《スパイダー・エッグ/Spider Egg》

通常罠
相手が直接攻撃を宣言した時、
自分の墓地に昆虫族モンスターが3体以上存在する場合に発動する事ができる。
そのモンスターの攻撃を無効にし、
自分フィールド上に「スパイダートークン」(昆虫族・地・星1・攻/守100)3体を
攻撃表示で特殊召喚する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した通常罠
 攻撃無効にした上でスパイダートークン3体を特殊召喚する効果を持つ。

 墓地昆虫族モンスターが3体以上必要となるが、墓地を利用するカード昆虫族には多く、発動条件を満たすのは容易。
 3体のトークンステータスこそ低いものの、使用に制限はない。
 相手モンスター最後の攻撃時にスパイダートークン特殊召喚できれば、次の自分ターンには三邪神ですらアドバンス召喚できる。
 3体の内2体を《地縛神 Uru》アドバンス召喚に使用し、残った1体をコントロール奪取効果コストにする事もできる。

 ただし、直接攻撃時にしか発動できず、発動前に除去されやすい。
 加えてスパイダートークンは全て攻撃表示になるため、追撃を防ぐためのとしてほぼ期待できない。
 単純にトークンが欲しいだけならば、《スケープ・ゴート》等ライバルが多数存在するため、活用するならば昆虫族である点で差別化したいところである。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動する時に直接攻撃を宣言したモンスター対象にとりますか?
A:いいえ、とりません。(09/08/20)

Q:攻撃無効にする処理とトークン特殊召喚する処理は同時に行われる扱いですか?
A:はい、同時に行われる扱いになります。(11/05/20)


Tag: 《スパイダー・エッグ》 通常罠

広告