【カオス】

デッキの概要

 カオスモンスターを切り札としたデッキの総称。
 カテゴリであるカオスデッキではないが、属性が多いために共存させる事は難しくはない。

 カオスモンスター特殊召喚に必要な光属性闇属性モンスターを多く投入する。
 各モンスターの非常に強力なスペックから、03/04/24から06/09/01までの長きに渡って環境を支配し続けた。
 06/09/01カオスが全て禁止カードに指定され、デッキ構築は不可能になっていた。
 現在では3体のカオスモンスター全てが無制限カード《混沌帝龍 −終焉の使者−》のみエラッタ有り)となっており、組みなおせるようになったデッキも多く、力を盛り返している。
 各種のテーマデッキにもギミックとして取り入れやすい。

  • Vジャンプにて、「基本に忠実なデッキタイプ」と形容されたことがある。
《混沌帝龍 −終焉の使者−/Chaos Emperor Dragon - Envoy of the End》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。
その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。
《カオス・ソルジャー −開闢の使者−/Black Luster Soldier - Envoy of the Beginning》
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカードの(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
《カオス・ソーサラー/Chaos Sorcerer》
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを
1体ずつゲームから除外した場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択してゲームから除外できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

モンスターカードについて

デッキの派生(06/09/01以前)

 環境の変化と共に、多種多様なデッキが構築された。
 主流デッキとなった形も数多く、現在では若干落ち着いたが有力なデッキは依然として多い。
 【ビートカオス】以降のデッキは殆ど現在でも組めるようになっている。

【ウイルスカオス】

 《死のデッキ破壊ウイルス》を複数枚搭載した【カオス】の総称。
 【ミーネ・ウイルス】と共に環境で活躍し、ロービート志向を生む原因にもなった。
 制限改訂により現在は組めなくなっている。

【カオスゲート】

 【推理ゲート】+【カオス】。
 《名推理》《モンスターゲート》モンスター特殊召喚ではなく、墓地肥やしを目的に使用するデッキ

【カオス・ソルジャー】

 カオス・ソルジャーと名の付いたモンスターを中心にしたビートダウンデッキ
 サポートカードのおかげで従来の【カオス】よりも《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》特殊召喚しやすくなっている。

【変異カオス】

 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》《月読命》コンボモンスター除去し続けるデッキ
 闇属性光属性モンスターで固めてるが、【カオス】らしいのは《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》1枚だけだった。
 制限改訂により現在は組めなくなっている。

【リクルーターカオス】

 【リクルーター】+【カオス】。
 初期型では《キラー・トマト》《シャインエンジェル》が中心のリクルーター
 《見習い魔術師》裁定変更《貪欲な壺》の登場により台頭し、以降に登場した墓地依存の【カオス】の基盤になった。

【ダークカオス】

 《天使の施し》《手札抹殺》《メタモルポット》等の【暗黒界】のギミックで、回転力を高めるデッキ
 《暗黒界の軍神 シルバ》《暗黒界の武神 ゴルド》の存在によって、《魔のデッキ破壊ウイルス》を撃ちやすいことが特徴。
 現在は【暗黒界】が大幅強化された事もあり、このデッキタイプは少ない。

【未来カオス】

 《未来融合−フューチャー・フュージョン》を使い、墓地闇属性光属性を用意していたデッキ
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》裁定変更により融合素材代用モンスターを選択できなくなり弱体化し、以降は《F・G・D》等を擁する【カオスドラゴン】に吸収される形となった。
 制限改訂により現在は組めなくなっている。

【ビートカオス】

 光属性闇属性アタッカーを中心にしており、【リクルーターカオス】とは対を成す。
 【使者スタンダード】【開闢スタンダード】【カオス・スタンダード】とも呼ばれる。
 初期は《霊滅術師 カイクウ》《イグザリオン・ユニバース》《異次元の女戦士》等がよく使われた。
 後期になると《サイバー・ドラゴン》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》《閃光の追放者》等が使用されている。
 現在は《フォトン・スラッシャー》《ヴェルズ・サンダーバード》なども登場し、強化されている。

【戦士カオス】

 【戦士族】の要素を加え、《増援》カオスコストを稼ぐ。
 サーチ対象は《異次元の女戦士》《ブレイドナイト》《忍者マスター SASUKE》等が中心となっていた。
 《異次元の女戦士》制限カード指定と《サイバー・ドラゴン》の登場で戦士族にこだわる意味が薄れ衰退。
 現在はライトレイヴェルズといったテーマから優秀な戦士族が出た事や《一族の結束》により再び統一する意義が生まれている。

