永続(えいぞく)魔法(まほう)/Continuous Spell

 発動後もフィールドに残り続けその場から離れるまで効果を発揮し続ける魔法カードです。
 1枚のカードで長時間の効果を期待できるのが魅力ですが、フィールドから離れてしまうと効果を発揮できずに終わる可能性も持っています。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン1.0より引用)


  • 複数枚発動している場合は基本的に効果は重複する。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作でリシドが使用した《王家の神殿》、バクラの使用した《死札相殺》の永続魔法は、カード自体には書かれていないが、「フィールド永続魔法」という部類のカードだった。
    • アニメZEXALシリーズで、《エクシーズ・プラント》・《ガガガ×ガガガ》・《ガガガミラー》・《ホログラム・プロジェクション》・《幻影の吹雪(ブリザード・ヴィジョン)》など「罠モンスターの永続魔法版」と言うべきカードが時折登場している。
      発動するとモンスターとして特殊召喚されるというOCGではまだ類例のないこれらの永続魔法は、モンスタートークンを素材に使えないエクシーズモンスターをサポートするために作られたと思われる。
    • なお、エリファスは「モンスターとして特殊召喚されることすらなく、永続魔法状態のままエクシーズ素材に使える」《神秘のモノリス》、アストラルは《パラレル・ユニット》・《ソリッド・オーバーレイ》という永続魔法を使用している。
    • モンスターとなる永続魔法」は実はZEXALシリーズが初出ではなく、アニメGXでは《好敵手(とも)の名前》というカードが登場している。
      これはTAG FORCE 3以降の同シリーズではゲームオリジナルカードとして収録されている。

関連カード

関連リンク

広告