【ジャンクドッペル】

デッキの概要

 《ジャンク・シンクロン》と相性の良い《ドッペル・ウォリアー》の両者を主軸としたシンクロ召喚に特化したデッキ

  • 応用力の高さと柔軟な状況対応力の両立が評価され、2011年世界大会では出場デッキ中最高の使用率を誇った。
  • 新マスタールールに伴い、デッキコンセプトから見直しを迫られていた。
    現在では《水晶機巧−ハリファイバー》の登場によりコンセプトを踏襲しつつ新たな戦術を手に入れている。
    過去の構築や展開についてはバックアップを参照のこと。
《ジャンク・シンクロン/Junk Synchron》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1300/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
《ドッペル・ウォリアー/Doppelwarrior》
効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):自分の墓地のモンスターが特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する。
《水晶機巧−ハリファイバー》
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 このデッキには、コンボの中心となるカードの他に採用するカードによって、様々なタイプが存在する。
 基本となる《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》以外に採用する「出張セット」によって、【〇〇ジャンクドッペル】等と呼ぶ場合がある。

メインデッキモンスターカードについて

デッキの根幹となるモンスター

チューナー

―非チューナー

出張セット

エクストラデッキについて

シンクロモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

 モンスター効果が多岐に渡るため、軸となるカードサポートカードを優先したい。

サーチリクルートカード

シンクロ召喚補助

―その他のカード

戦術

基本的な動き

  1. 《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》により《アクセル・シンクロン》シンクロ召喚ドッペル・トークン2体を生成
  2. 《ジェット・シンクロン》コスト《アクセル・シンクロン》効果発動し、《アクセル・シンクロン》レベルを4に
  3. 《アクセル・シンクロン》ドッペル・トークンにより《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚チューナーリクルート
  4. チューナードッペル・トークンによりシンクロモンスターシンクロ召喚
  5. 手札1枚を捨て、《ジェット・シンクロン》自己再生
  6. 《ジェット・シンクロン》《水晶機巧−ハリファイバー》により《サモン・ソーサレス》リンク召喚
  7. 《サモン・ソーサレス》効果によりシンクロモンスターを対象とし、対応するモンスターリクルート

その他の動き

  1. 《ジェット・シンクロン》通常召喚
  2. 《おろかな埋葬》《ダンディライオン》墓地へ送り綿毛トークン2体生成
  3. 《ジェット・シンクロン》綿毛トークンにより《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚レベルチューナーリクルート
  4. レベルチューナー綿毛トークンによりレベルシンクロモンスター《サモン・ソーサレス》リンク先となるようシンクロ召喚
  5. 手札1枚を捨て、《ジェット・シンクロン》自己再生
  6. 《ジェット・シンクロン》《水晶機巧−ハリファイバー》により《サモン・ソーサレス》リンク召喚
  7. 《サモン・ソーサレス》効果によりレベルシンクロモンスターを対象とし、対応するモンスターリクルート

