遊戯王(ゆうぎおう)オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ

 1999年からKONAMIが製造・販売しているトレーディングカードゲーム。
 集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載された高橋和希原作の漫画「遊☆戯☆王」に登場するトレーディングカードゲームを再現したゲームである。
 略称はOCG(Official Card Game)・遊戯王OCG

 本Wikiで取り上げる「遊戯王ラッシュデュエル」は、この「遊戯王OCG」の姉妹商品であり、OCGをベースにルールを簡略化したゲームである。
 なお「遊戯王ラッシュデュエル」と「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」は別のゲームである。
 そのため、OCGカードラッシュデュエルで使用する事も、ラッシュデュエルカードOCGで使用する事もできない

ラッシュデュエルOCGの違い

 最大の違いはドローフェイズドロー枚数と、通常召喚回数であろう。
 この2つはKONAMIラッシュデュエルの売りとして大きく宣伝している。

 この他、OCGラッシュデュエルの主なルールの違いは以下の通り。

その他

  • 商品名が何度か変更されている。
    これまでに「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」→「遊戯王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム」→「遊戯王ゼアル オフィシャルカードゲーム」→「遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム」と変わっており、2017年に再び「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」に戻った。
    詳しくはOCG:遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズを参照。
  • 「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」の海外版として「YU-GI-OH! TRADING CARD GAME」がある。
    「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」の略称である「OCG」と区別する為、「YU-GI-OH! TRADING CARD GAME」は「TCG」という略称で呼ばれることもある。

ラッシュデュエルOCGの両方に存在するカード

 ※カードの種類ラッシュデュエルで登場したときの種類。

モンスターカード

通常モンスター

ラッシュデュエル遊戯王OCG
《アンモ・ナイト》OCG:《アンモ・ナイト》
《ヴィシュワ・ランディー》OCG:《ヴィシュワ・ランディー》
《格闘ねずみ チュー助》OCG:《格闘ねずみ チュー助》
《グレムリン》OCG:《グレムリン》
《幻獣王ガゼル》OCG:《幻獣王ガゼル》
《コケ》OCG:《コケ》
《サイクロプス》OCG:《サイクロプス》
《シルバー・フォング》OCG:《シルバー・フォング》
《セイント・バード》OCG:《セイント・バード》
《ハーピィ・ガール》OCG:《ハーピィ・ガール》
《封印の鎖》OCG:《封印の鎖》
《プチモス》OCG:《プチモス》
《ベビー・ティーレックス》OCG:《ベビー・ティーレックス》
《ベビードラゴン》OCG:《ベビードラゴン》
《マンモスの墓場》OCG:《マンモスの墓場》
《水の魔導師》OCG:《水の魔導師》
《リザード兵》OCG:《リザード兵》
《レッサー・ドラゴン》OCG:《レッサー・ドラゴン》
《ワイト》OCG:《ワイト》
《地を這うドラゴン》OCG:《地を這うドラゴン》
《デーモンの召喚》OCG:《デーモンの召喚》
《マシン・アタッカー》OCG:《マシン・アタッカー》
《メガザウラー》OCG:《メガザウラー》
《ラムーン》OCG:《ラムーン》
《暗黒騎士ガイア》OCG:《暗黒騎士ガイア》
《ブラック・マジシャン》OCG:《ブラック・マジシャン》
《青眼の白龍》OCG:《青眼の白龍》
《真紅眼の黒竜》OCG:《真紅眼の黒竜》

効果モンスター

魔法カード

通常魔法

フィールド魔法

罠カード

OCGに存在しラッシュデュエルには登場していないモンスター等がイラストに描かれたカード

 ※カッコ内はOCGの該当カード名(リンク先は外部サイト)

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-22 (木) 08:44:40 (7d)