コンセプトデュエル

 大会・イベントで使用されているルールの1つ。
 期間毎に指定されたコンセプトを1つ選び、その条件を満たすようにメインデッキを構築してデュエルを行う。

 2014年4月30日までは「ショップデュエル」で開催されていたが、以降は「ショップデュエル」ではなく「遊☆戯☆王の日」に開催されることになった。
 2016年以降は「「遊☆戯☆王 キャラクターズ」デッキ交流会」等へと形を変えて引き継がれた。
 2017年3月25日からの新マスタールールへの移行やショップデュエルのイベント内容の変更に伴い、「サウザンド・ミーティング」へと名称変更された。
またコナミカードゲームステーション及びコナミカードゲームステーションサテライトショップでは、このルールと「チームデュエルトーナメント」のルールをベースにした3人1組のチーム対戦イベント「遊戯王OCG CGSオリジナルレギュレーション キャラクターデッキ×チームデュエル」が開催されている。
なお「遊戯王OCG CGSオリジナルレギュレーション キャラクターデッキ×チームデュエル」では1人で参加する場合、担当スタッフがマッチングを行ってチームの作成・結成を行う。

  • コンセプトデュエル大会の終了時には、参加賞並びに特別賞としてトークンカードやイベント特典チケット等が貰える。
  • コンセプトは、原則としてそのキャラクターが使用した主要カードカテゴリを一定枚数投入することが条件となっている。
    また、一部のコンセプトでは特定のカードの使用を禁止されている。
    この条件はデッキパワーが高いコンセプト程厳しく、汎用カードを使用しづらくなる傾向にあり、どのコンセプトを選んでも楽しめる様に調整されている。
    • デッキ内容は不定期で変更・追加されることがあるため、参加する前に公式サイトで確認する事が望ましい。
  • キャラクターが使用したカードであっても、そのコンセプトでは使用が認められていないカードがある点に注意したい。
    例えば、アニメで遊矢は《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》を使用しているが、コンセプト【榊遊矢】では当初その使用が許可されておらず誤って使用した場合はルール違反で敗北となった時期があった。
  • コンセプトデュエルには存在しないが、この対戦会独自のコンセプトとして、【極星】といった主要なサブキャラクターのデッキや、【仮面】のような原作のキャラのデッキ、さらには【帝家臣】が存在し、過去には【インフェルノイド】・【セフィラ】といった端末世界のテーマデッキなどもコンセプトとなっていた。
    下記にないシリーズカードの指定として「黄昏の」「機械天使」「ワイト」等が存在する。

