ゲーム付属カード

 「遊戯王」を題材としたゲームに付属するカードの一覧。

 各ゲームでは、カード左下の8ケタの数字を入力する事でそのカードを入手できる。
 ただし、このパスワードシステムがないゲームや、左下に数字が記載されていないカードも存在する。

 ※ゲームのタイトルをクリックすると公式サイトへ移動します。

ゲームボーイ

遊戯王デュエルモンスターズ

 1998年12月16日発売 。
 OCGではないカードが封入されている。

遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記(Dark Duel Stories)

 1999年7月8日発売。
 1つのソフトに全10種のうち3枚が封入。
 カード毎にレアリティが設けられており、《究極完全態・グレート・モス》が最もレアリティが高い。

遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨(トライホーリーゴッドアドバント)

 2000年7月13日発売。
 《デュナミス・ヴァルキリア》は予約特典、《インセクト女王》は初回特典。
 1つのソフトにその他全8種のうち3枚が封入。
 《磁石の戦士α》《磁石の戦士β》パラレルレアは通常版にのみ存在する。
 このゲームの付属カードは、他の様々なカードイラストに使用されている。

  • ゲーム内で入手したパーツを2つ組み合わせてモンスターを作る「コンストラクション」というシステムがあり、その組み合わせの総数は9800種類にもなる。
    これにより、攻撃力2000の下級モンスターを低コストで大量投入することができる。
  • タイトルは「三聖戦神降臨」だが、三幻神はスタッフロールの後に出てくるだけで、実際にモンスターとして使用できなかった。

遊戯王デュエルモンスターズ4最強決闘者戦記(バトル オブ グレイト デュエリスト)

 2000年12月7日発売。
 「遊戯デッキ」、「海馬デッキ」、「城之内デッキ」の3バージョンが登場。
 《オシリスの天空竜》は遊戯デッキの、《オベリスクの巨神兵》は海馬デッキの、《ラーの翼神竜》は城之内デッキの初回特典。
 6種類のパラレルレアは通常版にのみ存在するが、流通量が極めて少なく希少である。
 それぞれ1つのソフトに全5種のうち3枚が封入。

ゲームボーイアドバンス

遊戯王デュエルモンスターズ5 エキスパート1

 2001年7月5日発売。
 1つのソフトに全5種のうち3枚が封入。
 初回版にはシークレットレア、通常版にはウルトラレアが封入とされているが、実際に出回ったソフトはほぼ全てが初回版であり、ウルトラレアは実在するのかどうか不明である。

遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2

 2001年12月20日発売。
 《デス・ヴォルストガルフ》は予約限定特典。
 初回版にはシークレットレア、通常版にはウルトラレアを封入。
 通常版はDM5よりは出回ったようだが、初回版の流通量の方が圧倒的に多くウルトラレアは希少である。

遊戯王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説(The Duelcity Legend)

 2002年7月4日発売。
 《F・G・D》は予約限定特典。
 初回版にはシークレットレア、通常版にはウルトラレアを封入。
 通常版はごく僅かながら市場に出ており、付属カードウルトラレアは大変希少である。

  • エキスパートシリーズとは異なり、DM4以前のルールに戻った。
    ただし、モンスター同士を重ね合わせて作る、独自の融合システムが廃止されている。
    数十種類のカードが新規収録されたが、カード総数はDM4と同じ900枚であり、DM4オリジナルカードを中心に同じ枚数分が未収録になっている。
    また新規収録分の数枚は既存カードイラスト違いなので、実質的なカード総数は900枚未満となっている。
    以下、未収録の既OCGカードとそれに代わって新規収録されたカードのリストになる。

遊戯王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神(Reshef of Destruction)

