戦闘ダメージ/Battle Damage

 ●モンスター戦闘によってLPに与えられるダメージを戦闘ダメージと呼ぶ。
 ●守備表示モンスタープレイヤーに与えるダメージも戦闘ダメージである。
 ●『戦闘ダメージを与える。』と記載されている効果は、効果によるダメージとしては扱わず戦闘ダメージとして扱う。

 (パーフェクトルールブック2017 P192より引用)



  • 戦闘ダメージに関する効果は以下の順番で効果を考慮してダメージを決定する。
    1. 倍の戦闘ダメージを与える
    2. 戦闘ダメージはお互いに受ける
    3. 自分への戦闘ダメージは相手も受ける、戦闘ダメージは代わりに自分相手が受ける
    4. 戦闘ダメージは効果ダメージとして扱う
    5. 戦闘ダメージの数値分だけLP回復する
    6. 戦闘ダメージは0になる
    7. 戦闘ダメージは半分になる
    8. 戦闘ダメージは倍になる
    9. 戦闘ダメージは○○○(一定の値)になる
    10. ○○○以上/以下の戦闘ダメージを受けない
  • 戦闘ダメージを「倍」や「半分」にする効果は、それぞれ最大1回まで適用される。
    倍同士や半分同士は重複せず、ダメージが4倍や1/4になることはない。
  • 同じくかつては、「攻撃力0の攻撃表示モンスター同士が戦闘を行ってもお互いに戦闘破壊されないのは『モンスターへの戦闘ダメージ』が0だからである。」という説明がよくなされた。
    現在のパーフェクトルールブックではこの説明は使用されておらず、ただ単に「ルール上お互い戦闘破壊されない」という簡潔な説明にとどめられている。

戦闘ダメージの分類

 公式な用語ではないが俗語として使われる戦闘ダメージには以下のようなダメージがある。

反射ダメージ

 攻撃プレイヤー相手モンスターから受ける戦闘ダメージの俗称。

貫通ダメージ

 貫通効果を持ったモンスターが、守備表示モンスター攻撃して相手に与えた戦闘ダメージの俗称。

直接ダメージ

 直接攻撃によるダメージ直接攻撃に成功した時に与えた戦闘ダメージ。
 このダメージが0の時は《魂を削る死霊》等の効果発動しない。

超過ダメージ

 攻撃表示モンスターをより大きな攻撃力攻撃し、モンスターにも相手プレイヤーにも戦闘ダメージを与えた場合、特に相手プレイヤーに与えた戦闘ダメージのこと。
 直接攻撃による戦闘ダメージとは違うので、《ヴィクトリー・ドラゴン》等で注意が必要である。

関連カード

 ※(※)がついているものは効果ダメージにも対応する。
 ※無表記のものは自分へのダメージに対応する。

戦闘ダメージが発生した時に効果発動するカード

 ※直接攻撃による戦闘ダメージはこちらを参照。

ー与えた時

ー与える度

ー受けた時

プレイヤーが受ける戦闘ダメージが0になる効果を持つカード

 ※注釈のないカード自分のみ戦闘ダメージが0になる効果を持つ。

プレイヤーが受ける戦闘ダメージが回復になる効果を持つカード

 ※注釈のないカード自分のみ戦闘ダメージが回復になる効果を持つ。

プレイヤーが受ける戦闘ダメージが半分になる効果を持つカード

 ※注釈のないカード自分のみ戦闘ダメージが半分になる効果を持つ。

プレイヤーが受ける戦闘ダメージが倍になる効果を持つカード

 ※注釈のないカード相手のみ戦闘ダメージが倍になる効果を持つ。

倍の戦闘ダメージを与える効果を持つカード

自分が受ける戦闘ダメージを相手に受けさせる効果を持つカード

発生する戦闘ダメージをお互いプレイヤーが受ける効果を持つカード

戦闘ダメージを固定する効果を持つカード

それ以外の戦闘ダメージに関する効果を持つカード

関連リンク

FAQ

Q:《脆刃の剣》装備している《オオヒメの御巫》が以下の戦闘を行う場合、ダメージ計算はどうなりますか?
  (A)直接攻撃を行う場合
  (B)守備表示の状態で《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》攻撃されて戦闘を行う場合
  (C)《CNo.96 ブラック・ストーム》と、お互い攻撃表示戦闘を行う場合
  (D)相手《オオヒメの御巫》と、お互い攻撃表示戦闘を行う場合
  (E)《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と、お互い攻撃表示戦闘を行う場合
A:以下の順番で効果を考慮してダメージを決定します。
  なお、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》は01、《脆刃の剣》は02、《CNo.96 ブラック・ストーム》《オオヒメの御巫》は03、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》は08に該当します。
  01:倍の戦闘ダメージを与える
  02:戦闘ダメージはお互いに受ける
  03:自分への戦闘ダメージは相手も受ける、戦闘ダメージは代わりに自分相手が受ける
  04:戦闘ダメージは効果ダメージとして扱う
  05:戦闘ダメージの数値分だけLP回復する
  06:戦闘ダメージは0になる
  07:戦闘ダメージは半分になる
  08:戦闘ダメージは倍になる
  09:戦闘ダメージは○○○(一定の値)になる
  10:○○○以上/以下の戦闘ダメージを受けない
  具体的に、上記のダメージ計算は以下の結果になります。
  (A)《オオヒメの御巫》攻撃力分の戦闘ダメージを、相手は2回受けます。
  (B)《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》攻撃力より《オオヒメの御巫》守備力の方が低い場合、その差分の倍の戦闘ダメージを《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》コントローラーが2回受けます。
  《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》攻撃力より《オオヒメの御巫》守備力の方が高い場合、その差分のダメージ《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》コントローラーが2回受けます。
  (C)攻撃力の差分のダメージを、《CNo.96 ブラック・ストーム》コントローラーが2回、《オオヒメの御巫》コントローラーが1回受けます (《CNo.96 ブラック・ストーム》《オオヒメの御巫》効果によって相手ダメージを受けさせる場合、そのダメージに別の《CNo.96 ブラック・ストーム》《オオヒメの御巫》効果適用されません)。
  (D)攻撃力の差分のダメージを、お互いに1回ずつ受けます (《オオヒメの御巫》効果相手ダメージを受けさせる場合、そのダメージに別の《オオヒメの御巫》効果適用されません)。
  (E)攻撃力の差分のダメージを、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》コントローラーが2回受けます(《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》から見て相手に戦闘ダメージが発生しないため、ダメージは倍になりません。)
  なお、「このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける」効果を持つ以下のモンスターについても同様に02に該当します。
  《アマゾネスの剣士》
  《ダイガスタ・スフィアード》
  《SRビードロ・ドクロ》
  《No.92 偽骸神龍 Heart−eartH Dragon》
  (22/08/20)

