方界縁起(ほうかいえんぎ)

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「方界」モンスターの数まで、
相手フィールドの表側表示モンスターに方界カウンターを置く。
方界カウンターが置かれたモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「方界」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターが戦闘で方界カウンターが置かれているモンスターを破壊する度に、
その破壊されたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONで登場した通常罠
 自分フィールド方界モンスターの数まで相手モンスター方界カウンターを置く効果方界方界カウンターを置かれたモンスター戦闘破壊した場合にバーンを行う効果を持つ。

 (1)は方界カウンターを置く効果
 方界は展開力が決して高いわけではなく、置く事ができてもその数はそこまで多くはない。
 しかし、この効果の最大の特徴は、方界カウンターを置く効果の中で唯一フリーチェーンである点。
 モンスター効果発動チェーンして方界カウンターを置き無効化する、相手が展開を終えたところで発動攻撃を封じる等の応用が可能となる。

 (2)は方界戦闘破壊時に発動できるバーン効果
 (1)で方界カウンターを置いたモンスター戦闘破壊すれば、そのままこちらの(2)に繋がるので単体でコンボが成立する。
 しかし、このカードでは弱体化まではされないため、大型モンスターを狙ってバーン数値を高めたい場合は別の一手が欲しい。
 《方界曼荼羅》《方界輪廻》攻撃力を0にした上で方界カウンターを乗せられるので相性が良い。

  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』には登場していない方界カード
    (2)の効果は、劇中で【方界】を使用した藍神が行なっていた「次元領域デュエル(詳細はデュエルを参照)」のルールがモチーフか。
  • カード名は、「方界」と「法界縁起(ほっかいえんぎ)」をかけたものか。
    法界縁起とは、仏教の中でも華厳宗の考え方で、全ての人や物が別のそれらと互いに関連し合って現れ起こる、とする説である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《方界縁起》 通常罠 方界

広告