シンクロモンスター/Synchro Monsters

 シンクロモンスターはカードの枠が白色のモンスターカードです。
 使用する時はメインのデッキではなくエクストラデッキゾーンに置いておきます。
 「チューナー」と呼ばれるモンスターレベルと、それ以外のモンスターレベルを合計したレベルを持ったモンスターを呼び出す「シンクロ召喚」という方法によって特殊召喚されます。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン1.0より引用)


  • シンクロモンスターの扱いについて。
  • 各種のシンクロモンスターについて。
  • 初期のシンクロモンスターにはシンクロ素材の指定がないものが多かったが、徐々に指定されたものが増加し、今度は程度の差こそあれほとんどが指定を設けられている。
    また、素材の指定がないものの特定の種族属性カテゴリにしか効果を及ぼさないものも多い。
    しかし、エクシーズモンスター環境の主流となって以降は、以前のように素材の指定がないものも多くなってきている。
  • 第6期以降、モンスターカードカード名にふられるルビの文字色が白から黒に変更されている。
    カードの枠が白いシンクロモンスターの登場により、白字のルビでは見難くなる事を考慮しての変更と思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ、及び漫画5D'sにおいて新たに登場したモンスター
    主人公である遊星を筆頭に様々なキャラクターが使用している。
    登場したシンクロモンスターは、そのほとんどがOCG化されている。
    現在アニメ本編に登場し未OCG化のシンクロモンスターは《コンバット・ホイール》ただ1体のみである。
    またアニメでは《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》という名前のみが登場したモンスターが存在する(《シューティング・クェーサー・ドラゴン》のページを参照)。
  • また、シンクロモンスターの亜種と言うべき「ダークシンクロモンスター」が登場している。
    作中では7種類登場しており、全て普通のシンクロモンスターとしてカード化された。
    カードの枠の色が黒」「レベルがマイナス扱い」「青いが左上から並ぶ」等の特徴があり、シンクロモンスターと対のようなデザインになっている。
    召喚時もシンクロ召喚に対し「ダークシンクロ」と呼称、その内容はレベルの足し算ではなくレベルの引き算を行う。
    DT(ダークチューナー)」と名のつく特殊なチューナーを使用し、「ダークチューナー以外のモンスターのレベル」から「ダークチューナーのレベル」を引いたマイナス数値と同じマイナスレベルのダークシンクロモンスターがシンクロ召喚される。
    計算結果はマイナスである必要があるため、ダークチューナーは最上級モンスターが多い。
  • ダークシンクロモンスターには、固有の効果の前に召喚方法についての以下の共通テキストが書かれており、シンクロ素材の指定の部分以外は薄い字になっている。
    チューナー以外のモンスター1体−ダークチューナー
    このカードを特殊召喚する為には、自分フィールド上に存在する
    「DT(ダークチューナー)」と名のついたチューナーのレベルを、
    それ以外の自分フィールド上に存在するモンスター1体のレベルから引き、
    その数字がこのカードのレベルと等しくならなければならない。
  • シンクロモンスターを吸収装備カード扱いとして装備する効果を持つ「機皇帝」シリーズが登場している。
    これらはシンクロモンスターのメタカード(作中では「シンクロ封じ」・「シンクロキラー」と表現されている)として活躍している。
  • アニメ5D'sのイリアステルの多くは、シンクロモンスターは人間の愚かな進化の象徴であると述べている。
    人類を襲った機皇帝等の効果にもそれは現れているが、結局シンクロモンスター自体がどんな存在だったのか、単なる人類の負の感情の1つであったのかは謎のままである
  • 次作ARC-VではLDSのカリキュラムに組まれている位に普通に存在している。
  • ダークシンクロモンスターのレベルはマイナスではなく通常と同じプラスに変更された。(レベルの差の絶対値をとる)
    レベルマイナスでは《レベル制限B地区》をはじめとしたレベルに関係するカードとの処理が難しくなるための変更だろう。
    しかし枠の色が黒く、星が青で左詰等のカードの外見は変更されていないためダークシグナーの気分は味わえる。
    また、シンクロ召喚の際に使用するレベルの計算は「チューナー以外のモンスターのレベル」を「ダークチューナーのレベル」から引き、算出されたレベルが効果テキストに書かれているレベルと同じダークシンクロモンスターをシンクロ召喚できると、可能な限り原作の再現を試みている。

