【ドラゴンメイド】

デッキの概要

 デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場したドラゴンメイドを中心とした【ドラゴン族】ビートダウンデッキ
 召喚特殊召喚時に墓地アドバンテージを稼げる下級ドラゴンメイド、その下級ドラゴンメイドから展開される手札誘発効果を持つ最上級ドラゴンメイドドラゴンメイドの自己バウンス破壊に変換する《ドラゴンメイド・ハスキー》相手をお出迎えし、フィールド制圧していく。

《ドラゴンメイド・ナサリー》
効果モンスター
星2/地属性/ドラゴン族/攻 500/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
「ドラゴンメイド・ナサリー」以外の自分の墓地の
レベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、
自分の手札・墓地からレベル7の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
《ドラゴンメイド・ティルル》
効果モンスター
星3/炎属性/ドラゴン族/攻 500/守1700
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドラゴンメイド・ティルル」以外の「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札に加える。
その後、手札から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで墓地へ送る。
(2):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、
自分の手札・墓地からレベル8の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
《ドラゴンメイド・フランメ》
効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2700/守1700
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、
自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、
このカードは効果では破壊されない。
(3):自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、
手札からレベル3の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。
《ドラゴンメイド・ハスキー》
融合・効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
「ドラゴンメイド」モンスター+ドラゴン族モンスター
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに、
このカード以外の自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターよりレベルが1つ高い、またはレベルが1つ低い
「ドラゴンメイド」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで守備表示で特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスターが自分の手札に戻った時、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
《ドラゴンメイドのお召し替え》
通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札に加え、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

下級ドラゴンメイド
 《ドラゴンメイド・ナサリー》以外は墓地アドバンテージを得られる効果を持っており、まずはこれらのモンスターを使って墓地リソースを貯めこんでおき、最上級ドラゴンメイドの展開に繋げたい。

最上級ドラゴンメイド
 いずれも手札誘発効果を持っており、特に《ドラゴンメイド・エルデ》《ドラゴンメイド・フランメ》相手ターンでも発動できるので、場合によっては手札に保持しておいて、相手を牽制することも狙いたい。
 また、耐性を持っており下級ドラゴンメイドバトルフェイズ開始時でしか特殊召喚効果を使えないので、相手デッキフィールドの状況次第では下級ドラゴンメイドに戻さず維持したり、各種素材に使うという選択肢も考える必要がある。

ドラゴンメイド以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 メインデッキドラゴンメイドボード・アドバンテージを得られるものが《ドラゴンメイド・ナサリー》しかいないので、それを補うようにしたい。
 《ドラゴンメイド・ハスキー》以外に必須となるエクストラデッキモンスターはいないので、自分デッキのコンセプトに合わせて必要なものを適宜選んでいきたい。
 融合モンスター最上級ドラゴンメイド耐性獲得の条件なのでなるべく出せるようにしておきたい。

融合モンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

ドラゴンメイド魔法・罠カード
 ドラゴンメイドの展開とサーチサルベージを担う。

―その他の魔法・罠カード
 基本的なものは【ドラゴン族】を参照。
 汎用性のあるものは、このデッキ独自の使い方を解説する。

戦術

 まずは下級ドラゴンメイドドラゴンメイド魔法・罠カード墓地を肥やしながら、《ドラゴンメイド・ハスキー》融合召喚を狙っていく。
 フィールド《ドラゴンメイド・ハスキー》下級ドラゴンメイド手札墓地最上級ドラゴンメイドを用意したら、バトルフェイズ開始時下級ドラゴンメイド最上級ドラゴンメイドに変身させ、《ドラゴンメイド・ハスキー》相手モンスターをズタズタにして一斉攻撃を仕掛ける。
 バトルフェイズ終了時には、最上級ドラゴンメイド下級ドラゴンメイドに戻し、《ドラゴンメイド・ハスキー》を維持しながら相手ターンバトルフェイズ開始時に備える。

デッキの派生

【召喚獣メイド】

 《召喚師アレイスター》《召喚魔術》《暴走魔法陣》召喚獣出張させた【召喚獣】との混成。
 《召喚師アレイスター》《暴走魔法陣》を用いて、《ドラゴンメイド・ハスキー》の生残性を高める。
 5属性混成かつエクストラデッキの空きが豊富なので、召喚獣を臨機応変に融合召喚できる。
 最上級ドラゴンメイド融合素材にしても下級ドラゴンメイドさえいれば蘇生可能なので、ディスアドバンテージにもなりにくい。
 ただし、下記の【シャドールメイド】にも言える事だがエクストラデッキカードランダム除外する《強欲で金満な壺》とは相性が良くない点に注意。

【シャドールメイド】

 シャドール《影依融合》出張させた【シャドール】との混成。
 《影依融合》最上級ドラゴンメイドデッキから融合素材にすれば、下級ドラゴンメイド蘇生が可能。
 《ドラゴンメイド・ナサリー》召喚できる状況なら、それ以外の下級ドラゴンメイド融合素材候補になる。
 シャドールドロー効果のある《シャドール・ビースト》《ドラゴンメイド・ハスキー》が干渉できない魔法・罠カード破壊できる《シャドール・ドラゴン》を中心に採用するといい。
 《影依融合》デッキ融合の関係上、基本的にシャドール融合モンスター以外の4属性を採用することになる。
 《超融合》を投入している場合は、メタのために残りの2種を投入するのも手だが、《エルシャドール・ミドラーシュ》ドラゴンメイドとの相性が良くないので、融合召喚のタイミングには注意。

このデッキの弱点

 特殊召喚墓地肥やし行為が基本なので、それを封じられると厳しい。
 除去《ドラゴンメイド・ハスキー》対象を取るモンスター破壊一択なので、破壊耐性持ちや対象耐性を持つ大型モンスターが現れると厳しい戦いを強いられ、放置していた魔法・罠カードによってドラゴンメイド除去され戦線を崩される危険もある。
 展開の要である下級ドラゴンメイド《王虎ワンフー》《魔のデッキ破壊ウイルス》などで破壊されてしまうと、手札墓地最上級ドラゴンメイド腐ってしまうのも痛い。
 下級ドラゴンメイド最上級ドラゴンメイドに進化できるのはバトルフェイズ開始時のみなので、その前に破壊されたり効果無効にされるとサイクルが途切れてしまう。

 遭遇率は低いが、《縮退回路》《スキルドレイン》を使われると最上級ドラゴンメイドの展開や《ドラゴンメイド・ハスキー》による破壊ができなくなってしまう。
 また属性がバラバラなので《御前試合》にも弱く、《ドラゴンメイド・ハスキー》で一掃してからのラッシュができなくなる。

代表的なカード

関連リンク

広告