《クリストロン・エントリー/Crystron Entry》

通常罠
「クリストロン・エントリー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から「クリストロン」チューナーをそれぞれ1体ずつ選んで特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの
「クリストロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルと異なるレベルを持つ「クリストロン」モンスター1体を
デッキから墓地へ送る。
対象のモンスターのレベルは、墓地へ送ったモンスターのレベルと同じになる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した通常罠
 手札墓地からクリストロンチューナー特殊召喚する効果クリストロン墓地へ送りレベルを変更する効果を持つ。

 (1)の効果で対象となるのは、《水晶機巧−クオン》《水晶機巧−シトリィ》《水晶機巧−リオン》《水晶機巧−クオンダム》の4種類。
 この内シンクロチューナーである《水晶機巧−クオンダム》は、蘇生制限を満たした上で墓地からのみ特殊召喚可能。
 いずれも相手ターンに他のモンスター特殊召喚してシンクロ召喚を行う効果を持っているが、それぞれ参照とする場所が異なる。
 そのため、「《水晶機巧−クオン》《水晶機巧−シトリィ》」または「《水晶機巧−シトリィ》《水晶機巧−リオン》」の組み合わせで特殊召喚すれば、同じモンスターを使い回す事でディスアドバンテージや下準備の手間を軽減しつつ連続シンクロ召喚に繋げられる。

 ただし発動するために手札墓地の両方にクリストロンチューナーが必要なので発動できる機会が少々限られるのが難点。
 シンクロ召喚を行っていれば墓地には自然とチューナーが溜まるが、非チューナーに比べ種類数が少ないため手札に存在するかはやや運が絡む。
 こちらの効果を利用する場合は《水晶機巧−シストバーン》サーチ効果を上手く活用したい。
 発動が見込めない状況で手札に来た場合は(2)の効果目当てに《水晶機巧−サルファフナー》などの手札コストにして直接墓地へ送っても良いだろう。

 (2)の効果は実質、自分フィールドクリストロンレベルを1〜5のいずれかに変更する効果
 《水晶機巧−シトリィ》効果チェーンすれば蘇生のみを行って処理を終了する事もできるので、高打点モンスターを用意したい時にも役立つだろう。
 また、非チューナー下級クリストロン墓地から除外する事で発動する効果を持っているため、墓地肥やしとしても価値が高い。
 《超重剣聖ムサ−C》でのサルベージを経由して擬似サーチにするのも有効である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《クリストロン・エントリー》 通常罠 クリストロン

広告