 2003年3月20日発売。
 《ブラック・マジシャンズ・ナイト》は予約限定特典。

  • 前作の続編にあたり、ルールも前作同様の非OCGルールを採用している。
    前作の難易度が簡単だった反動か、勝利した際の報酬とデッキキャパシティの増加量が激減・カードの価格が大幅に上昇し、とにかくデッキが強くならず、まともにデュエルできるようになるには凄まじいプレイ時間が必要である。
    遊戯王のゲームの中では「真デュエルモンスターズ」と並んでクリアが難しいと言われる。
    《究極竜騎士》《幻影の騎士−ミラージュ・ナイト−》等のアニメ出身カードが豊富に収録されているが、生け贄の数が多かったり、コストが重かったりでデッキに投入するのが難しく、宝の持ち腐れである。
    収録カードはDM7では900枚あったが、このゲームでは800枚まで減っており、アニメ出身カードを収録した都合上、DM7から収録されていないものが多い。
    以下、未収録のカードとそれに代わって新規収録または番号が置き換えられたカードのリストになる。
収録No.DM7DM8
013《タイホーン》《厳格な老魔術師》
103《転職の魔鏡》《邪剣男爵》
107《シャドウ・ファイター》《シャイン・アビス》
108《手招きする墓場》《首なし騎士》
110《東方の英雄》《精霊王ルクランバ》
112《命を食する者》《ケルドウ》
113《ダーク・グレイ》《兵隊アリ》
115《カオス・ウィザード》《鉄の騎士 ギア・フリード》
118《物陰の協力者》《XYZ−ドラゴン・キャノン》
119《地獄の裁判》《ヒューマノイド・スライム》
124《アイアン・ハート》《ワームドレイク》
132《13人目の埋葬者》《ヒューマノイド・ドレイク》
134《聖なる鎖》《リバイバルスライム》
137《なぞの手》《バスター・ブレイダー》
138《竜魂の石像》《ダーク・ネクロフィア》
149《ランプの魔人》《X−ヘッド・キャノン》
151《赤き剣のライムンドス》《ゴッド・オーガス》
158《マンイーター》《サイバーポッド》
162《悪魔の知恵》《光の追放者》
164《ゼミアの神》《デスグレムリン》
173《ダーク・プリズナー》《巨大ネズミ》
174《ハリケル》《センジュ・ゴッド》
175《魔天老》《UFOタートル》
181《ダークシェイド》《秒殺の暗殺者》
182《仮面道化》《カラテマン》
185《コピックス》《ダークゼブラ》
188《ファランクス》《ジャイアントウィルス》
190《レッド・エース》《素早いモモンガ》
193《タートル・タイガー》《最終戦争》
194《魔人 テラ》《大嵐》
196《アンモ・ナイト》《サイクロンレーザー》
197《ゾンビランプ》《ボアソルジャー》
204《マキャノン》《グリズリーマザー》
205《ドローバ》《ドラゴンフライ》
216《ドリアード》《ペンギン・ナイトメア》
222《ミッドナイト・デビル》《セレモニーベル》
226《デス・ストーカー》《ソニックバード》
227《ヒトデンチャク》《キラー・トマト》
232《魔人銃》《コトダマ》
233《暗黒魔神 ナイトメア》《スライム増殖炉》
236《冥界の番人》《パーフェクト機械王》
238《ヤシの木》《オシリスの天空竜》
240《デス・フット》《ラーの翼神竜》(バトルモード)
245《D・ナポレオン》《フライング・フィッシュ》
248《マスター・アン・エキスパート》《半魚獣・フィッシャービースト》
250《氷》《ドラゴンに乗るワイバーン》
253《エンジェル・魔女》《ロケット戦士》
254《未熟な悪魔》《シー・スネーク》
257《ストーン・アルマジラー》《伝説のフィッシャーマン》
259《古代魔導士》《サテライト・キャノン》
268《闇にしたがう者》《ブラッド・ヴォルス》
277《ゴーゴン・エッグ》《フレイムキラー》
279《キング・スモーク》《ビッグバンドラゴン》
280《王座の守護者》《バーニングソルジャー》
288《闇の芸術家》《炎の剣豪》
292《サイコ・カッパー》《精神寄生体》
295《B・プラント》《メカファルコン》
297《魔界の機械兵》《ラーの翼神竜》(スフィアモード)
399《異国の剣士》《磁石の戦士γ》
