種子弾丸(しゅしだんがん)/Seed Cannon》

永続魔法
植物族モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚される度に、
このカードにプラントカウンターを1つ置く(最大5つまで)。
フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送る事で、
このカードに乗っているプラントカウンターの数
×500ポイントダメージを相手ライフに与える。

 CRIMSON CRISISで登場した永続魔法
 植物族召喚・反転召喚・特殊召喚に成功する度プラントカウンターを乗せ、墓地へ送る事でダメージを与える効果を持つ。

 展開力に長けている【植物族】なら、あっという間に上限である5つのカウンターを乗せることができる。
 《ローンファイア・ブロッサム》《ギガプラント》を併せて繰り返し使えば先攻ターンでも上限の2500ダメージを与えられる。
 そのままでは上級モンスター攻撃を通すのと大差ないので相手《神の宣告》などで消耗した時に使い、引導火力としたいところ。

 《ローンファイア・ブロッサム》を活用すれば2000のダメージは入り、フィールドにはリクルートした植物族もいるので心強い。
 相手フィールド植物族が出た場合もプラントカウンターが乗るため、《ブラック・ガーデン》を併用すれば高速でカウンターをためられる。

 上記の通り、乗せられるカウンターの数が5個までという上限があるため、このカード1枚で与えられる最大ダメージは2500。
 《波動キャノン》ならば1枚のカードで与えられるダメージに上限はないが、ダメージを与えるまでフィールドに維持する必要がある。
 このカード発動したそのターンのうちに500〜2500のダメージを与えることが可能なので、速攻性では《波動キャノン》に勝っている。

 《波動キャノン》もそうだが、《マテリアルドラゴン》等を用意していない限り相手からすればこのカードのようなダメージソースとなるカードを放置することは基本的に避けたいはずである。
 《神の宣告》の採用率からしても、相手が優先的にこのカード除去を狙わざるを得ない状況は少なくない。
 カウンターを溜められない場合も、本命の伏せカードから目を逸らさせるために発動しておくという選択肢も考えられる。
 とはいえ、高速化が進んでいる環境では無視される可能性もあるため、依存しすぎないようにしておきたい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:プラントカウンターを置く行為はチェーンブロックを作りますか?
A:チェーンブロックを作りません。(08/11/18)

Q:墓地へ送る行為はチェーンブロックを作りますか?
  墓地へ送る行為はコストですか?
A:チェーンブロックを作ります。
  また、墓地へ送るのはコストです。(08/11/18)

Q:プラントカウンターを置く条件は、自分相手を問いませんか?
A:はい、お互いプレイヤー植物族モンスター召喚反転召喚特殊召喚する度にプラントカウンターがおかれます。(09/06/14)

Q:プラントカウンターの乗っていないこのカード墓地へ送ることはできますか?
A:いいえ、できません。(09/06/14)

Q:自分メインフェイズ以外で墓地へ送ることはできますか?
A:いいえ、できません。(09/06/14)


Tag: 《種子弾丸》 魔法 永続魔法

広告