展開例

 基本的な動きではリクルートするチューナーシンクロ召喚するシンクロモンスターを変更することが可能である。
 

  1. 相手ターン中、《水晶機巧−ハリファイバー》によりレベルシンクロチューナーシンクロ召喚
  2. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  3. レベルシンクロチューナー効果によりレベルシンクロチューナー《TG ハイパー・ライブラリアン》レベルシンクロモンスターレベル12シンクロモンスターシンクロ召喚
  1. スチーム・トークンコストに、《BF−隠れ蓑のスチーム》自己再生
  2. 《BF−隠れ蓑のスチーム》《A BF−雨隠れのサヨ》により《A BF−五月雨のソハヤ》シンクロ召喚スチーム・トークン1体を生成
  3. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  4. 《A BF−五月雨のソハヤ》効果《A BF−雨隠れのサヨ》蘇生
  5. チューナーとなった《A BF−五月雨のソハヤ》《TG ハイパー・ライブラリアン》《A BF−雨隠れのサヨ》レベル12シンクロモンスターシンクロ召喚
  1. 《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》により《TG ハイパー・ライブラリアン》シンクロ召喚ドッペル・トークン2体を生成
  2. 手札1枚を捨て、《ジェット・シンクロン》自己再生
  3. 《ジェット・シンクロン》ドッペル・トークンにより《天輪の双星道士》シンクロ召喚《ドッペル・ウォリアー》蘇生
  4. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  5. 《天輪の双星道士》ドッペル・トークンにより《武力の軍奏》シンクロ召喚《ジャンク・シンクロン》蘇生
  6. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  7. 《武力の軍奏》《ドッペル・ウォリアー》により《アクセル・シンクロン》シンクロ召喚ドッペル・トークン2体を生成
  8. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  9. 《クイック・シンクロン》コスト《アクセル・シンクロン》効果発動し、《アクセル・シンクロン》レベルを1に
  10. 《アクセル・シンクロン》ドッペル・トークンにより《A BF−雨隠れのサヨ》シンクロ召喚
  11. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  12. 《ジャンク・シンクロン》《A BF−雨隠れのサヨ》により《A BF−五月雨のソハヤ》シンクロ召喚《A BF−雨隠れのサヨ》蘇生
  13. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  14. チューナーとなった《A BF−五月雨のソハヤ》《TG ハイパー・ライブラリアン》《A BF−雨隠れのサヨ》レベル12シンクロモンスターシンクロ召喚
  1. 《グローアップ・バルブ》自己再生
  2. 《BF−隠れ蓑のスチーム》《A BF−雨隠れのサヨ》により《TG ハイパー・ライブラリアン》シンクロ召喚スチーム・トークン1体生成
  3. 《グローアップ・バルブ》スチーム・トークンにより《天輪の双星道士》シンクロ召喚
  4. 《天輪の双星道士》効果《A BF−雨隠れのサヨ》蘇生
  5. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  6. 《天輪の双星道士》コストに、《BF−隠れ蓑のスチーム》自己再生
  7. 《BF−隠れ蓑のスチーム》《A BF−雨隠れのサヨ》により《A BF−五月雨のソハヤ》シンクロ召喚
  8. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  9. 《A BF−五月雨のソハヤ》効果《A BF−雨隠れのサヨ》蘇生
  10. チューナーとなった《A BF−五月雨のソハヤ》《TG ハイパー・ライブラリアン》《A BF−雨隠れのサヨ》レベル12シンクロモンスターシンクロ召喚

デッキの種類

【白黒ジャンクドッペル】

 《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》を採用することで、シンクロ召喚を連続で行い易くしたもの。
 【カオスジャンクドッベル】・【ジャンクドラゴン】と呼ばれることもある。
 それぞれのコストの関係上、《貪欲な壺》などの墓地アドバンテージを利用したカードは採用せず、闇属性モンスター光属性モンスターチューナーの展開を補助するカードを採用する。

《輝白竜 ワイバースター/White Dragon Wyverburster》
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える。 
《暗黒竜 コラプサーペント/Black Dragon Collapserpent》
特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

 基本的な動きにおける《ドッペル・ウォリアー》の代わりに《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》を用いることで、同様の動きが可能となる。
 爆発力や最終的なアドバンテージの面では僅かながら劣るものの、利点も多く存在する。

  • 白黒展開例
  1. 《ドラコネット》召喚し、《ギャラクシーサーペント》リクルート
  2. 《ドラコネット》《ギャラクシーサーペント》により《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚《グローアップ・バルブ》リクルート
  3. 《ドラコネット》コストに、《輝白竜 ワイバースター》特殊召喚
  4. 《グローアップ・バルブ》《輝白竜 ワイバースター》により《TG ハイパー・ライブラリアン》シンクロ召喚《暗黒竜 コラプサーペント》サーチ
  5. 《輝白竜 ワイバースター》コストに、《暗黒竜 コラプサーペント》特殊召喚
  6. 《グローアップ・バルブ》自己再生
  7. 《グローアップ・バルブ》《暗黒竜 コラプサーペント》によりレベルシンクロモンスターシンクロ召喚《輝白竜 ワイバースター》サーチ
  8. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  9. 相手ターン中、《水晶機巧−ハリファイバー》により《フォーミュラ・シンクロン》シンクロ召喚
  10. 《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》効果で2枚ドロー
  11. 《フォーミュラ・シンクロン》《TG ハイパー・ライブラリアン》レベルシンクロモンスターレベル12シンクロモンスターシンクロ召喚

