手札破壊

 相手手札の枚数を減らす行為の俗称。
 「ハンデス」(Hand Destruction=手札破壊、もしくはHand Destroy=手札破壊すること、の略称)とも呼ばれる。
 「破壊」だけでなく、手札を「捨てる」「墓地へ送る」「デッキ戻す」等により手札を失わせる場合も手札破壊と呼ばれる。

 この戦術を軸とするデッキ相手手札コントロールするデッキであり、利点は相手手札を減らし、戦略を崩せることである。
 特にコンボデッキに対して強く、コンボパーツを揃えることを妨害することができる。

 もっとも、手札破壊自体はライフや勝利条件から間接的で、対となる手札増強に比べても広汎なデッキで重視されるわけではない。
 一般的には相手手札墓地に落とす行為で、それは相手墓地アドバンテージを増やしてしまう欠点とも表裏である。
 また、デュエルを少し進行すれば手札は消費され、別のアドバンテージへ還元されているべきであり、自分が手札破壊のための態勢を整えてもターゲットたる相手手札がろくに無い、という状況もあり得る。
 そのため、環境を動かすような手札破壊の戦法は、互いの手札の充足が保証された序盤から始動し易い事が重要となっている。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作やアニメではビートダウン系のデッキが多く、使用頻度は低い戦略である。
    ハンデスを成功させても、相手墓地アドバンテージを増やした事で逆転の要因になることも多い。
    基本的に敵側が用いる戦略であり、ハンデスを受けた主人公サイドがその苦境をどのように挽回するのかといった点に焦点があてられやすい。
  • アニメVRAINSでは、プロトタイプAIデュエリストがこの戦術を使用。
    「遊作/Playmaker vs プロトタイプAIデュエリストA」戦においては先攻ターン目からPlaymakerの手札全てをハンデスした。
    この時、AiはプロトタイプAIのデッキを「夢もロマンもないデッキ」と称しているが、Playmakerは「それもひとつの戦略だ」と否定的ではない受け答えをしている。

関連リンク

―手札破壊効果を持つカード
※無表記は「自分発動プレイヤー)が相手手札ランダムに1枚選ぶ」

――捨てる墓地へ捨てる

――墓地へ送る

――破壊する

――除外する

――デッキ戻す

――奪い取る

相手ドローを妨害するカード

―手札破壊メタ

――手札から墓地へ捨てられた

――手札から墓地へ送られた

――その他

―その他のリンク

広告