デッキの一番上/the top of the (owner's) Deck.

 デッキの一部であり、その一番上の事。
 俗に「デッキトップ」とも言う。

  • 原作・アニメにおいて―
    ドローするカードでもあるため、この内容を事前に把握しようとする場面は多く見られる。
    デュエル中にデッキの一番上を察知していた例として、原作の孔雀舞(香水)とレアハンター(特殊コンタクトレンズ)、漫画GXの十代(千年アイテム)、漫画5D'sのアキ(超能力)が挙げられる。
    またアニメGXでは、オブライエンがワイヤーで逆さづりになってデッキの一番上のカードの種類レベルを当てる訓練をしていた。
  • アニメARC-Vでは、LDSにドロー操作実験という講座が存在する。
  • アニメDMの伝説の竜やアニメ5D'sのセイヴァー、アニメZEXALシリーズのZWなど明らかにデュエル前には存在していないカードをここに創造してドローするシーンが度々見られる。
    その手の技能は一種のステータスとも言え、登場人物の成長描写や物語の重要なキーとも密接に結びつきやすく、アニメにおける見せ場の一つとも言える。
  • アニメ5D'sの「遊星&鬼柳vsロットン」戦は、鬼柳の《インフェルニティ・デス・ガンマン》の効果の関係上デッキトップカードが重要になったデュエルである。
    最終的にはロットンに選択を促した上で、《インフェルニティ・クライマー》の効果を活用して勝利している。

関連カード

―デッキの一番上に戻す置くコストを持つカード

――手札から

―デッキの一番上に戻す置く効果を持つカード
 ※はデッキの一番上かデッキの一番下か選択できるカード

――フィールド上から

――手札から

――デッキから

――墓地から

――除外から

―デッキの一番上から墓地へ送るコストを持つカード

―デッキの一番上から墓地へ送る効果を持つカード

―デッキの一番上から除外するコストを持つカード

―デッキの一番上から除外する効果を持つカード

―デッキの一番上を確認する・めくる効果を持つカード

―その他

関連リンク

広告