種族(しゅぞく)/Type

 モンスターは多くの種族に分かれています。
 また特定の能力を持ったモンスターには、能力名がここに表示される場合があります。

(公式ルールブック マスタールール2対応 バージョン 1.0 より引用)


種族属性レベルモンスター種別その他の項目総計
下級上級最上級通常効果儀式融合シンクロエクシーズトゥーンスピリットユニオンデュアルチューナーリバースペンデュラム特殊召喚
ドラゴン族13111337224174129711764221610387042272433418
魔法使い族1961274237194233558515136410101928324215463
アンデット族1092315105271427107153
戦士族154167277417348441129128734991171446222121535760
獣戦士族2027743911124172111821173
獣族265917011122173625472101010161521285
鳥獣族831413116153442525176121725239
悪魔族418412713391333385103694001029133031172832551
天使族25220271714178476330225111111211314309
昆虫族331996231312214281351110178
恐竜族3431461614155579
爬虫類族23372730129417201810817133
魚族856618176792
海竜族5331103959
機械族1501182413524833821101186047035454116642724651
雷族6214651214107292
水族17414521175611210193
炎族967319131876109
岩石族14157127242427136101312188
植物族29139213101251713221261113166
サイキック族28261031652014721314106
幻竜族1016143042
幻神獣族
創造神族
1441107913835644555173368835898673381965273271344153131423151462052315445
  • OCGが始動してからその第1期の終わりまでに登場していたのは、上記リストでサイキック族より上に表記されている20種族である。
    その後、長い間この20種族から増えることはなかったが、第6期で21番目の種族であるサイキック族が登場、以降徐々に増加し続けている。
  • ルールブックVer2.1までは、種族の記述に「20の種族に分かれています」と書かれていた。
  • 現在のところ、同時に2つ以上の種族として扱う効果を持つカードは存在せず、カードの効果によってもそうなることはない。
    後述するが、アニメには「○○族としても扱う」効果を持った、2つ以上の種族として扱うモンスターも登場している。
  • 種族名が変更・修正されたり、属するモンスターが少ない種族が統廃合されたりといった措置は行われたことがない。
    また、エラッタによって既存のモンスターの種族が別の種族に変更されるといったことも、現在までに一度もない。
    なお、アンデット族に関しては元々「アンデッ(Undead/不死)」の誤植であったと思われるが、現在に至るまで訂正されていない。
  • 現存する24の種族だが、その数にはかなりの偏りがあり、サポートカードの数や質も種族ごとによって全く異なっている。
    総種類数が多い種族には戦士族機械族悪魔族魔法使い族などが存在し、これらの種族はアニメ作品などでの登場頻度も高い。
  • 遊戯王OCGの前身であるバンダイの遊戯王カードでは、以下の様な「種族」の違いがある。
  • ドラゴン族が「竜族」、植物族が「植人族」、雷族が「電人族」、水族が「海獣族」という呼び名になっている。
    また獣族に関しては、OCGが「けものぞく」であるのに対し、あちらは「じゅうぞく」とルビが振られている。
  • OCGに存在しない種族の中には、原作で登場した種族や、ゲーム作品で召喚魔族として登場していたものも見られる。
    また、種族に関するカードは、黒魔族の攻撃力を上げる《闇・エネルギー》と、悪魔族攻撃力を上げる《大地の龍脈》しかない。
  • 「種族」とは、主に生物分類上の「種」としての意味で使わる単語であり、人間では「人種」や「民族」を指す場合もある。
    しかし、遊戯王では戦士族魔法使い族の様な種族というより「職業」といった感じのものや、炎族水族などの「属性」と被るものも多い。
    また、本来人間やそれ以外の哺乳類はいくつかの「種族」に分けられるが、それらが見境なく戦士族獣族に集約されるなど、「種族」と言うには語弊が生じてしまっている。
    意味合いとしは「種類」として使われており、このためか英語版ではそちらの訳である「Type」という名称になっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作では、「闇竜族」や「ガジェット族」などといった、その時点ではOCGには存在していない特殊な種族の存在が明言されている。
    また漫画GXにおいて三沢が「妖怪族」という種族のモンスターを使っているが、いずれもOCGでは既存の種族に変更されている。
  • アニメ5D'sにおいて、ディマクが元々の種族は獣族だが、他の種族としても扱う「エイプ」と名のつくモンスター群を使用した。
    また、ブルーノも自身の元々の種族とは別に機械族としても扱う効果を持つ「TG」と名のついたモンスター群を使用している。
    なおこれらのカードは後にOCGでも登場しているが、いずれも「他の種族としても扱う効果」は削られてしまっている。
  • アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンにおいて、各種族の代表的カードを紹介する「デュエリンピック」が開催された。
  • コナミのゲーム作品において―
    真DM2には、オリジナルカードとして収録されているモンスターの中に、OCGには存在しない「旧神族」という種族のものが登場している。
    「ウイルス地形」が得意な唯一の種族で、固有の凶悪な効果ウイルス地形を作り出す効果を持っており、ゲーム中最強の種族と言える存在だった。
    この作品で「旧神族」に設定されていたモンスターは後にそのほとんどがOCG化されることになるが、全て既存の別の種族に変更されている。

関連カード

※特定種族に関連するカードは該当種族を参照

関連リンク

広告