コンセプト一覧

 以下のコンセプトから1つを選択して使用する。

【武藤遊戯A】メインデッキに「《ブラック・マジシャン》に関するカード」または「《暗黒騎士ガイア》に関するカード」を合計10枚以上使用かつ《クリボー》を1枚以上使用
【武藤遊戯B】メインデッキに<サイレント>と名のつくカードを3種類6枚以上使用かつメインデッキモンスター戦士族魔法使い族天使族のみ使用
【武藤遊戯C】メインデッキ《オシリスの天空竜》《オベリスクの巨神兵》《ラーの翼神竜》を合計5枚以上使用かつペンデュラムモンスターは使用不可
【武藤遊戯D】メインデッキに<伝説の騎士>と名のつくモンスターを各1枚以上使用かつ《ティマイオスの眼》《クリティウスの牙》《ヘルモスの爪》《レジェンド・オブ・ハート》を各1枚以上使用かつエクストラデッキ《合神竜ティマイオス》を1枚以上使用
【武藤遊戯E】メインデッキに<破壊剣>と名のつくカードを6種類12枚以上使用かつ《バスター・ブレイダー》を3枚使用
【武藤遊戯F】メインデッキに<マジシャン・ガール>と名のつくモンスターを4種類12枚以上使用
【海馬瀬人】メインデッキに「《青眼の白龍》に関するカード」を合計15枚以上使用かつ《オベリスクの巨神兵》を1枚以上使用
【城之内克也】メインデッキに<レッドアイズ>と名のつくカードを6種類12枚以上使用
【ペガサス・J・クロフォード】メインデッキに<トゥーン>と名のつくカードを合計10枚以上使用
【孔雀舞A】メインデッキに<ハーピィ>と名のつくカードを合計10枚以上使用
【孔雀舞B】メインデッキに<アマゾネス>と名のつくカードを合計12枚以上使用かつエクストラデッキに<アマゾネス>と名のつく融合モンスターを2種類以上使用
【マリク】メインデッキに「効果ダメージに関するカード」を合計15枚以上使用かつ《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《拷問車輪》を各3枚使用かつ《ラーの翼神竜》を1枚使用
【バクラ】メインデッキ《ダーク・ネクロフィア》を2枚以上使用かつ《ウィジャ盤》での勝利を目指すデッキ
【藍神】方界>と名のつくモンスターを7種類12枚以上使用かつ<方界>と名のつく魔法・罠カードを4種類10枚以上使用
【インセクター羽蛾】メインデッキ《インセクト女王》《究極完全態・グレート・モス》《進化の繭》《魔霧雨》を合計5枚以上使用
【迷宮兄弟】メインデッキ《水魔神−スーガ》《風魔神−ヒューガ》《雷魔神−サンガ》《ゲート・ガーディアン》を各2枚以上使用かつペンデュラムモンスターは使用不可
【梶木漁太】メインデッキ《伝説のフィッシャーマン》《伝説のフィッシャーマン二世》《伝説のフィッシャーマン三世》を各2枚使用以上かつエクストラデッキカードは使用不可
【遊城十代】メインデッキに<E・HERO>と名のつくカードを5種類以上使用かつ《E・HERO ネオス》《ハネクリボー》を各1枚以上使用かつシンクロエクシーズモンスターは使用不可
【丸藤亮A】メインデッキに<サイバー>と名のつく機械族モンスターを合計10枚以上使用
【丸藤亮B】メインデッキに<サイバー・ダーク><サイバーダーク>と名のつくカードを5種類10枚以上使用
【丸藤翔】メインデッキSR>以外の<ロイド>と名のつくカードを合計10枚以上使用かつシンクロモンスターは使用不可
【ヨハン・アンデルセン】メインデッキに<宝玉>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【エド・フェニックス】メインデッキに<D−HERO>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【万丈目準】メインデッキおジャマ>と名のつくカードを合計10枚以上使用
【天上院明日香】サイバー・エンジェル>と名のつくモンスターを5種類8枚以上使用かつ<機械天使>と名のつくカードを合計3枚以上使用
【ユベル】メインデッキに<ユベル>と名のつくカードを3種類5枚以上使用かつ闇属性モンスターを合計10枚以上使用
【影丸】《幻魔皇ラビエル》《神炎皇ウリア》《降雷皇ハモン》《暗黒の召喚神》《失楽園》を各2枚以上使用
【三沢大地】《ウォーター・ドラゴン》《ウォーター・ドラゴン−クラスター》《デューテリオン》《オキシゲドン》《ハイドロゲドン》《ボンディング−H2O》を各2枚以上使用
【不動遊星】メインデッキに<音響戦士>以外の<ジャンク><シンクロン><ウォリアー>と名のつくカードを8種類10以上使用かつエクストラデッキ《スターダスト・ドラゴン》《シューティング・スター・ドラゴン》を各1枚以上使用
【ジャック・アトラス】メインデッキに<リゾネーター>と名のつくカードを6種類12枚以上使用かつエクストラデッキ《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》を各1枚以上使用
【クロウ・ホーガン】メインデッキBF>と名のつくカードを8種類以上使用
【十六夜アキ】メインデッキ植物族モンスターを合計10枚以上使用(うち<薔薇><ローズ>と名のつくモンスターを合計5枚以上)かつエクストラデッキ《ブラック・ローズ・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン》を各1枚以上使用
【龍亞】メインデッキに<ディフォーマー>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【龍可】メインデッキ《クリボン》《レグルス》《古の森》及び<ピクシー><妖精>と名のつくカードの中から合計10枚以上使用
【鬼柳京介】メインデッキに<インフェルニティ>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【アンチノミー】メインデッキに<TG>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【パラドックス】メインデッキに<Sin>と名のつくカードを合計10枚以上使用
【チーム・ラグナロク】メインデッキに<極星>と名のつくカードを合計10枚以上使用かつエクストラデッキ《極神皇トール》《極神皇ロキ》《極神聖帝オーディン》を各1枚以上使用
【カーリー渚】メインデッキに<フォーチュンレディ>と名のつくモンスターを合計12枚以上使用
【Z-ONE】メインデッキに<時械神>と名のつくカードを合計11枚以上使用かつシンクロモンスターは使用不可