関連カード

シンクロモンスター一覧

シンクロモンスターレベルチューナーチューナー効果
指定・制限必要なモンスターの数
《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》12チューナー2体《レッド・デーモンズ・ドラゴン》*11体
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》12SモンスターSモンスター2体以上
《TG ハルバード・キャノン》12SモンスターSモンスター2体以上
《星態龍》11--1体以上
《神樹の守護獣−牙王》10--1体以上
《天穹覇龍ドラゴアセンション》10--1体以上
《A・O・J ディサイシブ・アームズ》10--2体以上
《魔王超龍 ベエルゼウス》10闇属性-2体以上
《極神皇トール》10極星獣-2体以上
《極神聖帝オーディン》10極星天-2体以上
《極神皇ロキ》10極星霊-2体以上
《アトミック・スクラップ・ドラゴン》10スクラップ-2体以上
《魔轟神レヴュアタン》10魔轟神-1体以上
《ヴァイロン・オメガ》10チューナー2体ヴァイロン1体
《Stardust Divinity》*210光属性天使族2体以上
《トライデント・ドラギオン》10ドラゴン族ドラゴン族1体以上
《ジュラック・メテオ》10ジュラック恐竜族2体以上
《TG ブレード・ガンナー》10SモンスターSモンスター1体以上
《シューティング・スター・ドラゴン》10Sモンスター《スターダスト・ドラゴン》1体
《Sin パラドクス・ドラゴン》10《Sin パラレルギア》Sin1体
《セイヴァー・スター・ドラゴン》10《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》*3《スターダスト・ドラゴン》*41体
チューナー以外のモンスター1体
《セイヴァー・デモン・ドラゴン》10《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》*5《レッド・デーモンズ・ドラゴン》*61体
チューナー以外のモンスター1体
《鬼岩城》--1体以上
《浮鵺城》--1体以上
《A・O・J フィールド・マーシャル》--2体以上
《氷結界の龍 トリシューラ》--2体以上
《ミスト・ウォーム》--2体以上
《スクラップ・ツイン・ドラゴン》スクラップ-1体以上
《ヴァイロン・アルファ》ヴァイロン-1体以上
《XX−セイバー ガトムズ》-地属性 *71体以上
《ハイパーサイコガンナー》-サイキック族1体以上
《蒼眼の銀龍》-通常モンスター1体以上
《ナチュル・ガオドレイク》地属性地属性1体以上-
《メンタルオーバー・デーモン》サイキック族サイキック族2体以上
《レアル・ジェネクス・クロキシアン》ジェネクス闇属性1体以上
《幻獣機ヤクルスラーン》幻獣機幻獣機1体以上
《A・O・J ライト・ゲイザー》--1体以上
《えん魔竜 レッド・デーモン》--1体以上
《ギガンテック・ファイター》--1体以上
《クリムゾン・ブレーダー》--1体以上
《玄翼竜 ブラック・フェザー》--1体以上
《スクラップ・ドラゴン》--1体以上
《スターダスト・ドラゴン》--1体以上
《ゼラの天使》--1体以上
《閃こう竜 スターダスト》--1体以上
《ブラックフェザー・ドラゴン》--1体以上
《ブラッド・メフィスト》--1体以上
《メンタルスフィア・デーモン》--1体以上
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》--1体以上
《インフェルニティ・デス・ドラゴン》闇属性-1体以上
《魔王龍 ベエルゼ》闇属性-1体以上
《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》闇属性-1体以上
《ヴァイロン・エプシロン》光属性-1体以上
《A・ジェネクス・アクセル》ジェネクス-1体以上
《BF−孤高のシルバー・ウィンド》BF-2体以上
《魔轟神ヴァルキュルス》魔轟神-1体以上
《ジャンク・デストロイヤー》《ジャンク・シンクロン》-1体以上
《太陽龍インティ》《赤蟻アスカトル》-1体以上
《フルール・ド・シュヴァリエ》《フルール・シンクロン》-1体以上
《ロード・ウォリアー》《ロード・シンクロン》-2体以上
《ダークエンド・ドラゴン》-闇属性1体以上
《神聖騎士パーシアス》-光属性1体以上
《ライトエンド・ドラゴン》-光属性1体以上
《ライトニング・トライコーン》-獣族1体以上
《カラクリ大将軍 無零怒》-機械族1体以上
《輝竜星−ショウフク》-幻竜族1体以上
《ブラック・ブルドラゴ》-デュアル1体以上
《ライフ・ストリーム・ドラゴン》-《パワー・ツール・ドラゴン》1体
《カオス・ゴッデス−混沌の女神−》光属性闇属性2体以上
《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》闇属性悪魔族1体以上
《ダーク・フラット・トップ》闇属性機械族1体以上
《Grizzly, the Red Star Beast》*8地属性獣族2体以上
《こう炎星−リシュンキ》(「こう」=網頭に正)炎属性炎星1体以上
《ドラグニティナイト−バルーチャ》ドラゴン族鳥獣族1体以上
《レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト》ジェネクス風属性1体以上
《サーマル・ジェネクス》《ジェネクス・コントローラー》炎属性1体以上
《X−セイバー ウルベルム》--1体以上
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》--1体以上
《機械竜 パワー・ツール》--1体以上
《月華竜 ブラック・ローズ》--1体以上
《幻獣機コンコルーダ》--1体以上
《サイコ・ヘルストランサー》--1体以上
《邪竜星−ガイザー》--1体以上
《スクラップ・デスデーモン》--1体以上-
《セブン・ソード・ウォリアー》--1体以上
《ダーク・ダイブ・ボンバー》--1体以上
《パワー・ツール・ドラゴン》--1体以上
《ブラック・ローズ・ドラゴン》--1体以上
《妖精竜 エンシェント》--1体以上
