青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)

デッキの概要

 OCG黎明期より高い人気と知名度を誇る《青眼の白龍》を主軸とするデッキ
 豊富な展開手段を駆使して《青眼の白龍》と派生モンスターを繰り出し、高い攻撃力相手を粉砕する。
 恵まれたステータスサポートカードにより応用力も高く、単純な力押しに留まらない様々なデッキが開発されている。

 原作で遊戯のライバルである海馬瀬人が《青眼の白龍》を主力とすることから、「海馬デッキ」と呼ばれることもある。

《青眼の白龍/Blue-Eyes White Dragon》
通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。
どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。
《青眼の亜白龍/Blue-Eyes Alternative White Dragon》
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。
この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
《青き眼の賢士/Sage with Eyes of Blue》
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守1500
「青き眼の賢士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「青き眼の賢士」以外の光属性・レベル1チューナー1体を手札に加える。
(2):このカードを手札から捨て、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
《太古の白石/The White Stone of Ancients》
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 600/守 500
「太古の白石」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の
「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

デッキ構築に際して

 デッキタイプによって採用するカードが大きく異なるので、それぞれに合ったものを選択することになる。
 デッキの種類も合わせて参照されたい。

モンスターカードについて

《青眼の白龍》および関連モンスター

―相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

《青眼の白龍》の関連モンスター

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

《青眼の白龍》ブルーアイズサポートカード

ドラゴン族サポートカード

最上級モンスターサポートカード

―その他相性の良いカード

デッキの種類

 《青眼の白龍》は極めてサポートカードが豊富なカードであり、デッキの組み方も多岐にわたる。
 ここでは16/04/01以降の環境で流行しているタイプをまず紹介し、その後その他のデッキを紹介する。

ブルーアイズ

 派生カテゴリである「ブルーアイズ」のサポートカードに重点を置いたデッキ
 16/01/09以降の基本型であり、現在【青眼の白龍】ないし【ブルーアイズ】と呼ばれるデッキは一般にこのタイプである。
 《青眼の白龍》、及びリクルート効果を持つ《青き眼の賢士》《太古の白石》を基点に大型モンスターを素早く繰り出し制圧を狙う。
 チューナーを多く採用する事からシンクロ召喚が狙いやすく、特に《青眼の精霊龍》の存在により【ペンデュラム召喚】系列に強い。
 最上級モンスターの数が多く、その半分以上が自己特殊召喚効果を持たない点をフォローするため、大量のドローサーチカードを駆使して展開手段を確保していく。

環境における主流の構築で採用されるカード

《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》

 強大な制圧力を持つ儀式モンスター《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を切り札に据えるタイプ。
 基本型と区別するために【儀式青眼】と呼ばれる事も多く、こちらも大規模な大会での入賞例を残しているタイプである。

《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守   0
「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

 構築上の特徴としては、デッキ《青眼の白龍》が切れてしまうと《高等儀式術》腐るため《伝説の白石》が投入されない点が挙げられる。
 また、《高等儀式術》墓地肥やしを兼ねるため、《竜の霊廟》などの墓地肥やしカードの需要も下がる。
 その他にも儀式召喚セットを投入するスペースを作るため、《白き霊龍》罠カードの枚数が減らされる事が多い。
 逆に《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》の天敵である《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》による戦闘破壊を防げる《復活の福音》は相性が良い。

―採用するカードについて

《青き眼の乙女》

 《青き眼の乙女》カード効果の対象にすることで《青眼の白龍》特殊召喚するデッキ
 呼び出した《青眼の白龍》と自身とで《蒼眼の銀龍》シンクロ召喚でき、またランク8のエクシーズ召喚も狙いやすい。
 構築自由度が高く、無数に存在する対象をとるカードの中から何を選択するかはデッキによって異なる。

 弱点は《青き眼の乙女》が攻守共に0の為、モンスター効果封じに弱い事。
 攻撃無効効果チェーンして《ブレイクスルー・スキル》等を撃たれた場合、そのまま直接攻撃に等しいダメージを受けてしまう。
 特に《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》効果の発動すら許さず5000もの戦闘ダメージを与えてくる天敵であり、その関係上ランク4を扱うデッキとは非常に相性が悪い。