406《カッター・ロボ》《カイザー・シーホース》
412《ギガテック・ウルフ》《ラーの翼神竜》(フェニックスモード)
419《ギガント》《フライングマンティス》
430《水の魔導師》《超時空戦闘機ビック・バイパー》
434《美しき魔物使い》《バードマン》
435《ウォーター・ガール》《聖神アレス》
439《神魚》《仮面呪術師カースド・ギュラ》
445《海を守る戦士》《ジャイアント・レックス》
457《ストーン・ゴースト》《仮面魔獣マスクド・ヘルレイザー》
472《エア・イーター》《死霊伯爵》
499《青虫》《ボーンハイマー》
502《ドラゴヒューマン》《ペンギン魚雷》
504《魔界植物》《フレイムダンサー》
514《ブレイブ・シザー》《阿修羅》
517《サンド・ストーン》《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》
526《首狩り魔人》《地縛霊》
535《カマキラー》《マジック・ランプ》
539《デッド・シャーク》《アマゾネスの鎖使い》
543《舌魚》《雷電娘々》
550《ベヒゴン》《ラスオブタスク・マンモス》
555《レッド・ドラゴン》《クィーンズ・ナイト》
556《さまよえる亡者》《お注射天使リリー》
557《鋼鉄の巨神像》《ジャックス・ナイト》
563《屋根裏の物の怪》《キングス・ナイト》
565《黒き人食い鮫》《ギル・ガース》
568《恐竜人》《ブレイドナイト》
569《生き血をすするもの》《ゲルニア》
575《深き森の長老》《Y−ドラゴン・ヘッド》
578《レオ・ウィザード》《ブラック・マジシャンズ・ナイト》
590《くちばしヘビ》《Z−メタル・キャタピラー》
593《炎を食らう大亀》《XY−ドラゴン・キャノン》
596《大食いグール》《XZ−キャタピラー・キャノン》
597《ペイルビースト》《YZ−キャタピラー・ドラゴン》
600《ロックメイス》《エクゾディア・ネクロス》
601《テンダネス》《死者蘇生》
604《イビル・ラット》《地獄詩人ヘルポエマー》
605《リクイド・ビースト》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
606《ツインテール》《ニュードリュア》
607《グレード・ビル》《ダークジェロイド》
609《ブレードフライ》《墓掘りグール》
616《勇気の砂時計》《処刑人−マキュラ》
619《岩石の精霊》《バイサー・ショック》
623《泥に潜み棲むもの》《万力魔神バイサー・デス》
629《鎧ネズミ》《死霊操りしパペットマスター》
630《古代のトカゲ戦士》《アマゾネスの格闘戦士》
633《誕生の天使》《アマゾネスの剣士》
634《ナイト・リザード》《ヴァンパイア・ロード》
636《冠を戴く蒼き翼》《超魔導剣士−ブラック・パラディン》
640《アシッドクロウラー》《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》
643《ディスク・マジシャン》《八俣大蛇》
644《フレイム・ヴァイパー》《天界王 シナト》
645《ロイヤルガード》《黒炎の騎士−ブラック・フレア・ナイト−》
646《キラー・ブロッブ》《幻影の騎士−ミラージュ・ナイト−》
647《ひょうすべ》《バーサーク・デッド・ドラゴン》
649《響女》《コマンド・エンジェル》
671《ゼラの儀式》《聖獣セルケト》
673《ライオンの儀式》《ハーピィ・レディ・SB》
674《悪魔鏡の儀式》《雷ウナギ》
676《踊りによる誘発》《レジェンド・デビル》
677《ハンバーガーのレシピ》《ガジェット・ソルジャー》
679《ローの祈り》《女邪神ヌヴィア》
692《亀の誓い》《激流葬》
694《チャクラの復活》《メサイアの蟻地獄》
696《ジャベリンビートルの契約》《黒衣の大賢者》
697《ガルマソードの誓い》《F・G・D》
699《スカルライダーの復活》《平和の使者》
700《要塞クジラの誓い》《闇の訪れ》
772《デス・ソーサラー》《賢者ケイローン》
823《ダークファミリア》-
824《シャインエンジェル》-
826《スフィラスレディ》-

