・ブラックカオス》に進化した。
  • 原作のイラストは「杖を水平に構えた胸像」だが、「ヴァリュアブル・ブック3」の57ページ等に掲載されている絵では、LB-05と同じイラストになっている。
  • 元々は古代エジプトにおける強力な魔力を持つ魔導師・マハードが、己の精霊(カー)「幻想の魔術師」と融合し、冥界で修行し力を得た姿。
    マハードは王墓警護隊長を勤めており、またファラオに対して絶対的な忠誠心を持ち合わせていた。
    命を賭して任務に当たった王墓の警備でバクラと対決し致命傷を負ってしまうが、絶命直前に自らの(バー)精霊(カー)融合し、《ブラック・マジシャン》となる。
  • 古代エジプトでは、(バー)精霊(カー)融合はその精霊に凄まじい力を与えるようである。
    事実、マハードの魂を取り込んだ《ブラック・マジシャン》は、《オシリスの天空竜》さえも退けたバクラの精霊獣(ディアバウンド)と渡り合い、最終的には撃破している。
    同じように(バー)精霊(カー)の融合体として作中で明確に描かれたのが、ライバルである「白き龍」こと《青眼の白龍》である。
  • アニメZEXALの「遊馬vs六十郎」(1戦目)では、このカードをモチーフとした《スタチュー・ブラック・マジシャン》を遊馬が使用。
    ターン目で《真紅眼の木竜》戦闘破壊した。
    また、この時は遊馬の精神が乗り移り、遊馬の肉体は木像となっていた。
    決闘庵にはこのモンスターの木像も飾られている。
  • TAG FORCE6では、オリジナルカードとして上記の《師弟の絆》・《黒・魔・導・連・弾(ブラックツインバースト)》・《ブラック・スパイラル・フォース》が登場している。
  • Duel Transerでは、隠しコマンドを入力する事でプレイヤーの姿を《ブラック・マジシャン》にすることが出来、使用デッキも【ブラック・マジシャン】になる。

関連カード

―派生カード

融合関連

サポートカード

―《ブラック・マジシャン》の姿が見られるカード

―その他

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告