カード名が記されたカード

 『○○のカード名が記された』のルール

 「○○のカード名が記された」とは、カードテキストに特定のカード名が記されたカードを指す。
 また、融合S素材に特定のカード名が記載されているカードや、カードテキストの中で効果として扱わない部分に特定のカード名が記されているカードも『カード名が記された』カードとして扱う。

 (ザ・ヴァリュアブル・ブックEX2より引用)


概要

 「カードテキストに特定のカード名が含まれているカード」のこと。
 OCGには「○○のカード名が記されたカードを手札加える」などの形で、特定のカードサポートカード効果の範囲として指定するカードが存在する。

《マジシャンズ・ロッド/Magician's Rod》
効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1600/守 100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、
自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札に加える。
《黒魔術の継承/Dark Magic Inheritance》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地から魔法カード2枚を除外して発動できる。
「黒魔術の継承」以外の、「ブラック・マジシャン」のカード名または
「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
《古代の機械素体/Ancient Gear Frame》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1600/守 500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
「古代の機械巨人」1体または「古代の機械巨人」のカード名が記された
魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
(2):このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
手札から「古代の機械巨人」「古代の機械巨人−アルティメット・パウンド」を
合計3体まで召喚条件を無視して特殊召喚する。

 例えば「《ブラック・マジシャン》のカード名が記されたカード」という指定であれば、カードテキスト欄に《ブラック・マジシャン》というカード名が含まれているカード、すなわち《千本ナイフ》《永遠の魂》などが該当する。
 《ブラック・マジシャン》自身はテキスト欄に《ブラック・マジシャン》と記載されていないため、「《ブラック・マジシャン》のカード名が記されたカード」には含まれない。
 ただ、《古代の機械素体》のように指定された名前のカードそのものが効果範囲に含まれるようなテキストになっている場合も多い。
 また、《黒魔術の継承》のように複数のカード名を指定している場合もある。

テキストに記載された特定のカード名を参照するカード

※「○○記されたカード」を指定するカードについてはテキストに記されているカードを参照。
※「○○のカード名が記されたカード」そのものの一覧は各カードのページの「関連カード」の項目もしくはサポートカードを参照。

―「○○のカード名記されたカード」を指定するカード
 (《ティマイオスの眼》は厳密には異なるが、実質的にはこれに近いので記載)

