《サブテラーマリスの潜伏(せんぷく)/Subterror Behemoth Burrowing》

通常罠
(1):自分の墓地から「サブテラー」モンスター1体を除外して発動できる。
ターン終了時まで、自分フィールドの裏側表示モンスターは効果では破壊されず、
相手の効果の対象にならない。
(2):フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える。
(3):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

 EXTRA PACK 2017で登場した通常罠
 墓地サブテラーコスト裏側守備表示モンスター破壊対象への耐性を与える効果破壊された場合にサブテラーサーチする効果墓地の自身をコストサブテラー裏側守備表示にする効果を持つ。

 (1)の効果自分裏側守備表示モンスターへの耐性付与。
 一応裏側守備表示であれば全て適用範囲内だが、コストと他2種の効果を考えれば自ずとサブテラーマリスを守るために使う事になる。
 サブテラーマリス裏側守備表示除去されると効果を発揮出来ないという弱点を抱えていたため、これをカバー出来るのは非常に頼もしい。
 墓地コストには《サブテラーマリス・ジブラタール》手札交換効果や、リクルート効果を使用した《サブテラーの射手》等を利用したい。
 ただしあくまで裏側守備表示モンスターしか守れないため、リバースした瞬間を効果無効除去で狙われる可能性がある点には注意。

 (2)はフィールド破壊された場合に発動するサーチ効果
 フィールドであれば状態は問わないので、相手除去チェーンして発動すれば耐性付与とサーチを同時に行える。
 能動的にサーチ効果を使用したい場合は《サブテラーマリス・アクエドリア》効果で自ら破壊しても良い。

 (3)の効果自分サブテラーモンスター限定の《月の書》
 サブテラーモンスターの内メインデッキサブテラーマリスは全てサイクル・リバースモンスターのため、この効果が必要になる場面は少ない。
 裏側守備表示になる効果無効にされた場合や回数制限に引っかかった場合の保険として使う事になる。
 墓地公開情報のため相手攻撃された表側表示サブテラーマリス発動するといった戦術は取り辛いが、牽制としては十分だろう。

  • 英語名の「Burrow」は主に小動物の掘った巣穴を指す。
    穴を掘りそこに隠れる事で外敵(=除去)から身を守るというイメージだろう。

関連カード

―イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サブテラーマリスの潜伏》 通常罠 サブテラー

広告