【ラビュリンス】

デッキの概要

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズで登場したラビュリンスを主軸とした【悪魔族】コントロールデッキ
 ラビュリンス通常罠を積極的にサポートする効果で、アドバンテージを稼ぎつつ立ち回る動きが特徴。

《白銀の城のラビュリンス》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守1900
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の通常罠カードの発動に対して、相手はモンスターの効果を発動できない。
(2):自分の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードは、自分フィールドに悪魔族モンスターが存在しない場合には発動できない。
(3):自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
相手の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊する(手札からはランダムに選ぶ)。
《白銀の城の召使い アリアンナ》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「白銀の城の召使い アリアンナ」以外の「ラビュリンス」カード1枚を手札に加える。
(2):自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、以下の効果を適用できる。
●手札から、悪魔族モンスター1体を特殊召喚するか、魔法・罠カード1枚をセットする。
《白銀の迷宮城》
フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):セットされた「ウェルカム・ラビュリンス」通常罠カードを自分が発動した場合、
その効果に以下の効果を加える事ができる。
●フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):自分が「ラビュリンス」カード以外の通常罠カードを発動した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
《ウェルカム・ラビュリンス》
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ラビュリンス」モンスター1体を特殊召喚する。
このカードの発動後、次のターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしかデッキ・EXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ラビュリンス

─その他の悪魔族
 ラビュリンス種族サポートを共有でき、下級モンスターなら《白銀の城の召使い アリアーヌ》リクルートも容易に可能。

悪魔族以外

エクストラデッキモンスターについて

 特別に相性の良い・悪いモンスターはいないが、通常罠を主軸とするので自力で出すことを狙うモンスター以外は、《やぶ蛇》《ドラグマ・パニッシュメント》用のモンスターを用意してもいい。
 また、各自の攻撃力《ドラグマ・パニッシュメント》効果に影響するので括弧内に記載する。

悪魔族

悪魔族以外
 《ウェルカム・ラビュリンス》には発動後にターン終了時まで悪魔族しか出せなくなる制約が存在するので、採用する際は発動タイミングを意識しよう。

エクストラデッキから直接墓地へ送る為のモンスター
 《ドラグマ・パニッシュメント》発動後に次の自分ターン終了時までエクストラデッキからモンスターを出せなくなる制約が付いてしまう。
 【ラビュリンス】はあまりエクストラデッキから特殊召喚はしないためデメリットもそこまで痛くないが、下級を上記のモンスターに変換できなくなるので発動タイミングは意識したい。

魔法・罠カードについて

─【ラビュリンス】のサポートカード

─その他の魔法・罠カード
 「通常罠効果モンスターフィールドから離れた場合に発動する」という効果を持つモンスターが多いため、モンスターをどかせるカードの割合は多めがよい。

戦術

 まずは《白銀の迷宮城》《ウェルカム・ラビュリンス》などを用いて「通常罠効果モンスターフィールドから離れた発動する」効果を持つラビュリンスとそれを発動するための通常罠を用意する。
 以降はその通常罠を使って相手の行動を抑制・妨害しつつ、そのラビュリンス効果アドバンテージを得ていく。

デッキの派生

【破械ラビュリンス】

同じく悪魔族闇属性の統一カテゴリである【破械】との混成構築。
ラビュリンスで用意した破械通常罠破壊することで、あちらのリクルート効果を使いながら破械を展開できる。

このデッキの弱点

 通常罠との連携ありきである以上、罠カードを即時発動可能にするカードが来なければ攻めのテンポが遅れてしまう。
 主な攻撃要員も耐性を持たない《白銀の城の魔神像》《白銀の城のラビュリンス》に依存しきりであり、除去も実質通常罠に頼り切りであるため、これらを攻撃力で上回る耐性持ちモンスターには厳しい戦いを強いられることになる。
 特に【Kozmo】【マジェスペクター】等の強固な耐性と粘り強さを合わせ持つデッキとの相性は最悪といえる。

 《スキルドレイン》によるモンスター効果無効化や、《虚無空間》をはじめとした特殊召喚メタも辛く、厳しい戦いを強いられる。
 また、罠カードを多用するため、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》等の封じや、《ハーピィの羽根帚》《ライトニング・ストーム》といった魔法・罠カードへの全体除去も天敵となる。
 後攻ターン目に《闇のデッキ破壊ウイルス》を受けようものなら手札罠カードが根こそぎ破壊され壊滅的な打撃を受けてしまう。
 最大の弱点は通常罠セットを封じる《ダーク・シムルグ》であり、《ダーク・シムルグ》召喚前に用意した通常罠モンスターで対処できなかった場合、その後一切通常罠セットできなくなることで機能不全に陥ってしまう。

代表的なカード

関連リンク

広告