《ライトニング・ウォリアー》--1体以上
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》光属性-1体以上
《ボルテック・バイコーン》獣族-1体以上
《デーモン・カオス・キング》悪魔族-1体以上
《A・ジェネクス・トライフォース》ジェネクス-1体以上
《BF−アーマード・ウィング》BF-1体以上
《DDD疾風王アレクサンダー》DD-1体以上
《ジャンク・アーチャー》《ジャンク・シンクロン》-1体以上
《ジャンク・バーサーカー》《ジャンク・シンクロン》-1体以上
《ニトロ・ウォリアー》《ニトロ・シンクロン》-1体以上
《ヴァイロン・デルタ》-光属性1体以上
《ライトロード・アーク ミカエル》-光属性1体以上
《氷結界の龍 グングニール》-水属性1体以上
《ラヴァル・ステライド》-炎属性1体以上
《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》-ドラゴン族1体以上
《アーカナイト・マジシャン》-魔法使い族1体以上
《ジュラック・ギガノト》-恐竜族1体以上
《カラクリ将軍 無零》-機械族1体以上
《X−セイバー ソウザ》-X−セイバー1体以上
《ダイガスタ・イグルス》-ガスタ1体以上
《霞の谷の雷神鬼》-ミスト・バレー1体以上
《ヴァイロン・シグマ》光属性光属性1体以上
《ナチュル・ランドオルス》地属性地属性1体以上
《猿魔王ゼーマン》闇属性獣族1体
《エンシェント・ゴッド・フレムベル》炎属性炎族1体以上
《不退の荒武者》戦士族戦士族1体以上
《天刑王 ブラック・ハイランダー》悪魔族悪魔族1体以上
《ドラグニティナイト−トライデント》ドラゴン族鳥獣族1体以上
《エレキリム》エレキ雷族1体以上
《ウィンドファーム・ジェネクス》《ジェネクス・コントローラー》風属性1体以上
《甲化鎧骨格》--1体以上
《オリエント・ドラゴン》--1体以上
《グラヴィティ・ウォリアー》--1体以上
《ゴヨウ・ガーディアン》--1体以上
《超念導体ビヒーマス》--1体以上
《獣神ヴァルカン》--1体以上
《スプレンディッド・ローズ》--1体以上
《大地の騎士ガイアナイト》--1体以上-
《C・ドラゴン》--1体以上
《天狼王 ブルー・セイリオス》--1体以上
《氷結界の龍 ブリューナク》--1体以上
《フレムベル・ウルキサス》--1体以上
《マイティ・ウォリアー》--1体以上
《炎星侯−ホウシン》炎属性-1体以上
《BF−アームズ・ウィング》BF-1体以上
《レプティレス・ラミア》レプティレス-1体以上
《A・ジェネクス・トライアーム》《ジェネクス・コントローラー》-1体以上
《ジャンク・ガードナー》《ジャンク・シンクロン》-1体以上
《ターボ・ウォリアー》《ターボ・シンクロン》-1体以上
《月影龍クイラ》《スーパイ》-1体以上
《ドリル・ウォリアー》《ドリル・シンクロン》-1体以上
《氷結界の虎王ドゥローレン》-水属性1体以上
《ラヴァル・グレイター》-炎属性1体以上
《ラヴァルバル・ドラグーン》-炎属性1体以上
《エクスプローシブ・マジシャン》-魔法使い族1体以上
《マジックテンペスター》-魔法使い族1体以上
《ヘル・ブランブル》-植物族1体以上
《サイコ・デビル》-サイキック族1体以上
《XX−セイバー ヒュンレイ》-X−セイバー1体以上
《ダイガスタ・スフィアード》-ガスタ1体以上
《ナチュル・パルキオン》地属性地属性1体以上
《地底のアラクネー》闇属性昆虫族1体
《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》ドラゴン族鳥獣族1体以上
《ドラグニティナイト−ガジャルグ》ドラゴン族鳥獣族1体以上
《ドラグニティナイト−ゲイボルグ》ドラゴン族鳥獣族1体以上
《エレキマイラ》エレキ雷族1体以上
《ジオ・ジェネクス》《ジェネクス・コントローラー》地属性1体以上
《ハイドロ・ジェネクス》《ジェネクス・コントローラー》水属性1体以上
《アンデット・スカル・デーモン》《ゾンビキャリア》アンデット族2体以上
《デスカイザー・ドラゴン》《ゾンビキャリア》アンデット族1体以上
《蘇りし魔王 ハ・デス》《ゾンビキャリア》アンデット族1体以上
《A・O・J カタストル》--1体以上
《X−セイバー ウェイン》--1体以上
《カタパルト・ウォリアー》--1体以上
《幻層の守護者アルマデス》--1体以上
《スカー・ウォリアー》--1体以上
《TG ハイパー・ライブラリアン》--1体以上
《転生竜サンサーラ》--1体以上
《BF−煌星のグラム》--1体以上
《マジカル・アンドロイド》--1体以上
《サンダー・ユニコーン》獣族-1体以上
《ヘル・ツイン・コップ》悪魔族-1体以上
《魔轟神レイジオン》魔轟神-1体以上
《ジャンク・ウォリアー》《ジャンク・シンクロン》-1体以上
《ラヴァル・ツインスレイヤー》-炎属性1体以上
《ラヴァルバル・ドラゴン》-炎属性1体以上
《旋風のボルテクス》-鳥獣族1体以上
《ジュラック・ヴェルヒプト》-恐竜族1体以上
《ダイガスタ・ガルドス》-ガスタ1体以上
《TG パワー・グラディエイター》-TG1体以上
《TG ワンダー・マジシャン》-TG1体以上
《魔聖騎士皇ランスロット》-聖騎士1体以上
《神海竜ギシルノドン》-レベル1体
《ナチュル・ビースト》地属性地属性1体以上
《氷結のフィッツジェラルド》闇属性獣族1体
《真六武衆−シエン》戦士族六武衆1体以上
《宇宙砦ゴルガー》《エーリアンモナイト》エーリアン1体以上
《虹光の宣告者》--1体以上
《アームズ・エイド》--1体以上
《波動竜フォノン・ドラゴン》--1体以上
《魔界闘士 バルムンク》--1体以上
《고신 크투그아》--1体以上
《魔轟神獣クダベ》魔轟神-1体以上
《魔轟神獣ユニコール》魔轟神-1体以上
《ダイガスタ・ファルコス》-ガスタ1体以上
《漆黒のズムウォルト》闇属性昆虫族1体
《霞鳥クラウソラス》--1体以上
《ワンショット・キャノン》《ワンショット・ロケット》-1体
《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》--1体
《フォーミュラ・シンクロン》--1体
《焔紫竜ピュラリス》--1体

