【ジャンクドッペル】

デッキの概要

 《ジャンク・シンクロン》と相性の良い《ドッペル・ウォリアー》の両者を主軸としたシンクロ召喚に特化したデッキ
 応用力の高さと柔軟な状況対応力を併せ持っていることが評価され、2011年世界大会では出場デッキ中最高の使用率を誇った。

《ジャンク・シンクロン/Junk Synchron》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1300/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
《ドッペル・ウォリアー/Doppelwarrior》
効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):自分の墓地のモンスターが特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 このデッキは以下の3種類のギミックが存在する。
 まずは、どのタイプにも採用されるカードと戦術について記述する。

モンスターカードについて

デッキの根幹となるモンスター

レベルチューナー

―その他のチューナー

墓地を肥やすモンスター

特殊召喚モンスター

シンクロチューナー

シンクロモンスター

―相性の良いモンスター

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

 モンスター効果が多岐に渡るため、軸となるカードサポートカードを優先したい。

サーチリクルートカード

シンクロ召喚補助

―その他のカード

戦術

基本的な動き

 フィールド手札などの状況によって動き方を変えることは重要だが、以下のパターンが基本コンボとなる。

手札《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》墓地レベルチューナーが揃っている

  1. 《ジャンク・シンクロン》通常召喚し、レベルチューナー蘇生
  2. 《ドッペル・ウォリアー》を自身の効果により特殊召喚
  3. 《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》により《TG ハイパー・ライブラリアン》シンクロ召喚ドッペル・トークンを生成
  4. ドッペル・トークンレベルチューナーにより《フォーミュラ・シンクロン》シンクロ召喚

 まず、《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》ハンド・アドバンテージ2を消費している。
 その後《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》ドッペル・トークンボード・アドバンテージ3を得ている。
 更に、《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》効果ハンド・アドバンテージ2を得る。
 最終的にハンド・アドバンテージ±0・ボード・アドバンテージ+3となる。
 この後、このアドバンテージをどう利用するかが重要である。

《アクセル・シンクロン》を利用した動き

 レベル変更効果を持つシンクロチューナー《アクセル・シンクロン》を展開に絡めることで、シンクロ召喚に幅を持たせることができる。
 多くの場合《ジェット・シンクロン》墓地へ送ることが最優先だが、状況によってはレベル変更を優先する場合もある。

 基本コンボと比べると、ドッペル・トークンフィールドに残らず、《ジェット・シンクロン》《アクセル・シンクロン》墓地へ送っている
 手札からレベル4非チューナー特殊召喚できる状態であれば、《ジェット・シンクロン》と合わせて《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚に繋ぐ事ができる。

 特にレベルシンクロン墓地へ送ることで、レベル《氷結界の龍 トリシューラ》シンクロ召喚する事が可能となる。
 《アクセル・シンクロン》効果により相手ターンでもシンクロ召喚が可能であるため、先攻1ターン目からも有効な戦術である。
 《氷結界の龍 トリシューラ》効果タイミングを逃すため除去チェーンすることは厳しいが、特に全体除去に対しては《魔王龍 ベエルゼ》を出す選択肢も存在する。

デッキの種類

【デブリジャンクドッペル】

 《ジャンク・シンクロン》と同様に墓地モンスター蘇生できる《デブリ・ドラゴン》を採用したもの。
 前述の《ジャンク・シンクロン》と同ギミックにより、フィールド《デブリ・ドラゴン》《ドッペル・ウォリアー》蘇生モンスターの3体を並べる事ができる。

《デブリ・ドラゴン/Debris Dragon》
チューナー(効果モンスター)
星4/風属性/ドラゴン族/攻1000/守2000
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の攻撃力500以下のモンスター1体を選択して
表側攻撃表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
ドラゴン族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できず、
他のシンクロ素材モンスターはレベル4以外のモンスターでなければならない。

