霊神(れいしん)聖殿(せいでん)/Palace of the Elemental Lords》

フィールド魔法
(1):自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、
自分の墓地のモンスターの属性の種類×200アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「エレメントセイバー」モンスター1体を手札に加える。
その後、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。
(3):1ターンに1度、自分の手札・フィールドの「エレメントセイバー」モンスターが
効果を発動するために手札を墓地へ送る場合、
代わりにデッキの「エレメントセイバー」モンスターを墓地へ送る事ができる。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場したフィールド魔法
 墓地モンスター属性に応じてモンスター全体強化する効果エレメントセイバーサーチし次の自分ターンバトルフェイズスキップする効果手札フィールドエレメントセイバー手札コストデッキエレメントセイバーで代用する効果を持つ。

 (1)の効果墓地を参照する全体強化効果
 【エレメントセイバー】ならば下級エレメントセイバーの持つ墓地属性を変化させる効果と合わせて神属性を含む最大1400アップも難しくないだろう。
 なお、(2)(3)の効果エレメントセイバーサポートするものだが、この効果エレメントセイバー以外にも適用される。

 (2)は次の自分バトルフェイズスキップする代わりにエレメントセイバーサーチする効果
 同名カードが複数あれば張替えて複数回サーチをしたり、霊神フィールドから離したりすればデメリットは1ターンだけで抑えることができる。
 ただ、やはりデメリットが痛いので、制圧1ターンキルが狙える場合や、手札事故を起こしている場合以外はあまり発動しない方が良い。

 (3)はエレメントセイバー手札コストデッキから肩代わりする効果
 特に手札コストを2枚要求する《エレメントセイバー・ウィラード》特殊召喚効果発動する際には、耐性付与に必要な属性を自由に選べる点も合わさって必須となるだろう。
 基本的に全てのエレメントセイバーと相性が良いが、(カード名指定では無いものの)1ターンに1度しか適用されない点に注意。

  • 向かって右側には太い柱が確認できるが、その柱に彫り込まれている彫刻はそれぞれ違っている。
    カード名から考えると、それぞれ霊神をモチーフとしているのだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《霊神の聖殿》 魔法 フィールド魔法

広告