【ジェネクス】

デッキの概要

 DUEL TERMINALで登場したジェネクスと名のついたカード群で構成されるビートダウンデッキ
 非常に多くのモンスターが存在するカテゴリであり、どのジェネクスを主軸にするかで戦術も全く違ってくる。
 チューナーが多数存在するためアタッカーフィニッシャーにはシンクロモンスターを用いることが多い。

 また、ジェネクスにはサーチリクルート効果をもったモンスターが多く存在し、これらを駆使して適当なジェネクスを呼び込むのが基本となる。
 通常のビートダウンとは違い、地味にアドバンテージを広げていくのがこのデッキのもう一つのコンセプトともいえる。

《ジェネクス・コントローラー/Genex Controller》
チューナー(通常モンスター)
星3/闇属性/機械族/攻1400/守1200
仲間達と心を通わせる事ができる、数少ないジェネクスのひとり。
様々なエレメントの力をコントロールできるぞ。

デッキ構築に際して

 ジェネクス属性種族が統一されておらず、属性種族専用のサポートカードによる恩恵を受けることが難しい。
 だが、ジェネクス同士では抜群のシナジーを持つため、デッキによって使用するジェネクスモンスターで選んでいくのが良い。
 また、ジェネクス単体による展開力は低いため、それをサポートするカードデッキに採用することも考えられる。

モンスターカードについて

ジェネクスモンスター
下記以外にも様々なジェネクスが存在しているので、各種ページを参考にデッキのバランスを考えながら必要なものを採用したい。

―その他のモンスター
 ジェネクスに不足していた展開力や打点に加え、シンクロ素材にも活用できるモンスターを中心に採用していきたい。

魔法・罠カードについて

 デッキタイプによって必要なカードは大きく変わるが、基本的にはジェネクスの展開をサポートするものを採用したい。
 なお、《ジェネクス・コントローラー》《ジェネクス・ウンディーネ》だけを使うような構築は、下記のサンプルレシピ等を参照。

デッキの種類

レアル・ジェネクス】軸

 《レアル・ジェネクス・マグナ》《レアル・ジェネクス・クラッシャー》《レアル・ジェネクス・ターボ》《ジェネクス・パワー・プランナー》の4体で【ガジェット】ように運用するデッキタイプ。
 しかし、レベルが分散しているためガジェットのようにエクシーズ召喚に利用しにくく、全体的に攻撃力も低いので柔軟性にも乏しい。

 一応、ループが止まってしまうが他のジェネクスサーチでき、その中にはチューナーも存在する。
 そこで召喚権確保のために《二重召喚》《レアル・ジェネクス・アクセラレーター》を活用し、シンクロ召喚をサポートすると良い。
 もしくはシンクロ召喚に拘らず、別途フィニッシャーを採用してハンド・アドバンテージの維持に努めるのも有効だろう。

A・ジェネクス】軸

 属性が縛られている分強力な効果を持つ「A・ジェネクス」を生かすデッキ

 属性を変更できる《DNA移植手術》《幻惑の巻物》《A・ジェネクス・ケミストリ》必須カードとなる。
 《DNA移植手術》は一度発動してしまうと属性の変更ができない。
 そこで《霞の谷のファルコン》《霞の谷の雷神鬼》等を採用し、《DNA移植手術》を回収して属性変更をキャンセル&属性の再指定を行うと良いだろう。
 《幻惑の巻物》《A・ジェネクス・ケミストリ》は特定のモンスターのみの属性を変更でき、《DNA移植手術》に比べ直接手札から発動できる点で勝っている。
 しかし、そのままではディスアドバンテージとなってしまうため相手切り札などに対して使用したい。

 属性を自由に変更できることを利用し、相手属性を利用した融合召喚シンクロ召喚を封じつつ、自分ターンでは上記の再利用カードを用いて自分に有利な属性に変更する、などといったトリッキーな戦い方も可能。
 相手の思惑を外す際に宣言する属性に困ったら、現段階でサポートカードが存在しない神属性宣言するのが良いだろう。

 またA・ジェネクスが全て闇属性機械族である事を利用し《機甲部隊の最前線》を採用するのも面白い。
 《機甲部隊の最前線》墓地での属性を参照するため《DNA移植手術》等で邪魔されず安心して採用できる。
 この場合は《可変機獣 ガンナードラゴン》を採用すると容易に全てのA・ジェネクスリクルートできる。

デッキの派生

【ジェネクス帝】

 《黄泉ガエル》墓地へ送ることが可能な《ジェネクス・ウンディーネ》を用いた【帝コントロール】の一種。
 《邪帝ガイウス》を用いての《レアル・ジェネクス・クロキシアン》シンクロ召喚も可能。
 《A・ジェネクス・バードマン》モンスターとの相性も良く、《トラゴエディア》リリース要員かつシンクロ召喚サポートとして活躍できる。