―相性の良いカードについて

―派生構築

《白竜の聖騎士》

 《白竜の聖騎士》を主軸としたデッキ
 リリース要員に聖刻を採用することで幅広くシンクロ召喚エクシーズ召喚を行うことができる。

 儀式召喚リリースに使用した聖刻効果特殊召喚するモンスターと、《白竜の聖騎士》《青眼の白龍》の組み合わせが鍵となる。

  1. 《青眼の白龍》《青眼の白龍》ランクエクシーズモンスター
  2. 《アレキサンドライドラゴン》《白竜の聖騎士》⇒(光属性指定)ランクエクシーズモンスター
  3. 《ガード・オブ・フレムベル》《青眼の白龍》《蒼眼の銀龍》

サーチを行った《マンジュ・ゴッド》等を加えれば更なる展開が可能。

  1. 《アレキサンドライドラゴン》《白竜の聖騎士》《マンジュ・ゴッド》素材3体のランク
  2. 《ガード・オブ・フレムベル》《白竜の聖騎士》《マンジュ・ゴッド》《竜魔人 クィーンドラグーン》《蒼眼の銀龍》

 大きな課題として手札消費の激しさと安定性の低さが挙げられる。
 《マンジュ・ゴッド》《儀式の準備》《儀式の下準備》ディスアドバンテージを軽減できるものの、儀式召喚に関わるカードに限定される。
 またそれらのカードにはデッキを参照するものが多いため展開の手順に及ぼす影響が大きく、腐る可能性も高い。
 以上の理由から各カードの枚数調整は非常にシビアになる。

デッキの派生

【青眼巨神竜】

 【巨神竜】との混成デッキ
 元々【青眼の白龍】には《復活の福音》をはじめとする【巨神竜】のパーツが積まれやすいため、構築は一般型とほぼ変わらない。
 一般的な【青眼の白龍】よりも除去力に優れる代わりに、自己特殊召喚能力を持たない最上級モンスターの数と墓地への依存度が増す。

【HERO青眼】

【魔導青眼】

 魔導書《青き眼の乙女》シナジーを活かしたデッキ
 《魔導書の神判》《トーラの魔導書》サーチ《青き眼の乙女》リクルートすることで《青眼の白龍》特殊召喚できる。
 《グリモの魔導書》をはじめ《魔導書の神判》サーチ手段は多く、高い即効性と安定性を誇る。
 詳しくは【魔導書】を参照。

聖刻青眼】

 上級聖刻を軸としたデッキ
 通常の【聖刻】と同様、《聖刻龍−トフェニドラゴン》及び《聖刻龍−アセトドラゴン》リリースを起点に展開を行う。
 効果の類似した《青き眼の乙女》《聖刻龍−ドラゴンヌート》を採用したタイプは、上述の《青き眼の乙女》軸を参照。

 《地獄の暴走召喚》《ドラゴニック・タクティクス》を使用すれば、3体の《青眼の白龍》フィールドに並ぶ。
 《No.107 銀河眼の時空竜》エクシーズ召喚すれば、効果によって、0になった《青眼の白龍》の攻守を元に戻すことができる。
 或いは《熱血指導王ジャイアントレーナー》エクシーズ召喚し、ドロー効果手札消費を補うのも良い。

 聖刻龍《ギャラクシーサーペント》レベル7・8のシンクロ召喚を行える。
 《青き眼の乙女》を採用し、《閃こう竜 スターダスト》トリガーとした《青眼の白龍》特殊召喚を狙うのも良いだろう。
 ただし、通常モンスターが増えるために手札事故も起こりやすくなる点には注意を要する。
 また、《ラブラドライドラゴン》《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚することによっても、同様のコンボが可能である。

―併用しやすいドラゴン族通常モンスター
 《銀龍の轟咆》等のサポート《青眼の白龍》と共有できるため、併用することで展開に幅が生まれる。
 以下のカード《調和の宝札》にも対応する。

【征竜青眼】

 【征竜】《青眼の白龍》《伝説の白石》を加え、征竜除外コストを確保し易くしたデッキ
 《竜の渓谷》《竜の霊廟》《トレード・イン》《調和の宝札》墓地を肥やしつつ手札を補充できる。
 《青眼の白龍》を活躍させたい場合は、《D・D・R》帰還させるのが良いだろう。
 征竜《伝説の白石》で、レベルシンクロ召喚も可能である。
 詳しくは【征竜】を参照。

