海皇子(かいおうじ) ネプトアビス/Neptabyss, the Atlantean Prince》

効果モンスター
星1/水属性/海竜族/攻 800/守   0
「海皇子 ネプトアビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の
「海皇」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合、
「海皇子 ネプトアビス」以外の自分の墓地の「海皇」モンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを特殊召喚する。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した水属性海竜族下級モンスター
 デッキから海皇コストとして墓地へ送り海皇サーチする起動効果水属性モンスター効果コストとして墓地へ送られた場合に海皇蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)の効果海皇コストにしたサーチ効果
 任意の海皇デッキからコストとして墓地へ送るため、その海皇効果も利用できる。
 《海皇の竜騎隊》なら海竜族サーチ《海皇の重装兵》なら単体除去《海皇の狙撃兵》なら伏せ除去が可能であり、事実上このカード1枚から3種類の効果を使い分ける事が可能。
 また、海皇魔法・罠カードサーチすることができる。

 (2)の海皇蘇生効果も使い勝手が良い。
 蘇生対象を(1)の効果で用意できるので、対象不在のリスクは低い。
 (1)と(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度使えるため、(1)の効果を使い終えたこのカード《水精鱗−メガロアビス》効果リリースした場合なども発動可能。

 安定したアドバンテージ獲得能力と、状況に応じて効果の性質を変えられる柔軟性を併せ持つ優秀なカードであり、【海皇】においてはデッキの軸となる最重要カードである。
 低レベルゆえに《深海のディーヴァ》《ワン・フォー・ワン》《海皇の狙撃兵》などでリクルートは容易であり、積極的にフィールドへ出し効果を活用したい。

 《深海のディーヴァ》からリクルートした場合も使用できるため、この効果《海皇の竜騎隊》コスト効果を使用して両方のサーチを使用すればレベル3のシンクロモンスターを出しつつ手札が2枚増える。
 海皇2枚をサーチして《忘却の都 レミューリア》を使うことで《氷結界の龍 グングニール》シンクロ召喚でき、その2枚をコスト効果を使用することで、その2枚の効果も利用できる。
 《深海のディーヴァ》とこのカード《たつのこ》シンクロ召喚し、《海皇の竜騎隊》かこのカード手札に加えたモンスターシンクロ素材とした場合、レベル4〜11までのシンクロ素材に制限のないシンクロモンスターシンクロ召喚できる。
 さらに、この過程で墓地水属性モンスターが5体となるため、《海皇の竜騎隊》《氷霊神ムーラングレイス》サーチしておけば特殊召喚可能となる。
 この際、自身の効果レベル2の海皇サーチし、《アクセル・シンクロン》シンクロ召喚していた場合、レベル変更効果を使うことでランク8につなげられる。

  • 名前の由来は、ローマ神話の海の神「ネプチューン(Neptune)」と考えられる。
    後世にはギリシャ神話の海の神ポセイドンと同一視された。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《海皇子 ネプトアビス》 モンスター 星1 水属性 海竜族 効果モンスター 攻800 守0 海皇

広告