参照される側のカード名(○○の部分に該当)参照を指定するカード指定された参照をしているカード一覧があるページ
《E・HERO ネオス》《E・HERO ブレイヴ・ネオス》「E・HERO ネオス」のカード名が記された魔法・罠カード
《クィーンズ・ナイト》
《キングス・ナイト》
《ジャックス・ナイト》
《ロイヤル・ストレート》「クィーンズ・ナイト」「ジャックス・ナイト」「キングス・ナイト」のカード名が全て記されたモンスター
《ジョーカーズ・ワイルド》「クィーンズ・ナイト」「ジャックス・ナイト」「キングス・ナイト」のカード名が全て記された魔法カード
《青眼の白龍》《クロニクル・ソーサレス》「青眼の白龍」のカード名が記されたカード
《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの独裁者−》
《ビンゴマシーンGO!GO!》「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード
《真の光》「青眼の白龍」のカード名が記された魔法・罠カード
《ブラック・マジシャン》《クロニクル・ソーサレス》「ブラック・マジシャン」のカード名が記されたカード
《イリュージョン・オブ・カオス》「ブラック・マジシャン」のカード名が記されたモンスター
《マジシャンズ・ロッド》「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード
《合体竜ティマイオス》
《黒の魔導陣》
《魂のしもべ》「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード
《黒魔術の継承》「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記された魔法・罠カード
《竜騎士ガイア》《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》「竜騎士ガイア」のカード名が記された魔法・罠カード
《魔道騎竜カース・オブ・ドラゴン》
《アルバスの落胤》《鉄獣鳥 メルクーリエ》「アルバスの落胤」のカード名が記されたモンスター
《烙印の気炎》
《失烙印》
《烙印の剣》
《クリボー》《クリビー》「クリボー」のカード名が記された魔法・罠カード
《古代の機械巨人》《古代の機械素体》「古代の機械巨人」のカード名が記された魔法・罠カード
《サイバー・ドラゴン》《アーマード・サイバーン》「サイバー・ドラゴン」を素材とする融合モンスター
《サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー》「サイバー・ドラゴン」が記されている融合モンスター
《神炎皇ウリア》
《降雷皇ハモン》
《幻魔皇ラビエル》
《暗黒の招来神》「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかのカード名が記されたカード
《七精の解門》「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかのカード名が記されたモンスター
《人造人間−サイコ・ショッカー》《魔鏡導士サイコ・バウンダー》「人造人間−サイコ・ショッカー」のカード名が記された魔法・罠カード
《宇宙の法則》「人造人間−サイコ・ショッカー」のカード名が記されたモンスター
《聖光の夢魔鏡》
《闇黒の夢魔鏡》
《夢魔鏡の夢語らい》「聖光の夢魔鏡」のカード名が記されたモンスター
「闇黒の夢魔鏡」のカード名が記されたモンスター
《ハーピィ・レディ三姉妹》《ハーピィ・オラクル》「ハーピィ・レディ三姉妹」のカード名が記された魔法・罠カード
《ハーピィ・パフューマー》
《ブラック・マジシャン・ガール》《黒魔術の継承》「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記された魔法・罠カード
《魂のしもべ》「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード
《ラーの翼神竜》《ガーディアン・スライム》「ラーの翼神竜」のカード名が記された魔法・罠カード
《ワイト》《ワイトベイキング》「ワイトベイキング」以外の「ワイト」のカード名が記されたモンスター
《XYZ−ドラゴン・キャノン》《X・Y・Zハイパーキャノン》「XYZ−ドラゴン・キャノン」またはそのカード名が融合素材として記されている融合モンスター
《Dragoon D−END》
D−HEROモンスター
《ブレイク・ザ・デステニー》「Dragoon D−END」のカード名または「D−HERO」モンスターのカード名が記された魔法・罠カード
《青眼の究極竜》《ビンゴマシーンGO!GO!》「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード
《スターダスト・ドラゴン》《スターダスト・シンクロン》「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カード
《シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン》「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記されたシンクロモンスター
《光来する奇跡》
《スターダスト・イルミネイト》
《セイヴァー・アブソープション》
《セイヴァー・ミラージュ》
《ブラックフェザー・ドラゴン》《BF−幻耀のスズリ》「ブラックフェザー・ドラゴン」のカード名が記されたカード
《ブラック・ローズ・ドラゴン》《ロクスローズ・ドラゴン》「ブラック・ローズ・ドラゴン」のカード名が記されたカード
《薫り貴き薔薇の芽吹き》「ブラック・ローズ・ドラゴン」のカード名が記されたモンスター
《海》《潜海奇襲II》「海」のカード名が記されたモンスター
《魚群探知機》
《暗岩の海竜神》
《化石融合−フォッシル・フュージョン》《風化戦士》「化石融合−フォッシル・フュージョン」のカード名が記されたカード
《フリント・クラッガー》
《新生代化石マシン スカルバギー》「化石融合−フォッシル・フュージョン」のカード名が記されたモンスター
《コアキメイルの鋼核》《コアキメイル・サプライヤー》「コアキメイルの鋼核」のカード名が記されたカード
《シュトロームベルクの金の城》《シュトロームベルクの金の城》「シュトロームベルクの金の城」のカード名が記されたモンスター
《ダーク・フュージョン》《E−HERO アダスター・ゴールド》「ダーク・フュージョン」のカード名が記されたカード
《天空の聖域》《天空神騎士ロードパーシアス》「天空の聖域」のカード名が記されたカード
《代行者の近衛 ムーン》
《天空の歌声》
《マスターフレア・ヒュペリオン》「天空の聖域」のカード名が記されたモンスター
《天空の聖水》
《失われた聖域》「天空の聖域」のカード名が記された魔法・罠カード
《トゥーン・ワールド》《トゥーンのしおり》「トゥーン・ワールド」のカード名が記されたカード
ピュアリィ速攻魔法《ピュアリィ》「ピュアリィ」速攻魔法カードのカード名が記されたエクシーズモンスター
《現世と冥界の逆転》《宿神像ケルドウ》「現世と冥界の逆転」のカード名が記されたカード
《バスター・モード》《サイキック・リフレクター》「バスター・モード」のカード名が記されたカード
《バスター・リブート》
《バスター・スナイパー》「バスター・モード」のカード名が記されたモンスター
勇者トークン《遺跡の魔鉱戦士》「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスター
「勇者トークン」のトークン名が記された罠カード
《テセア聖霊器》「勇者トークン」のトークン名が記されたカード
「勇者トークン」のトークン名が記された魔法カード
「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスター
《運命の旅路》「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスター
《禁呪アラマティア》
《星空蝶》
《光の聖剣ダンネル》
《サンダー・ディスチャージ》「勇者トークン」のトークン名が記された装備魔法カード
《聖殿の水遣い》「勇者トークン」のトークン名が記されたフィールド魔法カード
《暗黒神殿ザララーム》
《迷い花の森》
《リザレクション・ブレス》
E・HEROモンスター《E・HERO スピリット・オブ・ネオス》「E・HERO」モンスターのカード名が記された魔法・罠カード
軍貫モンスター《赤しゃりの軍貫》「軍貫」モンスターのカード名が記されたエクシーズモンスター
ブラック・マジシャンモンスター《ティマイオスの眼》「ブラック・マジシャン」モンスターが融合素材として記されている融合モンスター