【魚ジェネクス】

 《ジェネクス・ウンディーネ》効果《超古深海王シーラカンス》墓地に落として《ジェネクス・コントローラー》サーチ
 そしてサーチした《ジェネクス・コントローラー》《戦線復活の代償》コストに使うという手法の【魚族】デッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【海皇ジェネクス】

 《ジェネクス・ウンディーネ》と相性の良い海皇を用いたデッキ
 海皇コストにしつつアドバンテージ差を広げ、《海皇の咆哮》につなげる。
 詳しくは当該ページを参照。

【ジェネクス金華】

 《ジェネクス・ウンディーネ》効果により《金華猫》蘇生対象となるモンスター、特に《ウォーター・スピリット》《黄泉ガエル》墓地に送るもの。
 《強制転移》等で相手モンスターコントロールを得ることが中心となる。
 詳しくは当該ページを参照。

【ジェネクスZero】

 《ジェネクス・ウンディーネ》効果により有用な水属性モンスター水属性E・HERO墓地へ送ることで、強力な融合モンスターである《E・HERO アブソルートZero》融合召喚を容易にしたもの。
 手札《ミラクル・フュージョン》《ジェネクス・ウンディーネ》が存在しているだけでアドバンテージを損なわずに《E・HERO アブソルートZero》呼べるため相手よりも優位に立ちやすい。
 《ジェネクス・コントローラー》によるシンクロ召喚も狙えるため総じて柔軟な動きのできるデッキである。

【魔法使い族】

 魔法使い族サポートカードを使い、《ジェネクス・ブラスト》《レアル・ジェネクス・コーディネイター》等の魔法使い族ジェネクス効果を最大限に生かせる様にしたもの。
 《ジェネクス・ブラスト》《レアル・ジェネクス・コーディネイター》はどちらも特殊召喚によって効果発動するため《マジカル・コンダクター》《マジシャンズ・サークル》との相性が良い。
 ただし《ディメンション・マジック》も採用圏内ではあるが、破壊効果を使用した場合はどちらもタイミングを逃すため注意が必要。
 また機械族ではあるが同じジェネクスである《A・ジェネクス・バードマン》汎用性の高い魔法使い族である《魔導戦士 ブレイカー》《カオス・ソーサラー》《召喚僧サモンプリースト》を使い回せるため有用である。

【セルフ・バウンス】

 《ジェネクス・パワー・プランナー》等の召喚時にアドバンテージを得る事ができるジェネクスを、【セルフ・バウンス】のギミックを用いて、使い回すもの。
 元々ジェネクスには《A・ジェネクス・バードマン》が存在しているため、組み込み易い。
 詳しくは当該ページを参照。

融合召喚】型

 サーチによってハンド・アドバンテージを稼ぎつつ、融合召喚に繋げる【レアル・ジェネクス】軸の派生。

 【起爆獣ヴァルカノン】での融合ルートの1つとして《レアル・ジェネクス・マグナ》《レアル・ジェネクス・クラッシャー》が組み合わせられる。
 《レアル・ジェネクス・マグナ》《レアル・ジェネクス・クラッシャー》サーチできるため融合しやすい。

 また、属性が炎・地・風・光と分散しているため、E・HEROと組み合わせることで属性融合モンスター融合召喚できる。
 E・HEROにも《E・HERO エアーマン》《E・HERO ブレイズマン》といったサーチャーが存在するため、より手札の消耗を抑えやすい。
 同様に《マスク・チェンジ・セカンド》との併用でM・HERO融合召喚でき、手札コストサーチしたジェネクスで賄える。
 チューナージェネクスサーチした場合は、闇属性《E・HERO エスクリダオ》《M・HERO ダーク・ロウ》も選択可能となる。
 いずれもフィニッシャーに足るステータス効果を持つため、専用デッキとして構築するのも選択肢の1つである。

 その他、同名の機械族ジェネクス2体で融合できる《ペアサイクロイド》が存在する。
 このカード《ジェネクス・コントローラー》2体で《始祖竜ワイアーム》と使い分けることが可能である。
 ただし、《ジェネクス・コントローラー》自体はレアル・ジェネクスによるサーチには対応していない点に注意。

このデッキの弱点

 《ジェネクス・コントローラー》を中心にデッキを構築するため、それを封じられると苦戦をしいられる。
 また、シンクロ召喚を軸とするため《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《虚無魔人》等の特殊召喚封じにも弱い。
 特にサーチシンクロ召喚を鍵としているため、《ライオウ》攻撃力も高く天敵である。
 また《エンペラー・オーダー》サーチを止められてしまうのも痛手となる。
 更に《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》も天敵。
 ジェネクスにはそれ以外の種族も存在しているが、主力となるカードのほとんどが機械族になるため、相当の痛手を負うことになるだろう。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告