【九十九遊馬】メインデッキに<ズババ><ガガガ><ゴゴゴ><ドドド>と名のつくカードを合計10枚以上使用かつエクストラデッキ《No.39 希望皇ホープ》《CNo.39 希望皇ホープレイ》を各1枚以上使用
【神代凌牙A】メインデッキに<シャーク>と名のつくカードを6種類12枚以上使用かつエクストラデッキに<シャーク>と名のつくカードを3種類以上使用
【神代凌牙B】メインデッキに<RUM>と名のつくカードを合計7枚以上使用かつエクストラデッキに<No.101 >〜<No.107>と名がつくカード及び《CX 冀望皇バリアン》の中から3種類以上使用
【天城カイト】メインデッキに<フォトン><ギャラクシー><サイファー>と名のつくカードを合計15枚以上使用かつ《オービタル 7》を1枚以上使用かつエクストラデッキ《セイクリッド・プレアデス》《神竜騎士フェルグラント》は使用不可
【IV】メインデッキに<ギミック・パペット>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【III】メインデッキに<先史遺産>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【神代璃緒】メインデッキ水属性鳥獣族モンスターを合計10枚以上使用
【アリト】メインデッキに<BK>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【ギラグ】メインデッキに<ハンド>と名のつくカードを合計10枚以上使用
【ミザエル】メインデッキ《限界竜シュヴァルツシルト》《星間竜パーセク》《半月竜ラディウス》《防覇龍ヘリオスフィア》を合計10枚以上使用かつエクストラデッキに《銀河影竜》を1枚以上使用
【ベクター】メインデッキに<アンブラル>と名のつくカードを合計10枚以上使用
【ドルベ】メインデッキに<光天使>と名のつくカードを合計10枚以上使用
【トロン】メインデッキに<紋章>と名のついたカードを8種類15枚以上使用
【榊遊矢】メインデッキ《オッドアイズ・ドラゴン》《星読みの魔術師》《時読みの魔術師》《スマイル・ワールド》を各1枚以上使用かつメインデッキモンスターは<オッドアイズ><EM><魔術師>と名のつくモンスターのみ使用
【権現坂昇】メインデッキに<超重武者>と名のつくカードを合計25枚以上使用かつメインデッキモンスターのみ使用
【柊柚子】メインデッキに<幻奏の>と名のつくカードメインデッキで8種類12枚以上使用かつエクストラデッキに<幻奏>と名のつくモンスターを合計3枚以上使用
【紫雲院素良】メインデッキに<ファーニマル><エッジインプ>と名のつくカードを合計15枚以上使用
【赤馬零児】メインデッキに使用可能なモンスターは<(DDDも含む)DD>と名のつくモンスターのみ
【志島北斗】メインエクストラデッキモンスターは<セイクリッド>と名のつくモンスターのみ使用
【光津真澄】メインデッキに<ジェムナイト>と名のつくカードを合計15枚以上使用かつエクストラデッキは<ジェムナイト>と名のつくモンスターのみ使用
【刀堂刃】メインデッキに<X−セイバー>と名のつくカードを合計15枚以上使用かつエクストラデッキは<X−セイバー>と名のつくモンスターのみ使用
【沢渡シンゴA】メインデッキに<妖仙獣>と名のつくカードを合計10枚以上使用かつ《妖仙獣 左鎌神柱》《妖仙獣 右鎌神柱》を各2枚以上使用
【沢渡シンゴB】魔界劇団>と名のつくカードを合計15枚以上使用かつ<魔界台本>と名のつくカードを合計6枚以上使用
【黒咲隼】メインデッキモンスターRRと名のつくモンスターのみ使用可能かつメインデッキに<RUM>と名のつく魔法カードを5種類以上使用かつエクストラデッキに<RR>と名のつくモンスターを4種類以上使用
【ユート】メインデッキに<幻影騎士団>と名のつくカードを4種類12枚以上使用かつ<ファントム>と名のつく魔法・罠カードを合計6枚以上使用
【ユーゴ】メインデッキに<SR>と名のつくモンスターを6種類15枚以上使用かつエクストラデッキ《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》 及び<ハイスピードロイド>と名のつくカードを各1枚以上使用
【セレナ】メインデッキに<月光>と名のつくモンスターを合計5種類15枚以上使用
【方中ミエル】占術姫>と名のつくモンスターを5種類10枚以上使用
【徳松長次郎】メインデッキに<花札衛>と名のつくモンスターを10種類15枚以上使用かつエクストラデッキに<花札衛>と名のつくカードを合計3枚以上使用
【風魔月影】<黄昏の>と名のつくモンスターを3種類6枚以上使用かつ<忍法>と名のつく罠カードを3種類6枚以上使用
【デニス・マックフィールド】メインデッキに<Em>と名のつくカードを5種類10枚以上使用
【オベリスク・フォース】古代の機械>と名のつくモンスターを7種15枚以上使用
【ユーリ】メインデッキに<捕食植物>と名のつくカードを5種類12枚以上使用
【ズァーク】メインデッキ《アストログラフ・マジシャン》《クロノグラフ・マジシャン》《虹彩の魔術師》《黒牙の魔術師》《白翼の魔術師》《紫毒の魔術師》を各2枚以上使用かつエクストラデッキ《覇王龍ズァーク》を1枚以上使用
【黒咲瑠璃】メインデッキに<LL>と名のつくモンスターを3種類7枚以上使用かつエクストラデッキに<LL>と名のつくモンスターを合計2枚以上使用
【榊遊勝】メインデッキ《EMスカイ・マジシャン》を2枚以上使用かつ<魔術師>と名のつく永続魔法カードを3種類6枚以上使用かつメインデッキモンスターは<EM><魔術師>と名のつくモンスターのみ使用
【藤木遊作/Playmaker】メインデッキモンスターサイバース族のみ使用かつエクストラデッキリンクモンスターを3枚以上使用
【鬼塚豪/Go鬼塚】メインデッキに<剛鬼>と名のつくモンスターを3種類を3枚ずつ使用かつエクストラデッキリンクモンスターを3枚以上使用
【財前葵/ブルーエンジェル】メインデッキに<トリックスター>と名のつくモンスターを3種類を3枚ずつ使用かつエクストラデッキリンクモンスターを3枚以上使用かつ《ドロール&ロックバード》は使用不可
【リボルバー】メインデッキに<ヴァレット>と名のつくモンスターを3種類7枚以上使用かつ、『《クラッキング・ドラゴン》』『《ヴァレルロード・ドラゴン》』をそれぞれ1枚以上使用