 《デブリ・ドラゴン》蘇生可能な《ローンファイア・ブロッサム》《ダンディライオン》《カードガンナー》レベル3であるため、そのまま《氷結界の龍 トリシューラ》シンクロ召喚が可能である。
 なお、《デブリ・ドラゴン》《ドッペル・ウォリアー》レベルの合計が6であるため、《C・ドラゴン》《オリエント・ドラゴン》の採用が検討できる。

【クイックジャンクドッペル】

 《ジャンク・シンクロン》《調律》を共有でき、手札から特殊召喚可能な《クイック・シンクロン》を採用し、速攻性を上げたもの。

《クイック・シンクロン/Quickdraw Synchron》
チューナー・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻 700/守1400
このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。
このカードをS素材とする場合、
「シンクロン」チューナーを素材とするSモンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードは手札のモンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。

 レベルチューナー墓地へ送りつつ《クイック・シンクロン》特殊召喚することで、【ジャンクドッペル】のコンボの下準備が可能である。
 さらに、自身がチューナーであるため、残っているドッペル・トークンを処理しつつ《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》《ドリル・ウォリアー》を展開できる。
 墓地《レベル・スティーラー》が存在するならば、《ドリル・ウォリアー》レベルを1下げることで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚が可能となる。
 《レベル・スティーラー》が無くとも《ドリル・ウォリアー》除外することで、《ドリル・ウォリアー》を次のターンへ残しつつ、相手ターンでの《フォーミュラ・シンクロン》による《ブラック・ローズ・ドラゴン》の布陣を作ることができる。

 一方で、《クイック・シンクロン》にはシンクロ召喚先の縛りが存在するため、エクストラデッキを圧迫し易い。
 《ドリル・ウォリアー》《ロード・ウォリアー》を優先しつつ、他のカードと枠を相談していきたい。

【白黒ジャンクドッペル】

 《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》を採用することで、シンクロ召喚を連続で行い易くしたもの。
 【カオスジャンクドッベル】・【ジャンクドラゴン】と呼ばれることもある。
 【デブリジャンクドッペル】・【クイックジャンクドッペル】と異なり、サーチのし難い《ドッペル・ウォリアー》を補う事ができる。
 それぞれのコストの関係上、《貪欲な壺》などの墓地アドバンテージを利用したカードは採用せず、闇属性モンスター光属性モンスターチューナーの展開を補助するカードを採用する。

《輝白竜 ワイバースター/White Dragon Wyverburster》
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える。 
《暗黒竜 コラプサーペント/Black Dragon Collapserpent》
特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

 基本的な動きにおける《ドッペル・ウォリアー》の代わりに《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》を用いることで、同様の動きが可能となる。
 爆発力や最終的なアドバンテージの面では僅かながら劣るものの、利点も多く存在する。

 また、《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》)のレベルの合計が9であるため、《氷結界の龍 トリシューラ》にも繋げ易い。
 さらに、《アンノウン・シンクロン》《ジェット・シンクロン》などレベルチューナー特殊召喚できる状況において、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚可能となる。

  1. 《アクセル・シンクロン》を絡めた基本的な動きを行い、フィールド《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》墓地《ジェット・シンクロン》を揃える
  2. 《ジェット・シンクロン》を自身の効果蘇生し、《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》)を特殊召喚
  3. 《ジェット・シンクロン》《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》)でレベルシンクロモンスターシンクロ召喚
  4. 《TG ハイパー・ライブラリアン》レベルシンクロモンスター《フォーミュラ・シンクロン》により《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚

デッキの派生

【ギアギアジャンクドッペル】

 【クイックジャンクドッペル】《ギアギガント X》を中心としたギアギアを混合し、爆発力を上げたもの。
 従来の基本的な動きに頼り切らず、デッキ構成パーツも少ないため、罠カードを多く採用した【メタビート】の様な構築を基本とする。