エクストラデッキのシンクロモンスターをシンクロ召喚扱いで特殊召喚するカード

エクストラデッキのシンクロモンスターをシンクロ召喚以外で特殊召喚するカード

上記以外でシンクロモンスターに関係する効果発動条件を持つカード

シンクロモンスターメタ

関連リンク

FAQ

 シンクロ召喚に関するFAQは、シンクロ召喚のFAQを参照のこと。

Q:シンクロ召喚せずに墓地に置かれた、またはゲームから除外されたシンクロモンスターは他のカードの効果によって特殊召喚する事が可能ですか?
A:いいえ、シンクロ召喚を行っていないシンクロモンスターを墓地または除外された状態から特殊召喚する事はできません。(08/03/15)
  →蘇生制限

Q:《大地の騎士ガイアナイト》《ナチュル・ガオドレイク》等の効果を持たないシンクロモンスターは通常モンスターとして扱いますか?
A:通常モンスターではありません。また、効果モンスターとしても扱いません。(08/03/16)

Q:シンクロ召喚された後に墓地に置かれた、またはゲームから除外されたシンクロモンスターなら特殊召喚可能ですか?
A:はい、その場合なら特殊召喚可能です。(08/03/15)

Q:《ゲール・ドグラ》《成功確率0%》《フュージョン・ガード》とシンクロモンスターの関係はどうなりますか?
A:《ゲール・ドグラ》の場合はシンクロモンスターを墓地へ送る事ができます。
  《成功確率0%》《フュージョン・ガード》の場合は、墓地へ送るのは融合モンスターテキストに記載されていますので、シンクロモンスターと融合モンスターを分けて融合モンスターに対して処理を行います。
  その際分ける処理はそのエクストラデッキ持ち主であるプレイヤーが行いますが、内容は両者が確認します。(09/12/17)

Q:《王家の神殿》融合デッキから特殊召喚できるモンスターを「融合モンスター」と指定していませんが、シンクロモンスターを特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚する事ができます。(11/09/09)

広告