【マジシャンカオス】

 【魔法使い族】の要素を加え、魔法使い族である《カオス・ソーサラー》フィニッシャーにして戦う。
 初期は《見習い魔術師》《聖なる魔術師》《ものマネ幻想師》《執念深き老魔術師》等をリクルートしていた。
 現在はシンクロモンスターエクシーズモンスター《一族の結束》《憑依装着−ダルク》の登場により戦いやすくなっている。

【ターボカオス】

 【やりくりターボ】【侍ターボ】等のターボギミックを搭載した【カオス】の総称。
 【雑貨貪欲ターボ】【リクルーターカオス】を複合したものは、【雑貨貪欲カオス】とも呼ばれる。

 環境の変化に伴い様々なタイプが存在しており、長い間【カオス】が第一線に立ち続けた事を証明するデッキだとも言える。
 デッキの性質上ターボギミックが自然と組み込まれる【変異カオス】【ダークカオス】もこのデッキの派生の一つである。

デッキの派生(09/03/01以降)

 《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《カオス・ソーサラー》制限復帰し、《ライトパルサー・ドラゴン》《輝白竜 ワイバースター》も登場した。
 だが、高速化した現在の環境で戦うためには墓地肥やしを迅速に行わなければならず、前述の通りライトロードシンクロ召喚エクシーズ召喚のギミックを加えたものが人気である。
 【カオスエレキ】のように、テーマデッキにギミックとして【カオス】を加えたものも多い。

【カオスドラゴン】

 ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−で登場したモンスターを中心とする【カオス】と【ドラゴン族】の複合デッキ
 一般的なカオスモンスターに加え、《ライトパルサー・ドラゴン》《ダークフレア・ドラゴン》を採用したデッキのことを指す。
 最大の特徴は、《エクリプス・ワイバーン》によってカオスモンスターの召喚と上級ドラゴン族サーチを同時に行えることだろう。
 形にはまれば高打点の上級モンスターを次々と展開できるパワフルなタイプである。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》による高速の墓地肥やしカオスとも相性が良かったが、12/09/01において禁止カードとなってしまった。
 派生として《忍者マスター HANZO》《成金忍者》を投入した【カオスドラゴン忍者】がある。

【シンクロカオス】

 《カオス・ソーサラー》制限復帰後、《カオス・ソーサラー》シンクロ召喚のギミックを搭載した形のデッキの総称。
 特に《カオス・ソーサラー》準制限カードの時期および制限解除後において、《カオス・ソーサラー》をフル投入し主軸にしたデッキのことを指す。
 《ライオウ》《魔導戦士 ブレイカー》等や光属性闇属性チューナーを搭載した【カオススタン】や、【シンクロン】《カオス・ソーサラー》をフル投入したものなどその種類は多様。
 《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》の登場後は《カオス・ソーサラー》の代わりにそれらを投入したものもあり、【白黒ジャンド】が特に有力である。

【カオスライロ】

 【カオスロード】とも呼ばれる。
 【ライトロード】の墓地肥やし能力を利用しカオスモンスター特殊召喚しやすくした【カオス】と【ライトロード】の複合デッキ
 闇属性モンスターとしては、防御面で重宝する《トラゴエディア》《冥府の使者ゴーズ》を主に利用する。

このデッキの歴史

 当初は、【闇属性】【光属性】の混合デッキとして登場した。
 いずれの属性も昔から優秀なモンスターが多く、登場当初から環境に食い込んだ。
 当時の【スタンダード】は「《黒き森のウィッチ》《クリッター》《異次元の女戦士》等を中心としたデッキカオスを追加したもの」と言ってもいいだろう。
 その強さ故、如何に【カオス】を活かすか、または対策するかという流れが生まれ、現在の【メタビート】の原型とも言える【スタンダード】【ノーカオス】等が誕生した。

 現在は環境の変化や禁止・制限カードの状況により、構築を大きく変化させている。
 「カオスモンスターのためのデッキ」というより、「特定のデッキカオスモンスターを挿した」ものになっている。

第3期

第4期

第5期

第6期

第7期

第8期

第9期

 第9期に入るとカオスモンスターが次々と制限緩和された。
 しかし、以降の環境においては【カオス】の展開速度や除去力では、制圧力の高いモンスターや大量展開を処理しきれないケースが珍しくなくなった。
 【カオス】並びにその派生シリーズ自体が(デッキ単位で観た場合)環境に合わなくなっており、活躍させるのが困難となった結果、現在は形骸化している。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告