六花(りっか)

デッキの概要

 リリースに関する効果を持つ六花を中心とした【植物族】デッキ
 サーチ手段に長けるため安定性があり、特殊召喚レベル変動効果により高ランクエクシーズ召喚を得意とする。

《六花のひとひら/Rikka Petal》
効果モンスター
星1/水属性/植物族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「六花のひとひら」以外の「六花」モンスター1体を選び、
手札に加えるか墓地へ送る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
または自分フィールドのモンスターが植物族モンスターのみの場合、
相手エンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
《六花精スノードロップ/Snowdrop the Rikka Fairy》
効果モンスター
星8/水属性/植物族/攻1200/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルは
ターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。
《六花聖ティアドロップ/Teardrop the Rikka Queen》
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/水属性/植物族/攻2800/守2800
レベル8モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、
自分・相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースする。
このカードが植物族モンスターをX素材としている場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):モンスターがリリースされる度に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースされたモンスターの数×200アップする。
《六花絢爛/Rikka Glamour》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):デッキから「六花」モンスター1体を手札に加える。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、
元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 リリース植物族に指定されているものや、植物族以外の特殊召喚が制限されることが多いため、基本的に植物族主体で組むと良い。

六花
 いずれも2つの効果を持ち、その内片方は手札または墓地から自身を特殊召喚する効果である。

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

六花
 いずれも2つの効果を持ち、エクシーズ素材縛りの無い2体素材のランク4・6・8である。

植物族

植物族以外
 《六花のひとひら》《六花精スノードロップ》効果の発動後は特殊召喚できなくなる点に注意。
 また、相手エンドフェイズに存在すると《六花のひとひら》自己再生を阻害する点や《六花の風花》自壊する点も気を付けたい。

魔法・罠カードについて

六花
 《六花の風花》以外は植物族リリースして発動する事も可能であり、その場合は追加効果適用できる。
 追加効果はいずれもアドバンテージを得られるものなのでディスアドバンテージの心配はないが、無効化された場合のリスクが高まる点に注意。

植物族サポート
 下記以外にも【植物族】を参照すると良い。

水属性サポート

―それ以外

戦術

 リリースを伴う行動を基本にして効率的に六花を展開していく。
 相手ターンを迎える場合はなるべく植物族エクシーズ素材に持った《六花聖ティアドロップ》《六花の薄氷》を構えて妨害の体制を整えておきたい。
 また、《六花のひとひら》《六花精エリカ》自己再生して使い回す戦法や《六花の風花》除去は長期戦になった方が相対的にアドバンテージを得られる。
 そのため、(構築次第ではあるが)メタカードや妨害カードを多く採用して腰を据えた長期戦を狙うのも良いだろう。
 幸い、サーチ手段に恵まれたデッキであるため六花以外のカードの投入枚数が多くとも初手の安定感は確保しやすい。

デッキの派生

【六花アロマ】

 同じ植物族アロマとの混合デッキ
 《六花絢爛》《六花のひとひら》と共に《アロマセラフィ−アンゼリカ》《アロマージ−ローリエ》サーチできる他、《アロマージ−ローズマリー》属性も共通するため扱いやすい。
 シンクロモンスターも存在するため《スポーア》も組み込める。
 《アロマガーデン》による全体強化も、弱点を補いやすい。

このデッキの弱点

 サーチ特殊召喚を軸にするのでそれらへのメタカードは厄介。
 通常の【植物族】に比べればまだ被害を抑えやすい方ではあるが、墓地阻害も面倒である。
 六花魔法・罠カードの追加効果適用を狙った場合、発動効果無効化されるとディスアドバンテージが大きいのでカウンターにも要注意。
 植物族を要求するカードも多いため種族変更も刺さり、特に墓地種族まで変更する上に召喚行為まで制限してくる《アンデットワールド》は難敵。
 最大の天敵はリリース行為そのものを封じる《生贄封じの仮面》であり、除去できなかった場合1枚で詰みかねない。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告