《エヴォルド・エルギネル/Evoltile Elginero》

効果モンスター
星2/炎属性/爬虫類族/攻   0/守   0
フィールド上のこのカードがリリースされ墓地へ送られた時、
デッキからカードを1枚ドローする。
その後、手札の恐竜族モンスター1体をデッキに戻し、
デッキから「エヴォルド」と名のついた
モンスター1体を手札に加える事ができる。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した炎属性爬虫類族下級モンスター
 自身がリリースされた時にドローし、手札恐竜族デッキエヴォルド交換できる誘発効果を持つ。

 手札事故の解消に役立つ効果であるが、このカード自体が腐りやすいのが難点。
 サーチ《多様進化》《キングレムリン》手札交換《原初のスープ》等で済むことも多い。

 効果発動させるまでに手札を2枚消費するが、その損失はドロー効果トリガーになったカードで補うことができるので、【エヴォル】《強制進化》等、リリースを多用する構築なら活躍が見込める。
 ただし、このカードリリースしたカードの処理後に新しくチェーンブロックを作って発動するため、手札交換効果《強制進化》の相性は特別良いわけではない。

 《エヴォルド・ナハシュ》発動条件はほとんど同じであるが、あちらは《マクロコスモス》のような墓地へ送られるカード除外するカードがあっても発動できる。
 このカードと同じくエヴォルドの1体であり、守備力の高さを除けば各種ステータスもよく似ているため、サポートカードを共有しやすい。

  • モデルは古生代デボン期にユーラメリカ大陸中南部の水辺に生息していた「エルギネルペトン」だと思われる。
    これまでに発見された化石は断片的なものであり、肩、股関節、大腿骨、脛骨、および上下の顎である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エヴォルド・エルギネル》 効果モンスター モンスター 星2 炎属性 爬虫類族 攻0 守0 エヴォルド

広告