 《ギアギガント X》エクシーズ召喚には《レベル・スティーラー》によってレベルを下げた《クイック・シンクロン》《アームズ・エイド》を用いる。
 さらに《ギアギガント X》エクシーズ召喚し易くするために《ギアギアギア》の採用が考えられ、リクルート先には《ギアギアーノ Mk−II》を優先して採用したい。
 《ギアギアギア》エクシーズ召喚に繋げ易いだけでなく、《ジャンク・シンクロン》との相性も良い点も見逃せない。

 《ギアギガント X》サーチ先としては以下のカードが考えられる。

このデッキの弱点

除外

 墓地利用が前提となるため、無差別にカード除外する《次元の裂け目》《D.D.クロウ》《霊滅術師 カイクウ》などを利用されるとかなり厳しい。
 それらを除去したり、無効にする事が得策であるが、《D.D.クロウ》は非常に厄介である。
 その場合は《虚空海竜リヴァイエール》により除外される事を利用するなどして対処したい。

墓地利用封じ

 直接的に墓地利用を封じる《王家の眠る谷−ネクロバレー》も非常に厄介なカードである。
 《ライトロード・ハンター ライコウ》《ライトロード・マジシャン ライラ》などでしっかりと処理をしたい。

特殊召喚封じ

 シンクロ召喚を始めとし、特殊召喚を多用するため、特殊召喚を封じられると厳しい。
 考慮すべきカード《神の警告》《インヴェルズ・ローチ》《ヴェルズ・オピオン》など、多岐にわたるため十分に気をつけたい。
 《マクロコスモス》などの全体除外カード《大天使クリスティア》などの永続的特殊召喚封じ、《スキルドレイン》などを出されると、手札状況によってはどうしようもなくなることにも注意。
 《増殖するG》を使われた時は相手に大量のドローされてしまうので、そのまま展開を続けるべきか注意が必要。

全体除去

 《ジャンク・シンクロン》蘇生したチューナー《ドッペル・ウォリアー》フィールド上に揃った瞬間に《激流葬》等を発動されるとコンボパーツをまとめて失うので注意したい。

レベルモンスターへのメタ

 採用するメインデッキモンスターの殆どが低ステータスであるため、《魔のデッキ破壊ウイルス》をくらうと手札を根こそぎ破壊されかねない。
 《連鎖除外》で一気に除外されるのも辛く、《王虎ワンフー》フィールドにいる状態ではシンクロ召喚もままならない状況となる。

効果無効

 《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》共に召喚成功時発動する効果のため、《スキルドレイン》には無力である。
 さらに《ライトロード・ハンター ライコウ》《ライトロード・マジシャン ライラ》なども効果無効になってしまうため対処ができない。
 最悪の場合《サイクロン》《砂塵の大竜巻》などの対策がなければ、これ1枚でエンドカードとなりえる。

 特に多くのデッキで採用される《エフェクト・ヴェーラー》は相性が良い一方で天敵となる。
 《ジャンク・シンクロン》蘇生効果無効にされるだけで、シンクロ召喚不可能になり、無防備になる。
 なんらかの形でモンスターを展開し、シンクロ召喚に繋げなければ、コンボパーツを失った上、そのままライフを削り切られる危険もある。

歴史

STARSTRIKE BLASTSTORM OF RAGNAROKの登場

 STARSTRIKE BLAST《調律》《フォーミュラ・シンクロン》等の相性の良いカードが登場し、STORM OF RAGNAROKデッキの根幹となる《ドッペル・ウォリアー》が登場した。
 その後、《TG ハイパー・ライブラリアン》の登場により、デッキとして注目を集めた。

11/09/01

 デッキ回転役である《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》《ローンファイア・ブロッサム》《貪欲な壺》が全て制限カードとなり、大幅に弱体化した。
 さらに、派生先の【デブリジャンクドッペル】も《デブリ・ドラゴン》制限化によりさらなる弱体化となった。
 とはいえデッキのギミックが完全に失われた訳ではなく、以下の様なシンクロ召喚コンボも考案された。