遊戯王デュエルモンスターズインターナショナル ワールドワイドエディション

 2003年4月17日発売。
 初回版にはシークレットレア、通常版にはウルトラレアを封入。
 通常版は比較的に多く出回っている。

遊戯王デュエルモンスターズ エキスパート3

 2004年2月5日発売

  • EXシリーズ3作目。
    新たなる支配者までのカードを歯抜け収録。
    この作品から全てのカードが収録されない「歯抜け収録」となった。
    キャラクターこそ登場するが、ストーリーやエンディング等のデュエル以外の要素が排除されている。

遊戯王デュエルモンスターズインターナショナル2

 2004年12月30日発売。

遊戯王デュエルモンスターズGX めざせデュエルキング!

 2005年10月13日発売。

遊戯王デュエルモンスターズ エキスパート2006

 2006年2月23日発売。

  • CMボイスは天上院吹雪役の声優(遊佐浩二)が担当している。
    GX時代のゲームでは、唯一の主人公以外の単独出演である。

ニンテンドーDS

遊戯王デュエルモンスターズ NIGHTMARE TROUBADOUR(ナイトメア トラバドール)

 2005年7月21日発売。
 コナミ ザ・ベスト版は2006年6月29日発売。
 ただし、こちらは同梱カードがない。

  • THE LOST MILLENNIUMまでを歯抜け収録、総数は1000枚以上。
    モンスターのグラフィックが表示されるのが見所。
    またOCGルールで使用できる三幻神が初めて収録された。
    ゲーム版で唯一、乃亜編の流れを汲んでいる。
  • パッケージ版のゲームとしては武藤遊戯が主人公である原作「遊☆戯☆王」及びアニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」のシリーズとして最後に発売されたゲーム作品。
    (ダウンロード専用ソフトとしては、後にアニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」の世界観を舞台にしたゲームとして、2016年に「遊戯王デュエルモンスターズ 最強カードバトル!」が配信されている)
    このソフトを最後に、毎回パッケージに描かれていた遊戯が姿を消している。

遊戯王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER(スピリット サモナー)

 2006年11月30日発売。
 コナミ ザ・ベスト版は2008年3月13日発売。
 同梱カードは通常版と同じものが付属された。

  • CYBERDARK IMPACTまでを歯抜け収録、総数は1400枚以上。
    Wi-Fi対戦可能。キャラメイク搭載。
    前作のNTのシステムを引き継ぎ、NTとの通信でしか入手できない特典も存在する。

遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP(ワールド チャンピオンシップ) 2007

 2007年3月15日発売。

  • 2007年世界大会公式ソフト。
    「エキスパート2006」の流れを汲むデュエル・シミュレーター的ゲーム。
    ただし収録枚数はSTRIKE OF NEOSまでの約1600枚と歯抜け収録。
    Wi-Fi対戦可、ランキング有、キャラメイク強化。
    前作のSSと通信可能、NT・SSと連動もあり。

遊戯王デュエルモンスターズGX Card ALMANAC(カード アルマナック)

 2007年8月9日発売。

  • STRIKE OF NEOSまでのカードを検索できるツールソフト。
    コンボ集や、電卓・サイコロコインターンカウント機能も搭載されているのでこれ1つでスムーズにデュエルが楽しめる。
    しかし、肝心のデータベース機能は極めて貧弱であり、このwikiを見ている人にはまず必要がない。
    例えば、「コンボ集」にはカード名だけが書かれており(効果すら書かれていない)、それらのカードをどう組み合わせればいいのかが全く書かれていない等、不親切な面が目立つ。

遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP(ワールド チャンピオンシップ) 2008

 2007年11月29日発売。

  • 「WCS2007」の続編であり、デュエルシミュレーターとしての色合いが強いが、シナリオモードも用意されている。
    無料でWifi対戦可能、日替わりのカード配信等もある。
    タッグデュエルも追加され、プレイヤー4人でタッグデュエル対戦も可能。
    GLADIATOR'S ASSAULTまで歯抜け収録、総数は約2000枚。
    当時の日本未発売カードが4種類登場。
    これらは後に全て日本語版が正式に登場した。
  • 公式ホームページに「友達と組んでCPUとタッグデュエルができる。」という情報があった。(現在は削除済み)
    実際にプレイヤーとタッグを組めるのは4人対戦のときのみである。
  • 世界大会予選は従来の事前応募ではなく、開催日に直接会場に行くことで必ず参加できる方式がとられていた。
  • 今回も現行の制限リストとは異なるスペシャルリストが配信された。
    その内容は、07/09/01のリストと遊戯王オンラインの2007年9月13日制限リストをベースに以下のカードが追加・変更されている。
    制限カードに名を連ねる三幻神は、このリスト配信から随分期間が経過した後、配信限定カードとして登場した。
    (※以下は、07/09/01から変化したカードのリスト。斜体制限緩和されたカード。)

遊戯王ファイブディーズ STARDUST ACCELERATOR(スターダスト アクセラレーター) - WORLD CHAMPIONSHIP(ワールド チャンピオンシップ) 2009

