《ヴァイロン・テトラ/Vylon Tetra》

チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/機械族/攻 900/守 900
このカードがモンスターカードゾーン上から墓地へ送られた場合、
500ライフポイントを払う事で、このカードを装備カード扱いとして
自分フィールド上のモンスター1体に装備する。
このカードを装備したモンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。

 DUEL TERMINAL −オメガの裁き!!−で登場した光属性機械族下級モンスターチューナー
 自身を装備カード扱いとして自分モンスター1体に装備できる誘発効果と、装備モンスター破壊される代わりに自身を破壊できるユニオンのような効果を持つ。

 モンスターカードゾーン上からなら墓地へ送られる条件を問わないので能動的に墓地へ送る事で発動を補助できる。
 《アイアンコール》《ジェネクス・ニュートロン》《シャインエンジェル》等に対応しているため、フィールドに出すのも難しくない。
 1度きりだが他のモンスター破壊耐性を与える事ができ、チューナーでもあることから汎用性は高い。
 しかし除外バウンスなどには除去され、性質上全体除去《激流葬》《奈落の落とし穴》等には対応できない。

 タイミングを逃さないのでシンクロ召喚直後にシンクロモンスターに装備すれば破壊耐性を付与できる。
 《ヴァイロン・エプシロン》《ヴァイロン・オメガ》はもちろん、《邪竜星−ガイザー》《スクラップ・ドラゴン》効果コンボするのも良いだろう。

 同様に、アドバンス召喚リリース《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材として墓地へ送った場合も、問題なく破壊耐性を付与できる。
 その他、相手フィールド上での戦闘破壊でも発動するので、《強制転移》などの送りつけとも相性が良い。
 チューナーとしてシンクロ素材にしてしまうのが一般的な運用だが、覚えておいて損はないだろう。

  • 「テトラ(Tetra)」とは、「4」を表すギリシャ語の接頭辞である。
    イラストでは、その名の通りというべきか正面体(regular tetrahedron)の体形をしている。

関連カード

―《ヴァイロン・テトラ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ時に破壊される場合、代わりに破壊する効果適用できますか?
A:はい、できます。(10/12/02)

Q:装備カードの状態のこのカード装備モンスターが同時に破壊される場合、このカードを代わりに破壊することはできますか?
A:同時に破壊される場合、自身を代わりに破壊する事はできません。(14/09/22)

Q:《ヴァイロン・テトラ》をシンクロ素材《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚した際に、チェーン1に《ブラック・ローズ・ドラゴン》の全体破壊効果チェーン2に《ヴァイロン・テトラ》の装備効果発動させ《ブラック・ローズ・ドラゴン》に《ヴァイロン・テトラ》を装備させました。
この場合装備されている《ヴァイロン・テトラ》を身代わりにして《ブラック・ローズ・ドラゴン》自身の破壊を防ぐことは可能ですか?
A:できません。(16/02/19)

Q:このカードを装備しているモンスター《天罰》などスペルスピード3のカード破壊対象になったとき、このカードを身代わりにすることはできますか?
A:はい、スペルスピードに関係なく破壊の身代わりにすることができます。(12/04/07)


Tag: 《ヴァイロン・テトラ》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 光属性 機械族 攻900 守900 ヴァイロン

広告