恐竜族(きょうりゅうぞく)

デッキの概要

 恐竜族を中心としたビートダウンデッキ

《魂喰いオヴィラプター/Souleating Oviraptor》
効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500
「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
《化石調査/Fossil Dig》
通常魔法
(1):デッキからレベル6以下の恐竜族モンスター1体を手札に加える。
《ロストワールド/Lost World》
フィールド魔法
(1):恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(2):1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
(3):相手フィールドにトークンがある限り、
相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(4):1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

デッキ構築に関して

メインデッキモンスターカードについて

下級モンスター

上級最上級モンスター
 切り札級の性能を持つ《エヴォルカイザー・ラギア》が登場したことで、現在では無理に上級モンスターを採用する必要はなくなっている。
 これらを採用するなら、《究極進化薬》《大進化薬》《死皇帝の陵墓》といったサポートカードを活用したい。

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター
 エクシーズ素材恐竜族を指定している《エヴォルカイザー・ラギア》《エヴォルカイザー・ドルカ》は、このデッキの最大の存在意義と言っても過言ではないだろう。
 基本的にはこのランクに位置するランク4を中心に採用するとよい。
 なお、恐竜族エクシーズモンスターも3種類存在している。

シンクロモンスター
 恐竜族シンクロモンスタージュラックのみであり、以下の3体が存在する。
 いずれも汎用性という面ではシンクロ素材に制限のないシンクロモンスターに劣る点が強いので、《一族の結束》を用いないならば他の種族シンクロモンスターを優先して良い。
 特に、レベル5のモンスター《魂喰いオヴィラプター》から《幻創のミセラサウルス》を経由して《ジュラック・アウロ》リクルートすれば手札1枚でシンクロ召喚が可能なので用意しておきたい。

融合モンスター

魔法・罠カードについて

恐竜族専用サポートカード

―その他相性の良い魔法・罠カード

デッキの種類

【ディノインフィニティ】

《ディノインフィニティ/Tyranno Infinity》
効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻   ?/守   0
(1):このカードの元々の攻撃力は、
除外されている自分の恐竜族モンスターの数×1000になる。

 爆発的な攻撃力を得られる《ディノインフィニティ》をメインに据え、切り札としたデッキ
 何よりも魅力的なのはその上昇値の大きさと、このカード下級モンスターという扱いやすさであり、最も古い実戦的な【恐竜族】ともいえるデッキである。
 状況によっては攻撃力が10000を越えることもあり、直接攻撃でなくても1ターンキルになり得る攻撃力を生み出す。
 序盤に《ディノインフィニティ》手札に来た場合、攻撃力はほぼ0だと思われるので、その場合は迷わず捨てても構わない。
 恐竜族を効率的に除外するカードとしては、以下の様なものがおすすめ。

 また、除外を行うに辺り帰還戦術も有効である。
 《ディノインフィニティ》除去された際の保険となるほか、レベル恐竜族帰還させられれば《エヴォルカイザー・ラギア》《エヴォルカイザー・ドルカ》が狙える。
 《D・D・R》の場合は即効性もあり召喚権も使用しないものの、ハンド・アドバンテージの捻出を不得手とするため、ある程度の1ターンキル性が求められる。
 《虚空海竜リヴァイエール》に繋ぐ事ができる《魔界発現世行きデスガイド》は、1枚で《グレンザウルス》エクシーズ召喚も可能なので、恐竜族の頭数に含める事もできる。
 安定性はやや低いが、リクルート先には《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》がおり、こちらも除外によって自己強化を行うため組み込みやすい。

【超古代恐獣ターボ】

 恐竜族専用の《生還の宝札》内蔵する、《超古代恐獣》を軸としたデッキ
 大量の蘇生カードを搭載する事で、展開とドローを同時に行うため、型にはまった時の爆発力は高い。
 一度の蘇生で2枚のドローが狙える、《ジュラック・アウロ》がこのデッキキーカード
 これを特殊召喚できる《ジュラック・ヴェロー》《ジュラック・グアイバ》を採用する事で、蘇生先だけでなく《超古代恐獣》リリースも確保する。

 《リビングデッドの呼び声》《超古代恐獣》をも蘇生でき汎用性は高いが、即効性がない。
 一方、《真炎の爆発》《炎王炎環》は対象こそ狭いものの、ドローから即座に利用できるので、さらなる蘇生カードを呼び込める可能性がある。
 これらを利用するならば、《フレムベル・ヘルドッグ》を併用する価値は十分にある。
 速度は遅いが、《金華猫》を利用すると毎ターンドローも狙える。
 《フレムベル・ヘルドッグ》《強制転移》を利用する場合は、《フレムベル・パウン》を経由してサーチしても面白い。
 この他《レスキューラビット》からリクルート可能な《セイバーザウルス》通常モンスターを中心とし、《思い出のブランコ》《戦線復活の代償》《ダイガスタ・エメラル》などによる蘇生を狙う構築も考えられる。

