終末(しゅうまつ)騎士(きし)/Armageddon Knight》

効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1200
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に自分デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る任意誘発効果を持つ。

 その効果から闇属性モンスター限定の生きた《おろかな埋葬》と言える。
 《おろかな埋葬》は他の属性墓地へ送る事ができるのが利点だが、こちらは召喚権を使い闇属性モンスター限定ながらもディスアドバンテージなしで墓地へ送る事ができるのが利点。
 また、闇属性戦士族というサポートカードに恵まれたモンスターである点も見逃せない。
 《増援》によるサーチ《キラー・トマト》によるリクルート《戦士の生還》《ダーク・バースト》でのサルベージに対応し、《ダーク・アームド・ドラゴン》《闇の誘惑》などのコストにもなる。
 同じく闇属性戦士族墓地肥やし効果を持つ《ダーク・グレファー》と共に、【闇属性】墓地利用を大きくサポートする存在である。
 闇属性には墓地効果を発揮するカードや、墓地闇属性モンスターコストに利用するカードが多いため、《ジェネクス・ウンディーネ》等の類似モンスターと比べても使い道が非常に広い。

 【不死武士】【ファンカスノーレ】などでは必須カードとされる。
 自身が《増援》に対応することもあり、【D−HERO】とは相性が良く、《D−HERO ディアボリックガイ》《D−HERO ダッシュガイ》を効率よく墓地へ送るのに貢献する。
 【エクゾディア】であれば、サルベージを組み合わせて戦線維持しつつパーツを手札に補充する策も考えられる。

 レベル4であることから、《召喚僧サモンプリースト》リクルートすることで墓地を肥やしつつランクエクシーズモンスターに繋げられる。
 《ダイガスタ・エメラル》エクシーズ召喚すれば、モンスター効果墓地へ送った闇属性通常モンスター蘇生できる。
 これにより、《ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒竜》などを特殊召喚できる。
 また、《ラヴァルバル・チェイン》エクシーズ召喚すれば、合計2体、自身も合わせれば3体ものモンスター墓地へ送ることができる。
 各種儀式魔人墓地に送り儀式召喚に備えたり、《ダーク・アームド・ドラゴン》特殊召喚条件を瞬時に満たすこともできる。

 注意点として、モンスター効果任意効果なので、状況によってはタイミングを逃すことがある。
 また、このカード攻撃力はやや低く戦闘破壊されやすいが、フィールドに出した時点で仕事の大半は終えているので問題はない。

関連カード

―《終末の騎士》の姿が見られるカード

墓地へ送る事で効果を利用できる闇属性モンスター

墓地へ送られた

墓地に存在する

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《キラー・トマト》等の効果で、このカード特殊召喚された場合、ダメージステップ中ですが発動できますか?
A:はい、できます。(10/08/03)

広告