風属性(かぜぞくせい)/WIND

 地属性と対極にある「緑」をカラーとする属性
 種族鳥獣族ドラゴン族がメインとなっている。

 モンスターサポートカード共にあまり多くない属性である。
 特に以前は同じく数が少ない炎属性と比較しても、あちらには《真炎の爆発》という強みがあった分だけこちらはより不遇だったと言える。
 《ガスタの神裔 ピリカ》《霞の谷の神風》《電光千鳥》などの強化もあったのだが、総合的に見ると第8期以前は不遇な属性であったことは否めない。
 しかし、第9期になってからはサポートカードや関連モンスターの数も増え、かつての様な属性デッキを組むのすら難しいという状況はかなり改善された。
 カテゴリごと出張させる場合は、スピードロイドWWなどを用いたシンクロ召喚や、マジェスペクター(特に《マジェスペクター・ユニコーン》)を用いたパーミッションが得意である。
 とはいえ、元来の数の少なさは否めずカテゴリに囚われない【風属性】の組みづらさは相変わらずである。

 属性の特徴として、「風」は「吹き飛ばす」イメージから、バウンス効果表示形式変更効果を持つカードが多かった。
 コントロール寄りの効果の多さは水属性に近い部分もあるが、こちらは《電光千鳥》《風帝ライザー》など、「デッキバウンス」が多いという特徴であった。
 しかし、第9期に入ってからはバウンス効果を持ったカードが多数登場し、手札へのバウンスだけでなく強力なデッキバウンスを行う風属性以外のモンスターを見かける事も珍しくなくなる。
 代わりに上述の通り風属性全体の強化が行われるようになり、特にスピードロイドWWの存在もあってシンクロ召喚とのシナジーが強い属性となった。
 同時期に放送されているアニメARC-Vでは風属性の登場比率が高いため、そちらと連動される形で強化されたとも考えられる。

  • 特定のイメージが薄いためか、全体の総数は少ない属性にも関わらず、特殊な種族幻神獣族創造神族を除いた全種族に存在している。
    これは光属性に次ぐ2番目の記録であり、全体の総数で大きく差が開いている地属性よりも早い。
  • 原作・アニメにおいて―
    シリーズを通して風属性を中心としたデュエリストが少ない傾向であった。
    サポートカードの使用者もアニメGXでバードマン通常魔法《サモン・ストーム》を、アニメ5D'sで遊星が《蒼穹隼(ブルー・エクスペンス・ファルコン)》や魔法カードSp(スピードスペル)−シルバー・コントレイル》を使用したくらいであった。
    しかし、シリーズ5作品目のアニメARC-Vでは一転して風属性中心のカテゴリを使用するデュエリストが複数登場するようになる。
    メインキャラクターであるユーゴが機械族スピードロイドを、それ以外ではリンが魔法使い族WWを、瑠璃が鳥獣族LLを、シンジが昆虫族の「B・F(ビー・フォース)」を使用している。
  • シリーズを通して不遇な状況から新作アニメによって一転して登場比率が高まったという観点では、シリーズ4作品目であるアニメZEXALシリーズで水属性が推されたのと傾向が似ている。
    アニメ・漫画での出番が増えると同時にOCGでもそれと連動する形で強化が行われたという点でも境遇が似ている。

関連リンク

―現在禁止カードである風属性モンスター

―現在制限カードである風属性モンスター

―現在準制限カードである風属性モンスター

―風属性に関連する効果を持つカード

―素材に風属性を指定するモンスター

―風属性トークン

―風属性のチューナー

―風属性のペンデュラムモンスター

―風属性の融合モンスター

―風属性の儀式モンスター

―風属性のシンクロモンスター

―風属性のエクシーズモンスター

―風属性のシリーズモンスター

―風属性メタ

―その他のリンク

広告