【ジュラック】

 DUEL TERMINALで登場した炎属性恐竜族統一カテゴリであるジュラックを中心としたデッキ
 詳細は該当ページを参照のこと。

デッキの派生

【エヴォル】

 エヴォルドエヴォルダーを用いた恐竜族爬虫類族混合デッキ
 詳細は該当ページを参照のこと。

【恐竜真竜】

 カード効果破壊する術に長けた【真竜】との混合構築。
 《ベビケラサウルス》《プチラノドン》を、《ドラゴニックD》《真竜皇リトスアジムD》破壊効果トリガーとするのが戦術の中心となる。
 それ以外のカードでは、《幻創のミセラサウルス》ジュラックチューナーを採用しているのならば《真竜皇アグニマズドV》を、通常モンスター《メガロスマッシャーX》《大くしゃみのカバザウルス》を採用しているのならば《真竜皇バハルストスF》も採用しやすい。
 恐竜族には特殊召喚可能なレベル9がいないので、特殊召喚した真竜皇は無理にエクシーズ素材にするよりはそのまま戦闘要員にしても良いだろう。
 ランクエクシーズ召喚を狙う場合は、レベルシンクロモンスターである《源竜星−ボウテンコウ》の(2)の効果レベル真竜墓地へ送ることで可能となる。
 因みに《源竜星−ボウテンコウ》チューナーでもあるため、同様の方法で多数のトークン(=通常モンスター)を用意できる《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》特殊召喚も可能である。

 展開力や制圧力に優れた【真竜】との補完的親和性が高く、1ターンで強力な布陣を敷ける上に安定性も高い。
 【恐竜族】側が新マスタールールの影響を然程受けなかった事もあり、同ルール施行直後の環境ではこのタイプが主流となった。

【恐竜竜星】

 同じく破壊された場合にリクルート効果を持つ【竜星】との混合構築。
 詳細はこちらを参照。
 また、上記の【真竜】のギミックも混ぜた【恐竜竜星真竜】という構築も存在する。
 17/07/01【真竜】が規制された後は【竜星】のギミックを混ぜたこの【恐竜竜星真竜】が環境で活躍している。

このデッキの弱点

 戦闘に一辺倒なところが多いので、戦闘破壊耐性を持ったモンスター除去できず、《A・O・J カタストル》の前では一方的に倒される可能性が高まる。
 また、魔法・罠カード除去する効果を持ったモンスターが存在しないため、攻撃反応型のカードが多いデッキロックしてくるデッキはかなり苦手。
 戦闘面でも攻撃力が高い分守備力が低く、《月の書》《エネミーコントローラー》も、一部を除いて恐竜族にとってはかなりの難物。
 特殊召喚カードは充実しているが、手札からのものが多いため手札の消費が激しくなる部分も難点である。

このデッキの歴史

 OCG史的に見ても種類に恵まれず、戦術の幅を広げにくい種族で、古くは《ディノインフィニティ》による一撃必殺を狙うしかなかった。

第5期(2006年〜2008年)

 POWER OF THE DUELISTにおいて、強力な恐竜族モンスターが一気に増加し、サーチ効果付きの《奇跡のジュラシック・エッグ》も登場。
 また、ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−には恐竜族サポートカードが新規に8枚封入され、戦術の幅が拡張された。

第6〜8期(2008年〜2014年)

 恐竜族カテゴリとしてジュラックエヴォルダーが登場したが、種族統一性の高いデッキを志向した場合、依然として質量共に悩みは深かった。
 エースモンスターにあたるエクシーズモンスター《エヴォルカイザー・ラギア》が、自身はドラゴン族という状況は、その象徴だったといえる。

第9期(2014年〜2017年)

 第9期終盤にはストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−が登場。
 強力な恐竜族フィニッシャーである《究極伝導恐獣》や、サーチャー墓地肥し要員の《魂喰いオヴィラプター》が登場した。
 質の高いサポートカードも多数収録されたことで、種族統一デッキとしてのデッキパワーは改善傾向にある。
 環境に置いても上述の【真竜恐竜】が一部トーナメントで結果を残しており、久々に環境に一石を投じた。

第10期(2017年〜)

 新マスタールールが施行され、エクストラデッキからモンスター特殊召喚する場合、原則としてエクストラモンスターゾーンにしか出せなくなった。
 【恐竜族】はメインデッキ最上級モンスターフィニッシャーを擁し、元々エクストラデッキからの大量展開も得意ではなかったため、他のデッキ程の影響はなかったと言える。

  • 17/07/01
    【真竜】が規制されたため【竜星】のギミックを搭載した【恐竜竜星真竜】を主軸として引き続き環境で活躍。
    8月に行われた世界大会の一般の部の決勝戦はこの構築でのミラーマッチとなり、その高い展開力を見せつけた。

関連リンク

広告