  1. 《ローンファイア・ブロッサム》除外《スポーア》特殊召喚
  2. レベル4の《スポーア》ドッペル・トークンによりレベルシンクロモンスターシンクロ召喚
  3. 《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》・他のレベル5のシンクロモンスターにより《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚
  1. デッキトップ墓地へ送り《グローアップ・バルブ》特殊召喚
  2. 《グローアップ・バルブ》ドッペル・トークンにより《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》シンクロ召喚
  3. 《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》により《氷結界の龍 トリシューラ》シンクロ召喚

12/03/01

 優秀なレベルチューナーである《グローアップ・バルブ》《スポーア》、強力なシンクロモンスターである《氷結界の龍 トリシューラ》が全て禁止カードに指定された。
 当然のことながら、いくつかのコンボは消失し大幅な弱体化となった。

12/09/01

 《氷結界の龍 ブリューナク》禁止カードとなり、レベルシンクロモンスター自体の採用選択を迫られる状況に陥った。
 一方、禁止カードとなっていた《スポーア》制限復帰した。
 さらに、【デブリジャンクドッペル】では《デブリ・ドラゴン》準制限カードへと制限緩和された。
 また、12月に優秀なシンクロ素材となる《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》が登場したことにより、【白黒ジャンクドッペル】が考案された。

13/03/01

 万能サーチャーである《クリッター》禁止カードとなり、デッキの安定性が落ちた。
 さらに環境の変化により、よりアドバンテージを得やすいデッキや、より柔軟な戦術を取る事が可能なデッキが多数出現し、従来の構築で戦い抜くのは非常に厳しくなった。
 また《スポーア》制限解除されるも、そもそも複数枚採用される事が少なかったため、大きな影響はなかった。

 一方で、《霞鳥クラウソラス》を始めとした新規シンクロモンスターの登場等により、着実に新たな戦術を開拓している。
 2枚目以降の《おろかな埋葬》となる《竜の霊廟》が登場し、ライトロード等のランダムな墓地肥やしに頼らない、より確実な墓地肥やしが可能となった。

13/09/01

 《氷結界の龍 トリシューラ》制限復帰したことにより、シンクロ召喚の選択肢が増え、戦術の幅が広がった。
 特に多くのエクシーズモンスターをはじめとした、その他のシンクロモンスターでは突破し難い、対象をとる(指定する)効果破壊に対して耐性を持つモンスターを突破し易くなったのは大きい。

14/02/01

 天敵とも言える《ヴェルズ・オピオン》制限カードとなり、【ヴェルズ】を相手にした場合の苦しさが多少軽減された。
 さらに《ローンファイア・ブロッサム》制限緩和により植物族モンスターを再び採用し易くなった。

 また初のレベル4でシンクロモンスターチューナーである《波動竜フォノン・ドラゴン》の登場、《神樹の守護獣−牙王》《ライトロード・アーク ミカエル》《魔王龍 ベエルゼ》などの有用なシンクロモンスターの登場によってシンクロ召喚の幅が格段に広がった。

14/07/01

 天敵の一つである《ヴェルズ・オピオン》準制限カードに緩和されてやや逆風となった。
 環境でもエクストラデッキから出てくるモンスターに強く、特殊召喚を封じてくる《エルシャドール・ミドラーシュ》を擁する【シャドール】が活躍しており、苦しい時期であった。

14/10/01

 上記の【シャドール】が規制されたことで多少改善されるかと思われたものの、直後にエクストラデッキメタ効果を持つ【影霊衣】が登場し依然として厳しい状態である。

 そんな中、2014年12月6日にて【シンクロン】をテーマとしたストラクチャーデッキ−シンクロン・エクストリーム−が発売。
 自己再生可能なレベルチューナー《ジェット・シンクロン》、新たなシンクロチューナー《アクセル・シンクロン》の登場でシンクロ召喚の幅が大きく広がった。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告