《ハンディキャップマッチ!/Double Tag Team》

通常罠
自分が「剣闘獣」と名のついたモンスターの特殊召喚に成功した時に発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「剣闘獣」と名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

 PHANTOM DARKNESSで登場した通常罠
 レベル4以下の剣闘獣1体を手札デッキから特殊召喚する効果を持つ。

 下級モンスター限定ではあるが、剣闘獣リクルートしてボード・アドバンテージを稼げる。
 特に融合モンスター《剣闘獣ガイザレス》《剣闘獣ヘラクレイノス》特殊召喚を狙う上では、指定素材である《剣闘獣ベストロウリィ》《剣闘獣ラクエル》リクルート可能な点は有用性が高い。

 また、トリガーは「剣闘獣特殊召喚に成功した時」なので、剣闘獣が持つ共通効果以外でも構わない。
 剣闘獣融合モンスター特殊召喚《スレイブタイガー》、各種汎用的な特殊召喚カードでも発動する事もできる。

 剣闘獣1体をデッキから呼びこむという点に置いては、《剣闘訓練所》とは相互互換といえる立ち位置にある。
 あちらは通常魔法かつ発動条件が無い事からドローしてすぐ発動できるのが強みであり、特に初動の安定性を高めるという点では大きく遅れを取る。
 こちらは直接ボード・アドバンテージを得やすいのが利点であり、上手く回転させて《剣闘獣ガイザレス》の複数回特殊召喚が行えれば、大幅なアドバンテージが稼げる。
 これらの違いを踏まえた上でよく吟味して採用バランスを検討したい。

  • 「ハンディキャップ」とは、競技において実力差のある者同士が同等に勝負できるよう特設したルールのことで、「ハンデ」と呼ばれる事が多い。
    このカードの効果相手に無理矢理ハンディキャップを背負わせてしまう効果である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ハンディキャップマッチ!》 通常罠

広告