【ふわんだりぃず】

デッキの概要

 ふわんだりぃずを中心とした【アドバンス召喚】軸の【鳥獣族】デッキ
 多くのデッキで用いる特殊召喚ではなく、召喚権を増やして通常召喚を多用する珍しい特徴を持つ。

《ふわんだりぃず×ろびーな/Floowandereeze & Robina》
効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
《ふわんだりぃず×いぐるん/Floowandereeze & Eglen》
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
《ふわんだりぃず×えんぺん/Floowandereeze & Empen》
効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札を1枚除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。
《ふわんだりぃずと旅じたく/Floowandereeze and the Advent of Adventure》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
鳥獣族モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」モンスター1体または「ふわんだりぃず」フィールド魔法カード1枚を手札に加える。
その後、自分は500LP回復する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターカードについて

ふわんだりぃず
 水属性風属性鳥獣族で統一されている。

  • 下級モンスター
    レベル1で以下の共通テキストを持つ。
    特に(1)の効果がこのデッキ回転に欠かせない要素となり、重要度が高い。
    このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
    この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
    (1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
    (固有効果の処理)。
    その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
    (2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
    (3):このカードが除外されている状態で、
    自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
    このカードを手札に加える。

―相性の良い鳥獣族

―その他の種族

エクストラデッキモンスターについて

 特殊召喚をほぼ行わないデッキなので通常では活用する機会は殆どない。
 一応、保険としてランク1やそこから派生できるエクシーズモンスターなどは採用しても損は無いが、使わないケースも多々あるだろう。
 また、以下の様な特化構築にして割り切るのも一つの手である。

魔法・罠カードについて

ふわんだりぃず

メタカード
 このデッキの強みの1つは、特殊召喚墓地利用を重視しないため、それらのメタカードを無理なく採用できる点にある。
 殆どのデッキに与える影響は大きいが、ミラーマッチの際には一転してと化す点は意識せねばならない。

―その他相性の良いカード

戦術

 下級ふわんだりぃず召喚を繰り返し最上級鳥獣族アドバンス召喚に繋げ、フィールド制圧していく。
 特に、《ふわんだりぃず×ろびーな》《ふわんだりぃず×いぐるん》最上級鳥獣族アドバンス召喚の動きは、手札消費0で繋がるので強力。
 相手ターンでも召喚を繰り返せるデッキなので、自分相手ターンを通してほぼ毎ターン展開する事もできるだろう。
 また、特殊召喚メタ墓地メタカードを積極的に採用できるのも強みであり、併用できれば強力な制圧布陣となる。
 下記の通り弱点となる永続カードも少なくないが、《ふわんだりぃずと未知の風》効果適用できるのならば除去は可能である。

 なお、ミラーマッチになると特殊召喚メタ墓地メタといったメタカードがほぼ軒並み腐るので非常に難しいデュエルとなる。
 サイドデッキの構築と入れ替えが勝敗のカギを握るか。

このデッキの弱点

デッキレシピ

 https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/1416001039698776066
 登場と同時に公式twitterで公開されたレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告