E・HERO(エレメンタルヒーロー)/Elemental HERO

 THE LOST MILLENNIUMカテゴリ化された「E・HERO」と名のついたモンスター群。
 カテゴリ名の関係上、該当モンスターは全てHEROにも属している。
 属するモンスターは大半が戦士族で構成されているが、後述の通り一部例外も存在する。

 このカテゴリに属するコンタクト融合体を除く融合モンスターは、「融合召喚でしか特殊召喚できない」という召喚条件を持つ。
 多くの融合モンスターを擁し、コンタクト融合という特殊な融合手段も持つなど、融合との関わりが深いのが特徴。
 融合素材縛りが緩いものも存在しており、1組の融合素材から状況に応じた複数の融合モンスターを使い分けることが可能。
 《ミラクル・フュージョン》《平行世界融合》等の専用融合召喚サポートカードも複数存在する。
 また、上記の召喚制限を掻い潜るためか、融合モンスター召喚条件を無視して特殊召喚できるカードも複数見られる。

  • このカテゴリの登場以後、カード名に使用されている英字の書体が統一された。
    それまではこの書体と、漢字、片仮名、平仮名に使用されているものと同じ書体の二つが混在していた。
    後者の書体で英字が表記されていた《DNA改造手術》《UFOタートル》なども再録時にこちらの書体に切り替わっている。
  • 余談だが、漫画版GX作者、影山なおゆき氏の【E・HERO】は周囲の関係者から「エセメンタル」「()セHERO」と言われているらしい。
    作者としての思い入れもあり、漫画十代のイメージ優先のファンデッキ的な構築となっている。
  • 初期のE・HEROのデザインはアメリカンコミックに登場するヒーローを強く意識したデザインがなされている。
    《E・HERO ネオス》や漫画版GX出身のE・HEROは、逆に日本の特撮や格闘漫画を意識したデザインとなっている。
    その他にこのカテゴリの派生とも言えるE−HEROM・HEROにも、それぞれ固有のモチーフから成るデザインのものが多い。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ・漫画GXにおける主人公・遊城十代の使用するモンスター群であり、アニメ・漫画の物語に深く関わっている。
  • 十代以外では、アニメGXでエド・フェニックスが登場初期にE・HEROとD−HEROの複合デッキを使用していた。
    また、漫画GXで響紅葉もこのカテゴリを使用しており、後に紅葉のデッキは十代に託されている。
    この紅葉のデッキは漫画GXでの最終決戦後に返還されたようで、後日談である読切版の「十代vs紅葉」戦では紅葉のみが使用している。
  • Dチーム・ゼアルにおいて、フュージョン・マスクがこのカード群を使用している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALにおいて相手がクロノス、またはエドだった場合にE・HEROの融合モンスター融合召喚すると、専用ボイスを喋る。
    クロノスの場合、サポートにした場合も同様である。

関連リンク

―「E・HERO」と名のついたモンスター
 ※は「E・HERO」に関する効果を持つモンスター

―「E・HERO」に関する効果を持つカード

―「E・HERO」を素材に指定するモンスター

―その他のリンク

広告