効果の発動/Activation of Card's effect

 ●魔法・罠カードはそのカードフィールド表側で出して発動した時以外に、墓地フィールドチェーンブロックをつくって効果を発動することがある。
 これを効果の発動と呼ぶ。
 ●モンスター起動効果誘発効果誘発即時効果チェーンブロックを作って効果の発動を行う。
 ●魔法・罠の効果の発動は『カードの発動無効にする。』効果では無効にできない。
 (パーフェクトルールブック2017 より引用)



チェーンブロックを作ってモンスター魔法・罠の効果を発動すること。
モンスターの効果の発動と魔法・罠の効果の発動では、異なる部分が多いため、ここでは主に魔法・罠の効果の発動について取り扱う。
モンスターの効果の発動については、モンスター効果の発動のページを参照。

手札から魔法&罠ゾーンに表向きで魔法カードを置く、またはセットされている魔法・罠カードを裏から表にして発動する「カードの発動」とは区別する必要があるが、必ずしも対立する概念ではないという点に注意が必要である。
カードの発動のページにもある通り、カード発動した場合、必ず効果の発動も行われる。
「効果の発動は、カードの発動を伴う効果の発動と、カードの発動を伴わない効果の発動に分別される。」と考えると分かりやすいだろう。

このページでは主に、カードの発動を伴わない効果の発動について取り扱う。
カードの発動を伴う効果の発動については、カードの発動のページを参照。

 具体的には、以下のものが該当する。

  1. カードの発動効果処理完了後、永続カードとなって魔法&罠ゾーン及びフィールドゾーン表側表示で残り、その状態から効果発動する魔法・罠カード
    例:《生還の宝札》《スパークガン》《虹の古代都市−レインボー・ルイン》《D−チェーン》 《甲虫装機 ホーネット》(の破壊効果
  2. 墓地に存在する状態から効果発動する魔法・罠カード
    例:《マジックブラスト》《7》《神剣−フェニックスブレード》《歯車街》《スキル・サクセサー》
  3. 特定の条件やタイミングで効果発動する魔法・罠カード
    例:《王家の財宝》《「A」細胞培養装置》《死霊ゾーマ》《盗賊の極意》《アルケミー・サイクル》
  • 当然、効果の発動を伴わない(チェーンブロックを作らない)効果はこれには当たらない。
    そのような効果を効果の発動に対して効果の適用と呼ぶことがある。
    詳しくは効果の適用のページ参照。
    ただし、非公式用語であり、効果を発動した場合も効果の適用は行われるので、使用に関しては誤解されないように注意が必要である。
  • ルールFAQ 公式データベース内においては、「【効果の発動】」という表現で明言されている。

関連カード

特に記載がない場合、カードの発動の完了後、魔法&罠ゾーン及びフィールドゾーン表側表示で存在する状態から効果発動されるものとする。

効果の発動を行う通常魔法

効果の発動を行う永続魔法

 (起動効果誘発効果を持つ)

効果の発動を行う装備魔法

 (起動効果誘発効果を持つ)

効果の発動を行う装備カード扱いになった効果モンスター

 (起動効果誘発効果を持つ)

効果の発動を行うフィールド魔法

 (起動効果誘発効果誘発即時効果を持つ)

効果の発動を行う通常罠

 (誘発効果を持つ)

効果の発動を行う永続罠

 (起動効果誘発効果誘発即時効果を持つ)

効果の発動を手札から行う罠カード

 (誘発効果を持つ)

効果の発動を墓地から行う魔法・罠カード

 (起動効果誘発効果誘発即時効果を持つ)

効果の発動を墓地及び除外ゾーンから行う魔法・罠カード

 (誘発効果を持つ)

効果の発動を不特定の場所から行う魔法・罠カード

 (誘発効果を持つ)

(参考)似たような効果だが、チェーンブロックが作られないもの

関連リンク

広告