《ドリトル・キメラ》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
炎属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの炎属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
水属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 EXTREME FORCEで登場した炎属性獣族リンクモンスター
 炎属性モンスター全体強化して水属性モンスター全体弱体化する永続効果破壊された場合に炎属性モンスターサルベージできる誘発効果を持つ。

 《ミセス・レディエント》炎属性版の効果であり、主に【炎属性】が活躍の場となる。
 リンク素材として使いやすい炎属性としては、特殊召喚効果を持つ《レッド・リゾネーター》や、自己再生可能な《ジェット・ウォリアー》がある。
 《レッド・スプリンター》《レッド・リゾネーター》特殊召喚するのも良い。
 カテゴリでは【インフェルノイド】特殊召喚から炎属性を並べやすい。
 【炎星】《炎星師−チョウテン》などから出しやすく、このカード攻撃できないが、炎星エクシーズモンスターを複数並べて攻めやすい。
 【ラヴァル】などの《真炎の爆発》で一気にモンスターを展開するデッキでもその起点として活用できる。

 【イグナイト】【メタルフォーゼ】《レスキューラビット》《予想GUY》等で下級ペンデュラムモンスターを展開できるためリンク召喚しやすい。
 リンク素材としてエクストラデッキに送ったモンスターリンクマーカー先にそのままペンデュラム召喚することもできる。
 もちろん上記の様な炎属性を並べる手段と併用しても良いだろう。
 もっともメタルフォーゼ破壊トリガーを併用する構築が主で並べる旨みが少ない。

 炎属性は他の属性に比べても単体で汎用性が高いものが少なく、出張ギミックもほぼない。
 しかし、群を抜く汎用性を誇る《灰流うらら》を(2)で回収して使いまわせるのは他にはないメリットと言えるだろう。
 なお、カードの効果による破壊手段を持つ炎属性は少なくなく、《炎王の孤島》《怨念の魂 業火》などで破壊しても良い。

  • 「ドリトル(DolittleまたはDoolittle)」とは、英語圏で使われる姓のひとつ。
    語源は「怠け者」を意味し、それを受けてかイラストのこのモンスターも寝そべって怠けている。
    また、プログラミング言語のひとつに「ドリトル(Do Little)」というものも存在している。

関連カード

―自身と同じ属性モンスター攻撃力守備力を500強化し、相反する属性モンスター攻撃力守備力を400弱体化させる効果を持つリンクモンスターこちらを参照

収録パック等


Tag: 《ドリトル・キメラ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 獣族 攻1400

広告