 2009年3月26日発売。

  • 2009年世界大会公式ソフト。
    アニメ5D'sがベースのオリジナルのストーリーモードがある。
    前作と同様、無料でWifi対戦、日替わりのカード配信等もある。
    CRIMSON CRISISまで歯抜け収録、総数は約2800枚。
    通常のデュエルだけでなく、アニメ5D'sで行われている「ライディングデュエル」も搭載。
    Sp(スピードスペル)」が登場し、既存の魔法カードも「Sp(スピードスペル)」となって登場する。
    過去のゲームとの相違点として、第4期からの実在のパックが登場、収録カードレアリティもほぼ同様となり、より現実的になった。
    だが、ゲーム序盤《聖なるバリア −ミラーフォース−》《激流葬》等の強力な制限カードが入手しづらく、ゲーム付属カード書籍付属カードの類も普通のパックから出ず、組みたいデッキが思うように組めない問題もある。
    対して、相手CPUは序盤からそれらを普通に使用してくる上、比較的完成度の高いテーマデッキを使うのでゲーム難易度が高いものになっている。
    容量や新たな召喚法の導入の影響か進行に時間がかかり、ポリゴンが簡略化された代わりにトリミング前のイラストが確認できる。
  • 昨年と同じく、世界大会予選は事前応募不要の自由参加制だった。

遊戯王ファイブディーズ WORLD CHAMPIONSHIP(ワールド チャンピオンシップ) 2010 - Reverse of Arcadia(リバース オブ アルカディア)

 2010年2月18日発売。

  • 2010年世界大会公式ソフト。
    前作同様、アニメ5D'sがベースのオリジナルのストーリーモードがある。
    ゲームオリジナルキャラとして沖田、リキッド、セリアが登場。このうちセリアは次作「2011」にも登場している。
    無料Wifi対戦や日替わりのカード配信も健在。
    「ライディングデュエル」も前作に引き続き登場、新たに《スピード・ワールド2》が登場。
    ABSOLUTE POWERFORCEまで歯抜け収録、総数は約3500枚。
    これまでのDS版作品と比べて、DUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!−等登場からあまり日の経ってないカードや、巨大戦艦等今までは未収録だったカードも多く収録されている。
    ストーリーモードの難易度は前作と比べて低めになっており、その他にも表示形式が分かりやすくなっている等細かい点が改善されている。
    また、新たに「デュエル計算機」機能を搭載しており、OCGデュエルする時に便利な電卓・サイコロコイン・タイマー機能を使うことができる。
  • 本作での世界大会予選は前作とは異なり、再び事前応募・抽選となった。
  • 今回も発売時にスペシャルリストが配信された。
    その内容は、09/09/01をベースに以下のカードを変更したもの。
    (※以下は、09/09/01から変化したカードのリスト。)

遊戯王ファイブディーズ WORLD CHAMPIONSHIP(ワールド チャンピオンシップ) 2011 - OVER THE NEXUS(オーバー・ザ・ネクサス)

 2011年2月24日発売。

  • 2011年世界大会公式ソフト。
    収録カードは、パックはSTORM OF RAGNAROK、DTはDUEL TERMINAL −オメガの裁き!!−まで歯抜け収録、総数約4200枚。
    アニメ5D'sがベースのオリジナルのストーリーモードがある。
    ゲームオリジナルキャラとしてクラーゾ、トオル、ミサキが登場。また、謎のD・ホイーラーの正体はブルーノではなくこのミサキとなっている。
    新たに「デッキ診断」や「次の一手ボタン」機能を搭載しており、デュエル中に迷った時にその状況でのオススメの一手を教えてくれる。
    「詰めデュエルエディタ」機能を初搭載。
    オリジナル「詰めデュエル」を作成・編集が可能に。
    Wi-Fi通信を使って世界中の人と問題を交換したり、ダウンロードで問題をもらったりすることができる。
    極端に長いデュエルは保存できないという制約があるものの、リプレイ保存機能も追加された。
    容量の問題によりポリゴンや戦闘時のイラストは削除されている。
  • 世界大会予選は実地で行っていた昨年までと異なりニンテンドーWi-fiコネクションの大会モードで3月19日から行われる予定だったが、3月11日に発生した東日本大震災の影響で一時延期され、4月29日から開催となった。
  • ライディングデュエルのフリー対戦が追加されたため前作に比べて登場デュエリストは大幅に増えた。
    反面、前作にあった対戦時の対戦相手の表情の変化、3D演出等、一部演出が削られ、トーナメントモードは削除されている。

ニンテンドー3DS

遊戯王ZEXAL 激突!デュエルカーニバル!

