忍者(にんじゃ)

デッキの概要

 忍者と名のつくモンスターと、忍法と名のつく魔法・罠カードを中心としたデッキ
 通常のビートダウンを行う型、《渋い忍者》忍者の大量展開を狙う型、《忍法 変化の術》または《忍法 超変化の術》で大型モンスター特殊召喚を狙う型の3つに大別される。

《忍者マスター HANZO/Ninja Grandmaster Hanzo》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1000
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「忍法」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが反転召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「忍者マスター HANZO」以外の
「忍者」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
《黄昏の忍者−シンゲツ》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1500/守 100
「黄昏の忍者−シンゲツ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「忍者」モンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊され
墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「黄昏の忍者−シンゲツ」以外の
「忍者」モンスター1体を手札に加える。
《機甲忍者ブレード・ハート/Blade Armor Ninja》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/風属性/戦士族/攻2200/守1000
戦士族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分フィールド上の「忍者」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
《忍法 変化の術/Ninjitsu Art of Transformation》
永続罠
自分フィールド上に表側表示で存在する
「忍者」という名のついたモンスター1体を生け贄に捧げて発動する。
選択したカードのレベル+3以下の
獣族・鳥獣族・昆虫族のいずれかのモンスター1体を
手札またはデッキから自分フィールド上に特殊召喚する。
このカードが自分フィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
《忍法 超変化の術/Ninjitsu Art of Super-Transformation》
永続罠
自分フィールド上の「忍者」と名のついたモンスター1体と
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを墓地へ送り、そのレベルの合計以下の
ドラゴン族・恐竜族・海竜族モンスター1体を
自分のデッキから自分フィールド上に特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、
そのモンスターをゲームから除外する。

デッキ構築に際して

 こちらではデッキタイプに関係無く相性の良いものを説明する。

モンスターカードについて

忍者
 どのような型のデッキでも採用できる忍者《忍者マスター HANZO》《成金忍者》《黄昏の忍者−シンゲツ》位である為、その他の忍者は相性の良いものを適宜選択したい。

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

忍者サポートカード

―その他のカード

デッキの種類

ビートダウン

 後述のデッキの様にコンボを意識せず、忍者を用いてビートダウンを行うもの。
 《忍者マスター HANZO》《成金忍者》を中心とし、《機甲忍者ブレード・ハート》フィニッシャーとする。

 《成金忍者》リクルート先としては《忍者マスター HANZO》《覆面忍者ヱビス》が候補に挙がる。
 前者はそのままハンド・アドバンテージを取れ、後者はライフ・アドバンテージを期待できる。
 また《カラクリ忍者 参参九》を採用し、モンスター除去を備える事もできる点も忘れない様にしたい。

 《忍者マスター HANZO》サーチ先としては忍法なら《忍法 空蝉の術》忍者なら《成金忍者》《忍者マスター SASUKE》辺が候補となる。
 事故を起こさない下級ドラゴン族恐竜族海竜族を採用しているならば《忍法 超変化の術》を優先にすると良い。

《渋い忍者》

 《渋い忍者》によって、忍者を大量展開する。
 採用する忍者は主にリバースした時に効果の発動を行う事のできるものが良い。
 手札墓地からの特殊召喚が可能であるが、アドバンテージを狙うならば墓地からの特殊召喚を狙うのが良い。
 その為、墓地肥やしのできるカードをある程度採用する事も考えられる。
 《忍法 分身の術》忍者を展開してエクシーズ素材などに使い墓地忍者を貯める手もある。
 破壊された場合でも墓地肥やしにつなげられるのでにもできる。

忍者の選択
 中心となる《渋い忍者》戦士族とは言え、《忍者マスター HANZO》以外のサーチ手段に乏しい為3枚積みしたい。
 残りの忍者には心許ないステータスも多いた為、枚数を調整して事故が発生し難い様にしたい。

墓地肥やしを行うモンスター
 前述の通り、墓地をある程度肥やす事で《渋い忍者》効果アドバンテージを得る事ができる。
 《渋い忍者》を再利用する手段を採用していた場合は、間接的に《渋い忍者》サーチする事もできる。

―その他のモンスター
 《渋い忍者》リバースした時にモンスター効果の発動を行うが、上級モンスターである。
 即ち、アドバンスセットを行う必要があり、リリースの確保が課題となる。
 基本的なリリースの確保方法は【アドバンス召喚】を参照すると良い。

魔法・罠カードについて
 主に《渋い忍者》召喚補助や再利用を目的としたカードを採用すると良い。

《忍法 変化の術》

 《忍法 変化の術》によって、強力な獣族鳥獣族昆虫族リクルートする。
 主軸となる《忍法 変化の術》サーチ手段が乏しい為3枚積みが望ましい。
 事故率軽減のためにも、手札でも腐りにくいモンスターを採用したい。
 基本的には機甲忍者を採用する場合はレベル8、それ以外の忍者を採用する場合はレベル7までのモンスターを考えると良い。
 また《渋い忍者》を採用してレベル9の獣族鳥獣族昆虫族特殊召喚を狙ってみても面白い。

忍者の選択
 全体的にカードパワーが低いが、《忍法 変化の術》コストと割り切ってしまえばなかなか良い効果を持っている忍者もいる。
 逆にいえばコストと割り切らざるを得ないという事でもあり、基本的には属性面を重視した採用となる。

変化するモンスターの選択

《忍法 超変化の術》

 《忍法 超変化の術》によって、ドラゴン族恐竜族海竜族リクルートする。
 《忍法 変化の術》とは異なり、リクルートの際は相手モンスターレベルも参照する事になる為、出せるモンスターレベルは安定しない。
 その為、手札事故を引き起こしやすいものは控え、手札からでも活用できるものや、忍者エクシーズ召喚が狙えるレベルモンスターを中心に採用したい。
 忍者唯一のドラゴン族である《白竜の忍者》を中心とするのも良いだろう。

超変化するモンスターの候補

《忍法 変化の術》《忍法 超変化の術》忍者レベル

このデッキの弱点

 《渋い忍者》軸の場合、《渋い忍者》リバースする前に除去されるとかなり厳しくなる。
 《抹殺の使徒》等の裏側表示のまま除去するカードには注意し、即座にリバースできる様な手段や《渋い忍者》を守るためのカードを用意しておきたい。

 《忍法 変化の術》《忍法 超変化の術》を軸とする場合、永続罠であることから魔法・罠除去に弱い。
 《白竜の忍者》を使用する場合は魔法・罠除去を気にする必要はないが、それ以外の場合は対策手段を講じておきたい。

 また、《渋い忍者》にしても《忍法 変化の術》《忍法 超変化の術》にしても、サーチ手段に乏しい。
 数少ないサーチ手段である《忍者マスター HANZO》召喚特殊召喚無効にされない様にしたい。  

代表的なカード

関連リンク

広告