《カラクリ解体新書(かいたいしんしょ)/Karakuri Anatomy》

永続魔法
「カラクリ」と名のついたモンスターの表示形式が変更される度に、
このカードにカラクリカウンターを1つ置く(最大2つまで)。
また、フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送る事で、
このカードに乗っているカラクリカウンターの数だけ
自分のデッキからカードをドローする。

 STARSTRIKE BLASTで登場した永続魔法
 カラクリ表示形式が変更される度にカラクリカウンターを乗せ、自身を墓地へ送ることでその数だけドローする効果を持つ。

 表示形式が変わればカラクリカウンターが乗るため、自分フィールド上にカラクリが2体以上存在すれば即座にカラクリカウンターを2個乗せられる。
 《カラクリ参謀 弐四八》《カラクリ将軍 無零》《カラクリ無双 八壱八》《借カラクリ蔵》表示形式変更効果を使用すれば、比較的楽に2枚ドローは達成できる。
 当然、通常の表示形式変更にも対応し、前のターンまでに召喚特殊召喚したカラクリを使うのも良い。
 ただし墓地へ送らなければ効果発動しないため、《マクロコスモス》等があると使えない。

 カラクリ共通の守備表示効果のため発動しておけば相手ターンでも乗せられるが、長く残す程除去される可能性は高まる。
 上述のカードを使用して、なるべく発動したターンに処理しておきたい。

  • 「解体新書」とは、江戸時代に杉田玄白・前野良沢らがオランダの医学書「ターヘル・アナトミア」を和訳した本の題名である。
    人間の体内構造を説明している本だが、こちらはカラクリ達の内部構造を記しているのだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カラクリカウンターを乗せる効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(10/07/18)

Q:ドロー効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作られます。(10/09/04)

Q:ダメージステップ中に表示形式が変更された場合でもカラクリカウンターを乗せますか?
A:乗せます。(10/10/25)

Q:「カラクリ」と名のついたモンスター裏側守備表示から反転召喚カードの効果表側攻撃表示になった時にカラクリカウンターを乗せますか?
A:はい、乗ります。(10/07/22)

Q:「カラクリ」と名のついたモンスター裏側守備表示から《停戦協定》等のカードの効果表側守備表示になった時にカラクリカウンターを乗せますか?
A:いいえ、乗りません。(10/07/22)

Q:表側攻撃表示の「カラクリ」と名のついたモンスター《月の書》等のによって裏側守備表示になった場合でもカラクリカウンターを乗せますか?
A:いいえ、表側表示の「カラクリ」と名のついたモンスター裏側表示になる場合は乗りません。(10/07/22)

Q:《レベル制限B地区》によって表側守備表示になっているレベル4以上の「カラクリ」と名のついたモンスター表側攻撃表示表示形式を変更した場合、そのモンスターはすぐに表側守備表示に戻りますが、このときカラクリカウンターを合計2つ乗せますか?
A:はい。2つ乗ります。(11/02/27)

Q:《つまずき》適用下で、裏側守備表示の「カラクリ」と名のついたモンスター反転召喚した場合、そのモンスター《つまずき》効果表側守備表示になりますが、このときカラクリカウンターを合計2つ乗せますか?
A:はい。2つ乗ります。(11/02/27)


Tag: 《カラクリ解体新書》 魔法 永続魔法 カラクリ

広告