ドロー/Draw

 自分デッキの一番上カードを引いて手札加える事を指します。
 ドローフェイズで行うドロー以外にも、カードの効果によってドローをする場合があります。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)


  • 引き分けの事を、「ドロー」ということもある。
    両者およびジャッジの合意の上でその試合を引き分けとする行為は「インテンショナル・ドロー」と呼ばれる。
    遊戯王OCGには規定がないが、これが許可されているカードゲームでは、お互いに既に大会の予選通過が確定した場合の予選最終ラウンドや他者の結果によって団体戦の勝敗が確定した場合に行われる事がある。
  • 原作・アニメにおいて―
    登場人物は基本的に非常に引きが良く、絶好のタイミングでキーカードをドローする事が多い。
    またデュエルをスムーズに進行するために、異常に強力なドローカードや、相手プレイヤーにドローさせるデメリット付きのカードが多数登場している。
    OCG化の際、こうしたカードは規制にかかるか、効果が大幅に変更される場合がほとんどである。
  • ドローフェイズ自分ターンになるという事を示すからか、戦闘と並びアニメ内では重要視されており、作画や声優の演技にも気合を入れられることが多い。
    例としては、アニメZEXALII(セカンド)の「ナッシュvsIV(フォー)」戦にて、IVの最終ターンのドローの際に光の軌跡でIVと刻まれる演出がなされている。
  • 狙ったカードをドローできる事が、ある種のステータスとして描かれている場面も多い。
    アニメDMの「遊戯vsアテム」戦では、イシズから「アテムは自分の欲すカードを自在に引き当てる事ができる」と説明された。
    また漫画版GXでも「十代のドローは最強」とされており、特に最終戦「十代&万丈目vsMr.マッケンジー(トラゴエディア)」戦では、《マアト》効果と千年アイテムの力で、逆転に必要なカードを宣言しつつ6連続ドローしている。
    漫画版5D'sではサイコデュエリストであるアキが、デッキトップのカードがわかる「予見する引き札(フォレッセ・ドロー)」を使用している。
    アニメZEXALシリーズでは任意のカードをドロー(または創造)する「シャイニングドロー」「ダークドロー」「バリアンズ・カオス・ドロー」が存在し、「シャイニング・ドロー」の口上ではこの能力を「最強デュエリスト」に必要なものだとしている。
  • 引きの良さは訓練によって鍛えられるらしく、アニメGX、ZEXAL、ARC-Vではドローの特訓を行う、または行わせるシーンが見られる。
    また、アニメGXの大山の様に滝に打たれながら練習したり、アニメZEXALのアリトとギラグの様に肉体に負荷をかけた状態でドローの素振りをする描写もある。
    Vジャンプweb内の「ガガガ学園放送部」「【幻獣機】紹介」の回ではこれらをネタにしたアイカワの発言(滝に打たれてドローの修行を行っていた)に対して「そのうちシャイニングドローを使いだす危険性あり」と字幕でツッコミが入れられた。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では、海馬が《オベリスクの巨神兵》を何と地面からドローしている(詳細はあちらのページを参照)。
    このシーンは非常に印象的であり、スタッフや公式サイドからも「地面からドロー」と例えられた他、海馬役の津田氏は見どころとして挙げている。

カードの効果でドローを行うカード

自分

相手

お互い

―条件に当てはまるプレイヤー

関連カード

通常のドローの代わりに別の処理を行うカードに関しては、通常のドローを参照。

関連リンク

広告