テキストに記されているカード

 ある効果が他のカード公開コストにすることで参照し、参照したカードに対して処理を行うカード
 処理の内容はサーチ特殊召喚が多い。

《レベルアップ!/Level Up!》
通常魔法
フィールド上に表側表示で存在する「LV」を持つ
モンスター1体を墓地へ送り発動する。
そのカードに記されているモンスターを、
召喚条件を無視して手札またはデッキから特殊召喚する。

 初出は《レベルアップ!》
 半年後に《遠心分離フィールド》が登場し、融合素材として指定されたカード名を参照する効果が度々登場するようになった。
 融合素材代用モンスターもこの記述方法に分類できるが、サーチ特殊召喚を行わないためこの分類に含めないという意見もある。

 特定カードを参照し、さらに別のカードを参照するという二重の手順になっている。
 多くの場合は、最初に参照するカードカテゴリモンスターの種類など幅広い対象を持つので、同系統のカードを複数採用したデッキで扱いやすい。

テキストに記されているカード」を参照するカード

カード名カードの種類テキストを参照するカード記されているカード備考
《コンタクト》通常魔法コクーンに記されているネオスペーシアン
《コクーン・リボーン》永続魔法
《コクーン・ヴェール》通常罠
《レベルアップ!》通常魔法LVモンスターに記されているモンスター
融合素材代用モンスター-融合モンスターに記されている融合素材
《E・HERO プリズマー》下級モンスター
《竜魔導の守護者》下級モンスター
《X・HERO ヘル・デバイサー》リンクモンスター
《おジャマ改造》通常魔法
《融合徴兵》通常魔法
《融合破棄》通常魔法
《融合派兵》通常魔法
《遠心分離フィールド》フィールド魔法
《コンタクト・アウト》速攻魔法
《融合準備》通常罠
《ヘルモスの爪》通常魔法融合モンスターに記されている種族
《クリティウスの牙》通常魔法融合モンスターに記されている罠カード
《シンクロ・オーバーテイク》通常魔法シンクロモンスターに記されているシンクロ素材
《超量要請アルファンコール》通常魔法超量機獣に記されている超量士
《エクソシスター・パークス》速攻魔法エクソシスターに記されているエクソシスター
《エクソシスター・バディス》通常罠
《夢魔鏡の逆徒−ネイロイ》下級モンスター夢魔鏡に記されている《聖光の夢魔鏡》または《闇黒の夢魔鏡》
《トランソニックバード》儀式モンスター儀式魔法に記されている儀式モンスター
《儀式の下準備》通常魔法

○○と記されている

 テキストに特定の用語が記されているカードを参照する記述方法。

《重起士道−ゴルドナイト/Geminize Lord Golknight》
デュアル・効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1500/守 500
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
効果テキストに「デュアルモンスター」と記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
●このカードは機械族になり、攻撃力が500アップする。

 現在は《重起士道−ゴルドナイト》のみ。
 「効果テキスト」という他にはない文言が用いられている。
 なお、(第10期時点のテキストでは)効果として扱わない部分のテキストにのみ「デュアルモンスター」と記されている《スーペルヴィス》サーチできる。

その他

上記で分類できないテキスト

《セイヴァー・スター・ドラゴン/Majestic Star Dragon》
シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3800/守3000
「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」+「スターダスト・ドラゴン」+チューナー以外のモンスター1体
相手が魔法・罠・効果モンスターの効果を発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし、
相手フィールド上のカードを全て破壊する。
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
その効果をエンドフェイズ時まで無効にできる。
また、この効果で無効にしたモンスターに記された効果を、
このターンこのカードの効果として1度だけ発動できる。
エンドフェイズ時、このカードをエクストラデッキに戻し、
自分の墓地の「スターダスト・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。

 《セイヴァー・スター・ドラゴン》相手モンスター効果を自身の効果として発動する効果を持つ。
 これも「記された効果」という形で他のカードテキストを参照するが、挙動としてはコピーに近い内容である。

関連リンク


広告