ドラグニティ青眼】

 ドラグニティを軸とし、手札交換墓地肥やしを高速で行うデッキ
 《竜の渓谷》《調和の宝札》《トレード・イン》を用いて《伝説の白石》《青眼の白龍》墓地に落とす。
 《超再生能力》があれば、手札交換を更に加速させることができる。
 並行して《ドラグニティ−ドゥクス》《ドラグニティ−ファランクス》を軸とした【ドラグニティ】としての立ち回りも行う。
 上記のカード同士が強いシナジーを持ち、手札交換カードを多数採用しているにも関わらず手札事故が起こり難い。
 またデッキ圧縮墓地肥やし能力に長けるため、《龍の鏡》による《青眼の究極竜》融合召喚を狙いやすい。
 同様に、《青眼の光龍》への進化も期待できる。

【青眼エクゾディア】

 《青眼の白龍》《伝説の白石》《トレード・イン》《調和の宝札》《超再生能力》ドローエンジンとしてエクゾディアを揃えるデッキ
 詳しくは【エクゾディア】を参照。

【究極竜騎士】

 《究極竜騎士》融合召喚を主軸としたデッキ
 《沼地の魔神王》等の融合素材代用モンスターを利用できるため、必ずしも《青眼の白龍》《青眼の究極竜》を採用する必要はない。
 《青眼の白龍》を使用したい場合には、儀式召喚軸に《カオス・ソルジャー》融合サポートを投入するのが良いだろう。
 詳しくは【究極竜騎士】を参照。

このデッキの弱点

 《青眼の白龍》の展開をはじめ、特殊召喚を多用するため特殊召喚封じは致命的で、蘇生サルベージ墓地を利用してのサーチを駆使するため除外も天敵と言える。
 また、モンスター攻撃力が高い分コントロール奪取も脅威になり、これらの要素を持つ一部のA・O・J《エレクトリック・ワーム》等は光属性ドラゴン族が多い環境では投入されやすい。

このデッキの歴史

 STARTER BOXで登場して以降、現在に至るまで様々なデッキが開発されている。

第1〜2期(1999〜2002年)

 OCGの歴史は《青眼の白龍》と共に始まった。
 当初使用されていた公式ルールには生け贄の概念がなく、極めて単純なステータス大小の比べ合いであった。
 3枚積み《青眼の白龍》を引き当て、その圧倒的なパワーで蹂躙する事が、勝利への最適解にして唯一の方法であった。
 しかし早々にエキスパートルールが導入されると、最上級モンスターである《青眼の白龍》召喚は極めて困難となり、実戦には程遠いカードとなる。
 当時の海馬のファンデッキに取れる選択肢は、安定性の期待できない《ドラゴンを呼ぶ笛》コンボか、数少ない蘇生カードに頼るくらいしかなかったと言える。

第3〜7期(2002年〜2012年)

 第3期になると《白竜の聖騎士》《滅びの爆裂疾風弾》という《青眼の白龍》専用サポートカードが登場する。
 第4期は《正義の味方 カイバーマン》に加えて、《竜魔人 キングドラグーン》《龍の鏡》といったドラゴン族サポートカードが登場。
 《龍の鏡》の登場により、ほぼ《デビル・フランケン》専属となっていた《青眼の究極竜》融合召喚のハードルが下がった。
 第5期には《未来融合−フューチャー・フュージョン》《トレード・イン》も登場し、《正統なる血統》《高等儀式術》などの通常モンスターサポートカードも充実し始める。
 第6期では《伝説の白石》《調和の宝札》が登場し、様々な構築が可能となっていった。
 主なデッキタイプとしてドラゴン族軸、下級戦士族軸、儀式召喚軸、融合召喚軸などが存在したが、あくまでファンデッキの域は出ず、環境デッキと渡り合うのは難しかった。
 第7期終盤にドラゴン族通常モンスターに関連した効果を持つ聖刻が登場すると、【聖刻青眼】が誕生した。

第8期(2012年〜2014年)

 【アライブHERO】の台頭と共に、パワーと安定性を両立した【HERO青眼】が誕生。
 その後、ストラクチャーデッキ−青眼龍轟臨−《青き眼の乙女》《銀龍の轟咆》が登場し、《青眼の白龍》特殊召喚がさらに容易になる。
 《青き眼の乙女》魔法使い族であることから、《魔導書の神判》とのシナジーを活かした【魔導青眼】で活躍した。
 【魔導青眼】は2013年の西日本代表も使用し、《青眼の白龍》が主流デッキの重要な位置を占めるという久々の光景が見られた。

第9期(2014年〜)

  • 16/07/01
    世界大会にて、主流デッキが規制を受けている一方で、このデッキは一切規制を受けておらず、フルパワーで戦うことができた。
    一般の部では優勝・準優勝を果たした。

代表的なカード

関連リンク

広告