《ヘイト・クレバス/Icy Crevasse》

通常罠
自分フィールド上に存在するモンスター1体が
相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して墓地へ送り、
その元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した通常罠
 相手からの効果破壊トリガーとし、相手モンスター1体を墓地へ送りその攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。

 自分モンスター相手効果によって破壊される必要があるため、タイミングが計りにくい。
 発動条件破壊だが、こちらの効果破壊扱いではないため、《スターダスト・ドラゴン》《我が身を盾に》等によって妨害されない。
 選択するモンスターにも制限はなく、攻撃力分のダメージと効率も良い。

 ただし、モンスター1体の破壊後にこのカード発動する性質のため、全体除去には対応しない。
 また、《マクロコスモス》などで除外された場合も発動できず、ルール上ダメージステップにも対応しないので《A・O・J カタストル》も止められない。
 さらに、このカード含む合計2枚を消費してモンスター1体の除去攻撃力分のダメージでは、《No.61 ヴォルカザウルス》除去するのとカードの消費的に大差ない。
 能動的に使える分、あちらの方が発動タイミングを計りやすく、攻撃にも繋ぎやすいと言える。

  • 性質こそ全く違うものの、破壊そのものを防ぐことができる《我が身を盾に》等を使った場合、戦線を維持したままアドバンテージを保ち、更にリカバリーの必要がないためその後の展開にも繋げ易い。
    ただし自己再生蘇生によって損失回避が容易なデッキであれば、こちらも気軽に狙えるため、威力の高さで相手の算段を狂わせたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ時に発動できますか?
A:できません。(11/07/16)

Q:相手フィールド上に存在するモンスター1体を対象を取りますか?
A:取ります。(11/07/16)

Q:墓地に送る処理とダメージを与える処理は同時に行われる扱いですか?
A:はい、同時に行われる扱いです。(12/03/21)

Q:対象モンスター墓地へ送れなかった場合、ダメージは与えられますか?
A:与えられません。(11/07/16)

Q:自分フィールド上の2体以上のモンスターが同時に破壊された時、このカード発動できますか?
A:できません。(11/08/10)

Q:自分フィールド上のモンスター1体のみと相手モンスターが同時に破壊された時、このカード発動できますか?
A:できません。(11/08/10)

Q:相手フィールド上の元々の攻撃力が0のモンスター対象にできますか?
A:対象にできますがダメージを与えることはできません。(13/06/29)

Q:自分フィールド上にモンスターが1体のみ存在するとき、相手が《ライトニング・ボルテックス》発動しました。その場合にこのカード発動できますか?
A:発動できます。(12/11/07)


Tag: 《ヘイト・クレバス》 通常罠

広告