 2013年12月5日発売。
 ダウンロード版は2014年6月20日より配信(同梱カードはなし)。

プレイステーション

遊戯王真デュエルモンスターズ 封印されし記憶

 1999年12月9日発売。
 特製ポケットステーション&ストラップ同梱の限定版が同時発売。
 後に同梱カードなしのコナミ ザ・ベスト版やPSoneBooks版も発売された。
 1つのソフトに全5種のうち3枚が封入。

  • ルールはDM1をベースに、収録カードはDM2をベースにしている。
    戦闘シーンで登場するポリゴンで表現されたモンスターの立体像は、非常に革新的だった。
    当時、ほとんど謎に包まれていた闇人格の遊戯の記憶に関する物語が中心となっており、大きな話題を呼んだ。
    ただし、このストーリーはほぼ完全にオリジナルであり、原作とは異なっている。
    生け贄召喚モンスター効果の概念がなく、1ターンに1度しか手札を使えない等、デュエルシステム及びルールは、今より粗雑だった発売当時と比べても非常に大味で扱いにくい。
    終盤の敵は《青眼の究極竜》《ゲート・ガーディアン》をポンポン出してくる一方、こちらは強力モンスターはおろか魔法・罠カードもほとんど手に入らないため、遊戯王史上最もクリアが難しいゲームと言われる。
    ポケットステーションにテレビ等のリモコンの赤外線を照射することでランダムにカードが手に入る機能があり、これを駆使しなければまずクリアできない。

プレイステーション2

遊戯王真デュエルモンスターズII 継承されし記憶

 2001年9月6日発売。
 1つのソフトに全5種のうち3枚が封入。
 ウルトラレアは通常版のみ。

  • OCGとは違うゲームシステムが採用されている。
    フィールドがチェスのようになっておリ、マスを移動しながら戦闘等を行う。
    マスに関係する効果等、OCGとは異なる効果になっているカードも存在する。
    また悪魔族《森》でパワーダウンする等、ゲームシステム以外にもOCGとの差異が見られる。

遊戯王カプセルモンスターコロシアム

 2004年7月29日発売。

  • OCGではなく、原作に登場した「カプセルモンスターチェス」に近いゲームである。
    海外で「カプセルモンスター編」が放送されたのを受けてか、登場キャラのボイスは全部英語である。
    だがその分ロード時間が非常に長く、稀にフリーズするバグがある。
  • このゲームや「遊戯王フォルスバウンドキングダム」等、OCGと関係ないゲームにはやたらと初期のモンスターが多く登場する。
    WORLD CHAMPIONSHIPシリーズでも同様の理由で古いモンスターほどCGで表現されていることが多く、新しいモンスターほどカードイラストの取り込みで済まされている事が多い。

遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE EVOLUTION(タッグフォース エヴォリューション)

 2007年12月6日発売。

  • PS2で初のOCG新エキスパートルール対応ソフト。
    基本的にはTF1の移植だが、収録カードがTF2と同じ枚数の2889枚となった。
    しかし移植前からの劣化が目立ち、評価は芳しくない。
  • ボイス演出等が全削除されている。
  • TF2からの追加分のカードは、ほぼ全カードが収録されたパック「チェッカー・フラッグ」を購入することでしか手に入らない。
  • 制限リストがTF1発売当時のものであるため、追加分のカードに含まれる強力カードが使い放題という崩壊したゲームバランス。
  • TF1から2で改善された点が改善されていない。
  • このゲームに関する情報が誌面やホームページでほとんど公開されておらず、そのせいで買うまで上記の欠点がわからない。

プレイステーション・ポータブル

遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE(タッグフォース)

 2006年9月14日発売。

  • シリーズ初のタッグデュエルとフルボイスを実装。
  • 収録カードPOWER OF THE DUELISTまでであり、2448枚が収録されている。
    アニメオリジナルカードが20枚収録されている。
  • 登場するアニメのキャラはセブンスターズ編の最後までであり、カミューラや影丸までが登場している。

遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE(タッグフォース)2

 2007年9月27日発売。

  • 4人で通信対戦が可能となり、ミニゲームもいくつか初登場。
  • 収録カードTACTICAL EVOLUTIONまでであり、2889枚が収録されている。
  • 登場するアニメのキャラはユベル編の序盤までであり、ヨハンやコブラまでが登場している。

遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE(タッグフォース)3

 2008年11月27日発売。

  • ゲーム作品としては初のマスタールール対応ソフトであり、「遊戯王デュエルモンスターズGX」としては最後のゲームソフト。
  • 収録カードCROSSROADS OF CHAOSまでであり、総収録数は3501枚である。
  • 登場するアニメのキャラはダークネス編の終盤までであり、ミスターTや藤原までが登場している。

遊戯王ファイブディーズ TAG FORCE(タッグフォース)4

 2009年9月17日発売。

  • 舞台をアニメ5D'sに移したシリーズ4作目。
  • 収録カードSTARDUST OVERDRIVEまで、総収録数は4063枚である。
    オリジナルカードとして、ダークチューナーおよびダークシンクロモンスターが収録されている。
  • 登場するアニメのキャラはダークシグナー編の序盤までであり、クロウやダークシグナーまでが登場している。
    また前作までのVJ編集部はUC・DAが登場していたが5D'sに移った事で今作からは5C'sのメンバーが登場している。

遊戯王ファイブディーズ TAG FORCE(タッグフォース)5

 2010年9月16日発売。

  • 前作に引き続きアニメ5D'sを舞台にしたシリーズ5作目。
  • 収録カードSTARSTRIKE BLASTまでであり、4727枚が収録されている。
    シリーズで初めて《ツンドラの大蠍》だけが禁止カードのゲームオリジナル制限が配信されている。
  • 登場するアニメのキャラはイリアステル編の序盤までであり、イリアステルの三皇帝やシェリー・ルブランまでが登場している。

遊戯王ファイブディーズ TAG FORCE(タッグフォース)6

 2011年9月22日発売。
 ダウンロード版は2013年6月25日より配信(同梱カードはなし)、2017年3月31日に配信終了。

  • 前作に引き続きアニメ5D'sを舞台にしたシリーズ6作目であり、ゲーム作品としては初のマスタールール2対応ソフトでエクシーズ召喚のシステムも採用されている。
  • 収録カードPHOTON SHOCKWAVEまでであり、5311枚が収録されている。
    今作でも《ツンドラの大蠍》だけが禁止カードのゲームオリジナル制限が配信されている。
  • 登場するアニメのキャラはアーククレイドル編の終盤までであり、Z-ONEやアポリアまでが登場し、ダークシグナーとなったボマー等の別バージョンも含めて、総勢42人が登場している。

Wii

遊戯王5D's Wheelie Breakers(ウィーリーブレイカーズ)

 2009年3月26日発売。

  • OCGのゲームではなく、レースゲームである。
    手札からカード使用する構成はOCGと同様だが、カード使用するコストとしてスピードカウンターを消費し、スピードカウンターを消費すると車体の速度が下がり、ライフポイントが0になると、車体が一定時間停止する。
  • CMやナレーションは、5D's劇中でデュエルの実況を務めるMC(cv:ベルナール・アッカ)が担当している。

遊戯王5D's Duel Transer(デュエルトランサー)

 2011年4月21日発売。

  • Wiiで初のOCGルール対応ゲームであり、据え置き機ではPS2のTAG FORCE EVOLUTION以来のゲームとなる。
  • 収録カードSTARSTRIKE BLASTまで、禁止・制限カード2010年3月1日である。
    適用されている禁止・制限カードが1年以上も前であり、STARSTRIKE BLASTも半年前のパックであり、歪な環境になっている上に、プレイヤーOCGの最新カードを使用できない。
    この環境差異は、海外で2010年11月に発売しているためだろう。
  • 登場するアニメのキャラはイリアステル編の中盤までであり、イリアステルの三皇帝やチーム・ユニコーンのメンバーまでが登場している。
    また、ゲームオリジナルキャラとして、トランサー・スルト・オーディンが登場している。
  • ストーリーは、ラグナロクと呼ばれる孤島で開催されたデュエル・オブ・レジェンドカップが舞台となるオリジナルの物語である。
    本編のダークシグナー編の設定を引き継いでおり、遊星たちはダークシグナーの情報を掴むべく、この大会に参加している。
  • デュエルスキャナーという機器が付属されており、実際のOCGカードを読み込み、ゲーム内で使用できるようになる。
    スキャナーであるため、ゲームに収録されているカードであれば、GOLD SERIES 2012等の以降に再録されたカードも読み込むことができる。
    デュエルスキャナーでカードを読み込むことでそのカードを入手できる他、特定のカードを読み込ませることで開く扉もあり、ストーリー上でも重要な機器になっている。

その他のリンク

広告