《アーマード・フライ/Arsenal Bug》

効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻2000/守2000
自分フィールド上にこのカード以外の昆虫族モンスターが存在しなければ、
このカードの攻撃力・守備力はそれぞれ1000ポイントになる。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 自分フィールド上の昆虫族の有無により、自身のステータスが変動する永続効果を持つ。

 レベル3の中では最高の元々の攻撃力を誇り、《レベル制限B地区》等を意に介さず、《地獄の暴走召喚》《一族の結束》を活用して1ターンキルも可能。
 《巨大化》を装備させれば2枚で攻撃力4000になるため、戦闘破壊を狙うのも悪くはない。
 だが、効果の性質から容易に戦闘破壊されやすく、元々の攻撃力も現環境では珍しくない数値である。

 このカードを使うなら、リクルーターのような場持ちに富んだカードや、《ジャイアントワーム》のような展開に長けたカードと併用したい。
 《地獄の暴走召喚》コンボに失敗しても、《大樹海》を使えばディスアドバンテージをカバーできる公算が高くなる。
 電子光虫効果を使えば昆虫族モンスターが存在する状態でこのカード特殊召喚しやすいが、守備表示特殊召喚されるためにしかならない。

関連カード

昆虫族下級デメリットアタッカー

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に《アーマード・フライ》以外の昆虫族モンスターが存在しない状況で《巨大化》を装備した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:相手よりもライフポイントが上の場合、攻撃力は1000になりますが、相手よりもライフポイントが下の場合、攻撃力は4000になります。(10/07/30)


Tag: 《アーマード・フライ》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 昆虫族 攻2000 守2000

広告