デッキの派生

【竜星ジャンクドッペル】

 高い展開能力を持つ、《源竜星−ボウテンコウ》を採用することで、大きなアドバンテージを稼ぐことに特化したデッキ

《源竜星−ボウテンコウ/Denglong, First of the Yang Zing》
シンクロ・チューナー・効果モンスター(制限カード)
星5/光属性/幻竜族/攻   0/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星−ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

 《源竜星−ボウテンコウ》からのサーチ先としては《竜星の輝跡》が筆頭となる。
 これにより展開後の再利用や手札の補充が容易に行える。

 また竜星を絡め、幅広い展開が可能となる。

条件:フィールド《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》デッキ《光竜星−リフン》《水竜星−ビシキ》レベルチューナー《竜星の輝跡》
結果:フィールドレベル12シンクロモンスタードッペル・トークン、5枚ドロー

  1. 《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》により《源竜星−ボウテンコウ》シンクロ召喚ドッペル・トークン2体を生成、《竜星の輝跡》サーチ
  2. 《源竜星−ボウテンコウ》効果により《水竜星−ビシキ》墓地へ送る
  3. 《源竜星−ボウテンコウ》ドッペル・トークンにより《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚
  4. 《源竜星−ボウテンコウ》により《光竜星−リフン》《水晶機巧−ハリファイバー》によりレベルチューナーリクルート
  5. 《光竜星−リフン》ドッペル・トークンにより《天輪の双星道士》シンクロ召喚
  6. 《天輪の双星道士》効果により《ドッペル・ウォリアー》《水竜星−ビシキ》蘇生
  7. レベルチューナー《ドッペル・ウォリアー》により《TG ハイパー・ライブラリアン》シンクロ召喚ドッペル・トークン2体を生成
  8. 《天輪の双星道士》ドッペル・トークン《水竜星−ビシキ》によりレベルシンクロモンスターシンクロ召喚
  9. 《TG ハイパー・ライブラリアン》効果で1枚ドロー
  10. 《竜星の輝跡》発動し、《源竜星−ボウテンコウ》《光竜星−リフン》《水竜星−ビシキ》デッキに戻して2枚ドロー
  11. 相手ターン中、《水晶機巧−ハリファイバー》により《フォーミュラ・シンクロン》シンクロ召喚
  12. 《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》効果で2枚ドロー
  13. 《フォーミュラ・シンクロン》《TG ハイパー・ライブラリアン》レベルシンクロモンスターレベル12シンクロモンスターシンクロ召喚

【音響ジャンクドッペル】

 リクルート効果を持ち、ペンデュラムモンスターである《音響戦士ギータス》を採用したデッキ

《音響戦士ギータス/Symphonic Warrior Guitaar》
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1500/守 100
【Pスケール:青7/赤7】
「音響戦士ギータス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 音響戦士《水晶機巧−ハリファイバー》と同じ機械族であるため、《サモン・ソーサレス》へと繋ぎやすい。
 また《クイック・シンクロン》と同様に、手札1枚をコストチューナーを展開できるため、展開の下地を整えることができる。

 音響戦士チューナーリクルートする以外にも《音響戦士マイクス》リクルートすることで、召喚権を増やすことができる。
 そのため妨害への対応や展開の補助などに利用でき、また強固なフィールドを形成できる。

このデッキの弱点

歴史

第7期(2010年〜2012年)

第8期(2012年〜2014年)

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜)

 2017年3月25日施行の新マスタールールに伴い、エクストラモンスターゾーンが登場。
 これによりシンクロモンスターを並べて展開する従来のギミックは全て満足に使用できなくなり、デッキのコンセプトから見直すこととなった。

余談

  • このタイプのデッキには「ジャンド」と略されることがある。
    ジャンッペル】とデッキ名の一部を取ったためであるが、Magic: the Gatheringに存在する同名デッキのパロディによるこじつけを意図して含んだプレイヤーもいた。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告