黄血鬼(おうけつき)/Yellow-Bellied Oni》

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1000/守1000
自分がエクシーズ召喚に成功した時、
このカードを手札から特殊召喚できる。
また、1ターンに1度、
自分フィールド上のエクシーズ素材を1つ取り除き、
フィールド上のエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターのランクを1つ下げ、攻撃力は300ポイントダウンする。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 エクシーズ召喚に成功した時に手札から自身を特殊召喚する誘発効果と、自分エクシーズ素材コストエクシーズモンスター1体のランク攻撃力を下げる起動効果を持つ。

 2つの効果が噛み合っており、エクシーズ召喚に成功した時に特殊召喚して、2つ目の効果エクシーズモンスター弱体化させる事ができる。
 しかし、貴重なエクシーズ素材コストにする割に、対象が狭く数値も微弱なので、消費にあった効果とは言えない。
 また、ランクを下げる希少な効果だが、相手RUMの妨害や自分RUMの調整が可能になる程度のメリットしかない。
 そもそも、レベルの関係でランク4中心のデッキでの採用になるため、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》《鳥銃士カステル》で直接対処した方が手っ取り早い。

 このように単体で見れば非常に扱いにくいのだが、ランクエクシーズ召喚を軸とする【希望皇ホープ】《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》を採用するのであれば、併用を検討できる。
 《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》エクシーズ召喚時に自身の効果特殊召喚してエクシーズ素材となっている希望皇ホープを無理やり墓地へ送り蘇生効果へ繋げる事が可能。
 弱体化も、最悪自分《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》対象にする事になるが、圧倒的な攻撃力を持つため、大した問題にならない。
 似た役割果たすカードには《蒼血鬼》《鬼神の連撃》等が挙げられるが、このカードの場合は墓地の状況に左右されず、いざという時にはこのカード自身をエクシーズ素材に回せるため、手札事故のリスクが低い利点がある。
 ただし、その分見返りも少ないため、連続エクシーズ召喚も視野に入れて、柔軟な立ち回りを意識しておきたい。

  • 英語名の「Yellow-Bellied」は、直訳すれば「黄色い腹の」という意味だが、口語的表現で「臆病な」「腰抜けの」といった意味も持つ。
    《Blue-Blooded Oni》と比べあんまりな言われようである。

関連カード

―他のモンスター召喚特殊召喚)に成功した時に自身を手札から特殊召喚できるモンスター《エーリアン・ドッグ》を参照

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:特殊召喚誘発効果ランク変動は起動効果です。(13/07/31)

Q:ランク1のエクシーズモンスター対象発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/07/20)

Q:攻撃力300未満のエクシーズモンスター対象発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/07/20)


Tag: 《黄血鬼》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 アンデット族 攻1000 守1000

広告