守備力/DEF(Defense Points)

 DEFは守備力を表しています。
 この数値が高いほど、モンスター同士の戦闘では有利になります。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)


  • 守備力「?」はデッキ墓地手札では判定できない。
    よって、「デッキから守備力1500以下のモンスターを〜」などのような「数値を限定する」効果対象にできない。
    「守備力?」のモンスターは、「守備力1500以上」でもなければ「守備力1500以下」でもないからである。
    他方で「元々の守備力」等で、どうしても守備力を参考にしなければならない場合は守備力0として処理する。
  • 守備力(攻撃力)を半減させる効果発動されて小数点以下が発生した場合、小数第一位を四捨五入する。
  • さらに時が経ち、環境の高速化が進んだ事でそもそもモンスター守備表示にする機会自体が減少し、一時期は守備力の意味が「特定の守備力を指定したサポートを受けられるか否か」だけの時期もあった。
    しかし、攻撃表示対象とするカードステータスを入れ替えるカード等が次々と登場し、守備力の意味が再び大きくなっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作・アニメにおいても、守備力は攻撃力と比べ軽視されがちである。
    多くのデュエリストが攻撃力アップを重視し、時に攻撃力数万や数十万に達しているのに対し、守備力の強化を主戦術に組み込んだデュエリストはアニメ5D'sのチーム・太陽くらいである。
    ただし、アニメGXでは一般生徒や教師が守備力の高いモンスターで固めるデッキを使用しており、アニメARC-Vでは権現坂が守備力をアップさせることにより結果的に攻撃力を高めるなど、全く活かされていない訳ではない。

守備力の主な指標

守備力を指定するカード

―守備力2500以下対象

―守備力2000以上対象

―守備力2000以下対象

―守備力1500対象

―守備力1500以下対象

―守備力1200以下対象

―守備力1000対象

―守備力1000以下対象

―守備力800以下対象

―守備力500対象

―守備力500以下対象

―守備力200対象

―守備力200以下対象

―守備力100対象

―守備力0対象

関連リンク

FAQ

Q:守備力2450のモンスター《BF−疾風のゲイル》の守備力半減効果を2度適用した場合、守備力の値は何になりますか?
A:1度目には守備力1225となり、2度目には守備力613となります。(12/01/13)

広告