【ライトロード】

デッキの概要

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場したライトロードを中心としたビートダウンデッキ
 ライトロードモンスター墓地を肥やした後、《裁きの龍》特殊召喚フィニッシャーとする。

 また、単体のカードパワー及びギミックの柔軟性の高さ故に他のデッキとの混合も行いやすく、多くの派生デッキが登場している。

《ライトロード・サモナー ルミナス/Lumina, Lightsworn Summoner》
効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻1000/守1000
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の
「ライトロード」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
《裁きの龍/Judgment Dragon》
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の「ライトロード」と名のついたモンスターが
4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
自分のメインフェイズ時に、
1000ライフポイントを払って発動できる。
このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
《ライトロード・セイント ミネルバ/Minerva, the Exalted Lightsworn》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/天使族/攻2000/守 800
レベル4モンスター×2
「ライトロード・セイント ミネルバ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数だけ自分はデッキからドローする。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキの上からカード3枚を墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数までフィールドのカードを選んで破壊できる。
《光の援軍/Charge of the Light Brigade》
通常魔法(準制限カード)
(1):自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を手札に加える。
《ソーラー・エクスチェンジ/Solar Recharge》
通常魔法
手札から「ライトロード」と名のついたモンスター1体を捨てて発動できる。
デッキからカードを2枚ドローし、その後自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

デッキ構築に際して

 デッキ切れを回避するためにデッキの枚数を多めにする手もあるが、それでは《裁きの龍》を引く確率も下がる。
 デッキ切れ回避よりも、その前に勝負を決められるように構築するのがスピードの早い現在の環境の主流である。

モンスターカードについて

 戦線維持の主力となる下級ライトロードは、《裁きの龍》召喚条件を満たす目的も兼ね、多めに投入したい。
 召喚条件の成立を早めるためには、枚数だけではなくなるべく多くの種類を入れるのが良い。

ライトロード

ライトロード以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

魔法・罠カードについて

 魔法・罠カード墓地へ送られてしまう事も多く、同時にモンスター墓地送りも阻害してしまうため、枚数はなるべく少なくするのが望ましい。
 完全に墓地肥やしの障害を排除するなら、《ソーラー・エクスチェンジ》《光の援軍》以外を全て抜いて、《魔導雑貨商人》型にしてしまう手もある。
 この場合は《創世の預言者》《セイクリッド・トレミスM7》サルベージ手段にするといい。

ライトロードサポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 純ライトロード・派生デッキ共に《裁きの龍》が切り札となるため、各種ライトロードカードをフル活用し、これの特殊召喚条件を満たすことを第一とする。
 少々極端だが、「《裁きの龍》を出せるようになるまで粘るだけ」と言ってしまってもいいだろう。
 開始直後の1〜2ターンでいかに墓地を肥やせるかが鍵となる。

 回転役のカード手札に来ない、あるいはキーカードが使わないまま墓地へ落ちてしまった場合、やや厳しくなってくる。
 とはいえ、モンスター単体の能力が高いため、墓地さえ溜まってしまえば下級・準主力級だけでのビートダウンも十分可能だろう。

 いずれにせよ、防御が薄くなりがちで継戦能力も低いデッキであるため、とにかく速攻を心がけたい。

デッキの派生

 ライトロードにはカード名を指定するカードが少なく、墓地利用タイプのカードなら大半がシナジーするため、構築自由度は高い。
 主力として使う以外にも、他デッキライトロードモンスターをスパイスとして加える程度でも十分に役立つ。

純【ライトロード】の派生型

【光属性】

【闇属性】

その他

このデッキの弱点

除外

 《裁きの龍》召喚条件が成立しなくなり、《ライトロード・エンジェル ケルビム》《オネスト》は、無差別除外カードの影響下では効果発動できない。
 《閃光の追放者》等のモンスター《ライトロード・パラディン ジェイン》等のアタッカーで、《マクロコスモス》等の魔法・罠カード《ライトロード・マジシャン ライラ》除去したい。
 マッチ2戦目以降は、相手《D.D.クロウ》《魂の解放》等で対策を取ってくる場合が多いので、《王宮の鉄壁》等で備えるのも良いだろう。

モンスター効果の封殺

 【ライトロード】は攻撃的なデッキだが、《裁きの龍》等の効果に依存する面が大きく、下級モンスターの打点自体はそれほど高くない。
 《スキルドレイン》《閃光を吸い込むマジック・ミラー》等に対しては大きな戦力ダウンとなる。
 これら永続罠《ライトロード・マジシャン ライラ》等では対処できないため、《サイクロン》等を用意しておきたい。

特殊召喚封印

 《裁きの龍》《ライトロード・ビースト ウォルフ》《ライトロード・サモナー ルミナス》効果を止められるのもやはり厳しい。
 《ライトロード・マジシャン ライラ》《ライトロード・ハンター ライコウ》で確実に除去していきたい。

光属性メタカード

 殆どのモンスター光属性で統一されているので、光属性モンスターに強いカードとは相性が悪い。
 主にはコアキメイル等が挙げられるが、【シンクロ召喚】で採用され得る《A・O・J ディサイシブ・アームズ》は要注意。
 特に3番目のモンスター効果は、手札《裁きの龍》《オネスト》等のキーカード破壊され、効果ダメージも発生するため、一気に逆転される恐れがある。

デッキ切れ

 持久力が低いこのデッキにとって、ロックデッキ破壊系の戦法とは相性が悪い。
 序盤ならば有利に働くことが多いが、終盤であればライトロード自身もデッキ破壊を助長するため、デッキ切れを起こす可能性が高い。
 除外デッキでもある【ネクロフェイス】は特に相性が悪い。
 他には、デッキ枚数が残り少ない終盤に、《攻撃の無力化》等で1ターン時間を稼がれるだけでも、自身の効果デッキ切れになる恐れがある。
 《バトルフェーダー》《サイクロン》にも掛からないため、非常に厄介。
 《バトルフェーダー》の他にも《速攻のかかし》《威嚇する咆哮》などの遅延カードを大量に積み込んだ【終焉のカウントダウン】では突破する前に自滅しかねない。

 中盤以降は墓地送りの速度を落とすプレイングも考えられる。
 そもそも、墓地送りは展開するための手段であって目的ではないため、必要枚数以上に落とす意味はない。
 デッキが残り10枚、墓地《裁きの龍》が0枚という状態であれば、普通に1枚ずつドローする方が安全に引き当てられる。
 変動するデッキ中のカード比率を意識しながら落としていく必要がある。

 エクシーズモンスターの登場により、同じレベルモンスターが複数並べばデッキ破壊効果を持たないエクシーズモンスターに変えられるようになり、デッキ切れによる敗北を来たす可能性は多少下がったといえる。

 採用するモンスター攻撃力が全体的に高いため《死のデッキ破壊ウイルス》からも大きな被害が出る。
 ライトロードたちはもちろんのこと、《裁きの龍》サルベージ要員の《創世の預言者》破壊されるので致命傷となる可能性が非常に高い。

このデッキの歴史

 展開力・モンスター効果サポートカードの豊富さ等、様々な面が評価され、LIGHT OF DESTRUCTIONでの登場以降、環境上位に位置していた。
 現在は、《光の援軍》準制限カード指定により全盛期に比べ不安定になっている。
 環境上位に食い込むには難しいながらも、狙ったカードが上手く墓地へ送られた時の爆発力は未だに高く、一定の人気を掴む息の長い中堅デッキという地位が多い。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告