【ラストバトル!】

デッキの概要

 《ラストバトル!》を使い、特殊勝利を狙うデッキ
 特殊勝利の成功率が非常に高い。

 ※06/03/01制限改訂《ラストバトル!》が禁止カードとなり、消滅している。

《ラストバトル!/Last Turn》
通常罠(禁止カード)
自分のライフポイントが1000以下の場合、相手ターンにのみ発動する事ができる。
発動後、自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
そのモンスター以外のお互いの手札・フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
その後、相手はデッキからモンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚し、
自分が選択したモンスターと戦闘を行う。
この戦闘によって発生するお互いのプレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズ時、
どちらかのプレイヤーのみがモンスターをコントロールしていた場合、
そのコントローラーはデュエルに勝利する。
それ以外の場合は引き分けになる。

デッキ構築

《ラストバトル!》発動のために

 効果発動のために、自分のライフを減らさなければならない。
 相手にあえて攻撃させるのも良いが、ライフコストを多量に払う方が早い。
 ライフの調整には、《光の護封壁》《検閲》(当時の裁定)・《デビル・フランケン》のいずれかを使用するのが一般的。

効果による確実な勝利を得るために

 フィールドに残すモンスターは、特殊召喚を封じるモンスターにしたい。
 これにより、相手《ラストバトル!》効果でもフィールドモンスター特殊召喚できなくなる。
 つまり、それだけで特殊勝利が確定するのだ。
 該当するモンスターは、特殊召喚を参照。

 この内、扱いやすいのは《昇霊術師 ジョウゲン》《異星の最終戦士》だろう。
 《昇霊術師 ジョウゲン》《シャインエンジェル》《異星の最終戦士》《デビル・フランケン》でそれぞれ特殊召喚できる。

サイドデッキの構成

 《デビル・フランケン》を利用して、【デビル・フランケン】に派生する事が多い。
 また、ライフを減らす事を目的とする【自爆スイッチ】も類似性が高く、移行しやすい。

このデッキの弱点

 追加のバトルフェイズ後、即座にエンドフェイズに移行する訳ではない。
 《ラストバトル!》発動前の相手フィールドサーチャーが存在すると、サーチしたモンスターを出され、負けたり引き分けとなる恐れがある。
 これらのモンスターがいる時は、通常召喚後やエンドフェイズ発動する必要がある。

代表的なカード

関連リンク

広告