Q:自分モンスターゾーンには「戦闘ダメージは代わりに相手が受ける」効果を持つモンスターが存在し、さらに《脆刃の剣》装備したことでその(2)の「装備モンスターの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける」効果適用されています。
  そのモンスター戦闘を行う際に、相手の《Emダメージ・ジャグラー》の△痢屬海離拭璽鷦分が受ける戦闘ダメージを1度だけ0にする」効果適用されている場合、その戦闘ダメージはどうなりますか?
A:以下の順番で効果を考慮してダメージを決定します。
  なお、《脆刃の剣》効果は02、「戦闘ダメージは代わりに相手が受ける」効果は03、《Emダメージ・ジャグラー》効果は06に該当します。
  01:倍の戦闘ダメージを与える
  02:戦闘ダメージはお互いに受ける
  03:自分への戦闘ダメージは相手も受ける、戦闘ダメージは代わりに自分相手が受ける
  04:戦闘ダメージは効果ダメージとして扱う
  05:戦闘ダメージの数値分だけLP回復する
  06:戦闘ダメージは0になる
  07:戦闘ダメージは半分になる
  08:戦闘ダメージは倍になる
  09:戦闘ダメージは○○○(一定の値)になる
  10:○○○以上/以下の戦闘ダメージを受けない
  質問の状況では、まず《脆刃の剣》効果を考慮し、次いで自分側に発生する戦闘ダメージについて「戦闘ダメージは代わりに相手が受ける」効果を考慮します。
  これにより相手は1度のダメージ計算で2回ダメージを受ける状況になります(02と03の重複によって同一のプレイヤーに2回戦闘ダメージが発生することがあります)。
  ただし、この2回のダメージは1度に発生しますので、《Emダメージ・ジャグラー》の「戦闘ダメージを1度だけ0にする」効果によって最終的なダメージは0になります。(22/08/19)

Q:《ダイガスタ・スフィアード》攻撃力2000)と《BF−アーマード・ウィング》攻撃力2500)が戦闘を行った場合、どちらのプレイヤーが戦闘ダメージを受ける事になりますか?
A:以下の順番で効果を考慮してダメージを決定します。
  なお、《ダイガスタ・スフィアード》は03、《BF−アーマード・ウィング》は06に該当します。
  01:倍の戦闘ダメージを与える
  02:戦闘ダメージはお互いに受ける
  03:自分への戦闘ダメージは相手も受ける、戦闘ダメージは代わりに自分相手が受ける
  04:戦闘ダメージは効果ダメージとして扱う
  05:戦闘ダメージの数値分だけLP回復する
  06:戦闘ダメージは0になる
  07:戦闘ダメージは半分になる
  08:戦闘ダメージは倍になる
  09:戦闘ダメージは○○○(一定の値)になる
  10:○○○以上/以下の戦闘ダメージを受けない
  したがって、《ダイガスタ・スフィアード》効果により《BF−アーマード・ウィング》コントローラーに発生するダメージは、《BF−アーマード・ウィング》の(1)の効果によって0になります。
  結果として、どちらも戦闘ダメージを受けません。
  その場合でも《ダイガスタ・スフィアード》は自身の効果によって戦闘破壊されません。
  また、《BF−アーマード・ウィング》の(2)の「このカードがモンスターを攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。そのモンスターに楔カウンターを1つ置く(最大1つまで)」効果発動できます。
  なお、以下の「このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる」効果を持つモンスターについても同様に06に該当します。
  《キキナガシ風鳥》
  《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》
  《GO−DDD神零王ゼロゴッド・レイジ》
  《超重武者カカ−C》
  《DDD超視王ゼロ・マクスウェル》
  《No.2 蚊学忍者シャドー・モスキート》
  《魔界劇団−コミック・リリーフ》
  《マジック・ストライカー》
  《メルフィー・マミィ》
  《ロケット戦士》
  《鏡の御巫ニニ》
  《森羅の蜜柑子 シトラ》
  《剣の御巫ハレ》
  (22/08/19)

広告