※なお2017年3月25日以降にイベント内容が大幅に変更されてからは、公式から具体的なキャラ名は明言されていない為、このページでは従来までの慣例に倣った表記で表示されている。

  • ここに名が載っていないデュエリストをモチーフとしたデッキでも、他のデュエリストの名を借りて参戦する事が可能である。
  • 例えば【孔雀舞B】はアニメARC-Vで登場したタイラー姉妹と使用カテゴリが同じである為、【タイラー姉妹】を【孔雀舞B】として使用できる。

コンセプトの変遷

2013年9月21日〜10月18日

2013年10月19日〜11月15日

2013年11月16日〜12月4日

2013年12月5日〜2014年1月10日

2014年1月11日〜2月14日

2014年2月15日〜3月7日

2014年3月8日〜4月30日

2014年5月25日〜

 遊☆戯☆王の日での開催に変更。
 コンセプトが「同時期に登場、強化されたテーマ」から「原作・アニメのキャラクターをイメージしたテーマ」に変更された。

2014年8月15日〜

2014年11月10日〜

2014年12月5日〜

2016年7月9日〜

  • コンセプト【藍神】追加

2016年10月〜

2017年6月〜

  • コンセプト【武藤遊戯C】追加
  • コンセプト【武藤遊戯D】追加
  • コンセプト【武藤遊戯E】追加
  • コンセプト【武藤遊戯F】追加
  • コンセプト【孔雀舞B】追加
  • コンセプト【インセクター羽蛾】追加
  • コンセプト【迷宮兄弟】追加
  • コンセプト【影丸】追加
  • コンセプト【チーム・ラグナロク】追加
  • コンセプト【パラドックス】追加
  • コンセプト【カーリー渚】追加
  • コンセプト【Z-ONE】追加
  • コンセプト【神代凌牙B】追加
  • コンセプト【トロン】追加
  • コンセプト【沢渡シンゴB】追加
  • コンセプト【ズァーク】追加
  • コンセプト【黒咲瑠璃】追加
  • コンセプト【榊遊勝】追加
  • コンセプト【藤木遊作/Playmaker】追加
  • コンセプト【鬼塚豪/Go鬼塚】追加
  • コンセプト【財前葵/ブルーエンジェル】追加

2017年7月17日〜

  • コンセプト【梶木漁太】追加
  • コンセプト【丸藤亮B】追加
  • コンセプト【三沢大地】追加

2017年8月6日〜

  • コンセプト【リボルバー】追加

関連リンク

広告