《ゴーゴン・エッグ》

通常モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 300/守1300
ゴーゴンが産んだ卵。
大きな目に映ったものが産まれると言われている。

 BOOSTER4で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 その目に映ったものが産まれるらしいが、「神」と呼ばれる三幻神三邪神を見せると、どうなるのだろう。

 レベル3・悪魔族通常モンスターの中では《B・プラント》《転職の魔鏡》と並んで最も守備力が高く、唯一《デブリ・ドラゴン》に対応している。
 《魔界発現世行きデスガイド》《レスキューラビット》ランク3のエクシーズ召喚を狙うデッキ《デブリ・ドラゴン》を使用するならばこちらを採用したい。

  • 「ゴーゴン」とは、ギリシャ神話に登場する三姉妹の怪物の名である。
    「ゴルゴン、ゴルゴーン」とも呼ばれる。
    彼女らは、それぞれ「ステノー」「エウリュアレー」「メデューサ」という名を持っている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「凌牙vs璃緒(アビス)」戦にて璃緒(アビス)が使用した通常魔法《ゴルゴン・チャーム》のイラストに描かれている。
    複数描かれており、中には割れているものも確認できる。
    「凌牙vsベクター」戦においてベクターが使用した永続罠《ゴルゴニック・テンプテーション》のイラストにも描かれている。
    上記の《ゴルゴン・チャーム》と全く同じ構図である。
  • コナミのゲーム作品において―
    真DM2では、《孵化》を使うことにより実際に孵化できる。
    ただし、生まれるモンスターは目に映ったものではなく、ランダムなアンデット族闇属性モンスターである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ゴーゴン・エッグ》 通常モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻300 守1300

広告