公開/Show

 非公開情報を一時的・永続的に公開情報にする時に使われる用語。
 「ピーピング」の項目も参照。

  • ルール上の処理は決まっていないが、トラブル回避のため、大会以外なら何らかの方法で確認を取り、大会なら審判に判断を仰ぐべきである。
    大会以外で公開する以外に証明する手段がないなら、ゲームの進行のために公開すべきであり、
    虚偽の申告をしたり、いわゆるゴネ得を許すためのルールではないという点に注意したい。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「明日香vs万丈目」(2戦目)では、万丈目が自分手札全てを公開する永続魔法《ヘルズ・ホワイト》をデュエル開始直後に使用した。
    あえて自分手札を公開し、明日香の手札やデュエルの運命をも見透かすような行動をとることでプレッシャーを与え、じわじわと明日香を追い詰めていった。
    (もっとも、ダメージを与える効果も持っていたため、それだけの目的で発動されたわけではないのだが)
  • III(スリー)V(ブイ)vsミザエル」戦では、別にする必要が無いにも関わらず、ミザエルが《RUM−七皇の剣》ドローした直後、わざわざIIIとVに公開している。
  • OCGで上記の裁定変更が行われる前から、カードサーチした時など、以前の裁定ではカードを公開しなければならない場面において演出の都合上カードが公開されないことが度々あった。
    もっともあちらの世界ではデュエルディスクが不正を管理するため、ルールが違う可能性もある。

関連カード

自分手札を公開する処理のあるカード

※結果的に公開する必要のある「手札加える」系統はサーチサーチャー手札等の項を参照。

自分フィールドにあるカードを公開する処理のあるカード

自分エクストラデッキにあるカードを公開する処理のあるカード

相手の非公開カードを公開させるカード

 ピーピングを参照。

関連リンク

FAQ

Q:カードテキストの指示なく、デュエル中に自分デッキ手札相手に公開しても問題ありませんか?
A:カードテキストに、"手札を公開する"などの処理が含まれているものであれば、そのカード効果処理として相手に見せたり公開する事となりますが、テキストに記載が無いにも関わらず、デッキ手札を自発的に見せたり公開する事は、そもそも遊戯王オフィシャルカードゲームのルールとして存在しません。(16/06/17)

Q:《増援》サーチしたカードは必ず公開しなければいけませんか?
  それとも、相手確認を求めた時だけ公開すれば良いのですか?
A:手札加えるカードは公開する必要があります。(16/06/16)

Q:《忍法 分身の術》裏側守備表示特殊召喚するカードは必ず公開しなければいけませんか?
  それとも、相手確認を求めた時だけ公開すれば良いのですか?
A:特殊召喚するカードは公開する必要があります。(16/06/16)

Q:相手《伝説の白石》強制効果発動しましたが、《青眼の白龍》デッキに存在しないと言って処理を行いませんでした。
  相手《青眼の白龍》が3枚確認できない場合、相手デッキを公開しなければいけませんか?
  それとも、自分確認を求めた場合だけ公開すれば良いのでしょうか?
A:ゲームのルールとして公開が必須であるとは定めておりません。
  まずはプレイヤー同士でどのように対戦を進行するか話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/15)

Q:《軍隊竜》公開情報に3体揃っていない場合、特殊召喚ができない時にデッキを公開しなければいけませんか?
A:必ず公開しなければいけない、ということはありません。
  ただし、トラブルを防ぐなどの目的でお互いに確認することに同意しているのであれば確認することは可能です。(16/06/16)

Q:《おジャマジック》効果発動しましたが、手札加えられる3枚がデッキに存在しませんでした。
  お互いが納得するのであれば、手札フィールドセットカードを公開して証明しても構いませんか?
A:《おジャマジック》効果デッキから手札加えられるカードが入っていない場合は、デッキに入っていない事を対戦相手に伝えて処理を完了します。
  そのため、《おジャマジック》発動したプレイヤーが、自発的に手札セットされているカードを公開したり、対戦相手からその公開を求める事はありません。
  なお、ご質問のような状況が"公式の大会"にて発生した場合については、対戦相手に対して「本当に入っていないのかどうか、デッキ確認してもよろしいでしょうか」と確認を"求める"ことはできますが、必ずしもそれに応じなければならないという事はございません。
  ただし、デュエル中にルール以外の事でトラブルとなり、対戦が進まなくなるようであれば、審判の判断に従ってデュエルを進めてください。(16/06/17)

Q:相手《インフェルニティ・デーモン》サーチ効果発動し、それにチェーンして《転生の予言》墓地《インフェルニティ・ネクロマンサー》デッキに戻しました。
  相手手札加えたカード《インフェルニティ・ネクロマンサー》だった場合、《インフェルニティ・デーモン》効果空撃ちでない事を確認するため、相手デッキ確認を求める事ができますか?
A:デッキ確認を求める事はできず、相手も応じる必要はありません。(13/06/21)

Q:相手フィールド上に《真実の眼》が存在する時に自分が特定のドローしたカードを見せて《インフェルニティ・デーモン》《光神テテュス》《D−HERO ダッシュガイ》《凡骨の意地》《漆黒のトバリ》等は発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/06/07)

Q:プレイヤーAが手札0の状態でドローフェイズ時にカードドロー《インフェルニティ・デーモン》ドローしました。
  その時、プレイヤーAは「《インフェルニティ・デーモン》ドローした」と発言し、そのカード相手プレイヤーB)に公開しました。
  この時点で、プレイヤーAは《インフェルニティ・デーモン》特殊召喚効果発動した扱いとなるのですか?
A: 《インフェルニティ・デーモン》の『このカード相手に見せる』とは、自身を特殊召喚する効果発動コストとなります。
  したがって、自分手札が0枚の時に《インフェルニティ・デーモン》ドローした場合、《インフェルニティ・デーモン》効果発動するか否かプレイヤーが選択し、効果発動する場合には、ドローした《インフェルニティ・デーモン》相手プレイヤーに見せて発動宣言します。
  なお、《インフェルニティ・デーモン》効果発動しない場合には、ドローした《インフェルニティ・デーモン》相手プレイヤーに見せる事はできません。(10/07/04)

広告